30代のパーティードレスはレンタルがおすすめ!

March 27 [Fri], 2015, 17:33
30代って、友人の結婚式が多い年代。
お呼ばれに着ていくパーティードレスがない!と
あなたは悩んでいませんか?


私の場合、同じ時期に披露宴が重なったので、
服装選びには本当に悩んでしまいました。


20代の時に着たドレスはちょっと安っぽい物だし、
着物を着るにはちょっと暑い季節だし・・・


そこで、新しいドレスを購入することにしたのですが、
ショップの店員さんはマナーを知らない人が意外と多く、
言われるままに購入したら失敗しそうになりました(><)


30代にもなって、マナーを知らないのは恥ずかしい!
ということで、私のようにならないためにも
結婚式にふさわしい服装マナーを紹介します。


■全身が白っぽいのは避ける


結婚式や披露宴では、花嫁さんが白いドレスを着ます。
なので、白っぽいドレスはタブーとされています。


クリーム色やベージュなど、
薄い色も白っぽく見えるので避けたほうが無難。


ボレロや小物など、濃い色の物を合わせて
全身が白くならなければ大丈夫です。


ちなみに、全身が黒っぽいのも
喪服を連想させるので避けましょう。


この場合は、明るい色の小物を選びます。
ただし、親族が黒い服装のことが多いので、
カラードレスのほうがいいかもしれません。


■露出は少なめに


私の友人で、胸元が開いたドレスを着ていて
親族の方に「目のやり場に困る」と言われたことがあります。


また、スカートの丈が短すぎても、
太ももが見えて気になってしまいます。


20代なら「知らなかった」で済みますが、
30代ともなると
肌の出し過ぎはちょっと恥ずかしいです。


肩や胸元が露出するドレスの場合は、
フォーマルな場では羽織物があるほうが良いですね。


その後の二次会でカジュアルな雰囲気の場合は、
肩出しの服装でも大丈夫です。


■何度も同じドレスを着るのはちょっと・・・


ドレスを購入したものの、
同じ時期に披露宴が続いたので、
同じドレスを何度も着るのは嫌だなーと思ってました。


でも、今後着る機会も減っていくだろうし、
高いものを何着も買うのは
お財布に厳しいですよね。


そしたら、友人に
「レンタルにすればいいのに」
って言われました。


その友人は、披露宴のたびにドレスをレンタルして、
いろいろ着るのを楽しんでたそうです。


そもそもドレスのレンタルがあることを知らなかったので、
もっと早くに知ってれば!と思いました・・・


バッグやアクセサリーも一式レンタルできるし、
ドレスと羽織物をレンタルしても1万円くらい。


バッグやアクセサリーも購入するとかなりの出費になるし、
流行もあります。


その点、レンタルだと流行りのものが着れるし
クリーニングの必要もないから楽ちん。
高いドレスを安く着ることもできます。


披露宴が続いてドレス選びに悩んでるあなたも、
レンタルでふさわしいドレスを選ぶといいですよ。