ビジネスパートナーのポジションは?

May 22 [Wed], 2013, 18:14
起業して、事業を立ち上げてから良いビジネスパートナーと巡り合い、自分には無い分野の知識やスキルを補ってもらうビジネスパートナーのポジションは、どういうポジションで事業をやってもらうのが良いかを考えてみましょう。

まずは役員や社員、株主などとして事業に参加してもらう方法です。ビジネスパートナーとして会社組織のメンバーとして入ってもらいます。専門家やコンサルタントもこの方法で事業に関わってもらう選択はあります。ただし、責任や利害関係が発生する為に、間柄が近しい人でないと難しい可能性があります。

また、すでにビジネスで成功している人に、先輩としてアドバイスをもらう方法があります。インターネットのFacebookなどで知り合ってからアプローチして、色々と教えてもらうという事が増えています。同じ地域でない場合などは、同業者に指導、アドバイスをしてもらえる事もあります。可能性もあります。

あとは、専門家やコンサルタントなどに顧問として参加してもらい、また仕事を外注として依頼します。報酬や対価は発生しますが、プロとしてそれ以上の効果が期待出来るので有効な手段です。起業した当初は、人件費を抱えるよりも外部に依頼した方が損益的に有利になる事も多いのでよく行われています。

そして、取引先としてやジョイントベンチャーを組む方法もあります。複数の会社がお互いの弱点を補って、共同事業として取り組む事により事業を進める事です。ほとんど費用を掛けずに成果を出す事が出来て、上手く活用したいところです。

最後にビジネスパートナーを選ぶ時の基準はどうでしょうか?考えると、技術、能力の前に、人間性や信頼が出来るか、どうかだと思います。起業して独立すれば、山あり谷ありです。そんな時でも、一緒に考えて、常に同じ方向を向いていてくれるかではないでしょうか?

安いから、技術力があるからと、判断して選ぶと失敗する可能性が高いから気をつけた方が良いです。

税理士選びの専門家【税理士紹介公式サイト】
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:879
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/2uknszn6ye/index1_0.rdf