いびつなブロック 

April 06 [Fri], 2012, 6:18
つまり、こういうことなのだ。

これまで形成されてきたある種の人格は

まるでブロックのように

みっしりと積み重ねられた

思い込みによって成り立っているのだと。

思い込むことでそれは強化され

遂にはそれ自身が自分自身なのだと

錯覚するまでになる。

しかしある日

鏡をのぞき込んだ自分は気付く。

自分はこんな顔をしていたのかと。

積み上げてきたブロックが

どんなにいびつでどんなに脆弱か

当然の様に思っていたことが

単なる思い込みだったのかということに。

気付いた瞬間に

何年もかかって積み上げられてきたものに

大きな亀裂が入り

やがては崩れ去ってしまう。

どんなに塗り固めようとしても

亀裂が入った以上は

もう崩れるしかない。

元々脆いものであったのだ。

また新たにブロックを積み上げようとしても

既にそれらが脆弱だと知ってしまったからには

それが自分自身を創るものと

信じられる筈もなく

いつしか徒労感に襲われる。

それまで人格だと思っていたものが消え失せ

何も持たずに放り出され

初めて見る世界に混乱する。

しばらくしてふと我に返ったときに

自分の中に発芽した種を見つける。

それはブロックを打ち砕き

風雪に耐え抜く力を持った

新しい芽なのだ。

ただ、そこに 

March 07 [Mon], 2011, 1:57
どうしてなのか

それは何かに揺り動かされることなく

ただ静かにある

見ているのか見ていないのか

聞いているのか聞いていないのか

感じているのか感じていないのか

麻痺してしまったのか

そこに葛藤はない

奥深くもあり浅くもあり

境界がなくなるかのような

混沌としており

ぼんやりと朧げでもあり

曖昧模糊としている

しかしそれはただあるのだ

癒し 

September 10 [Fri], 2010, 17:26
破壊され


奪われ


傷ついた


その心を抱えたまま


再び立ち上がろうと


もがくな


時にはその剣を下ろし


小さくうずくまって


心と静かに対話する


そして静かに


回復の時を待つのだ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naga
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-乱読
読者になる
お越しいただき
ありがとうございます。
ただ、感じ取っていただけたら幸いです。
書き放しで失礼致します。
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる