「凄まじき悪妻」は神が与えた最大の試練 福田雄一監督“ダメ主人公”に自己投影 (1/2ページ)

June 23 [Sun], 2013, 15:20
青野春秋さんの漫画を実写化した、堤真一主演のコメディー映画「俺はまだ本気出してないだけ」(福田雄一監督、脚本)が公開中だ。“ダメオジさん”である 主人公、シズオが、20代の自分と重なったという福田監督は「自己中心的な主人公には天罰が下る。30歳前まで親のスネをかじった僕にも、“嫁”という天 罰が。ハハハ」。お笑い好きの父から“笑いの英才教育”を受けた監督が、笑いの聖地、ナニワで披露した爆笑“ソクラテスの妻級悪妻”話とは−。(橋本奈 実)

■吉本の劇場でココリコと出会い開眼

映画は、「本当の自分を見つける」と勢いで会社を辞めた42歳のバツイチ中年男性が、漫画家になると宣言したことから巻き起こる騒動を描く。脚本も手掛けた監督が書いた「自分のことばかり考えていたから、こうなった」という台詞は、自分へのメッセージでもあるという。

「家庭を持つ大抵の父親は心にグサッ!と来る台詞ですよね。もっと周りのことを考えろよと」

周囲から、原作の主人公と風貌が似ていると言われていた。「20代の自分とは重なりますね、そのダメぶりが」

昭和43年、栃木生まれ。大学卒業後、平成2年に劇団「ブラボーカンパニー」を立ち上げるも、20代は定収入を得ることができなかった。が、アルバイトは 一度もせず、父からの仕送りで暮らしていた。地元紙の記者だった父が「自分は家庭と仕事のため、あくせく生きてしまった。お前は一生の仕事をゆっくり探 せ」と言ってくれたからだ。

「劇団で赤字が出ると親父に払ってもらう、ひどい息子でした」

たまたま入った吉本興業の 劇場で、ココリコらと親しくなり、座付き作家に。その縁で彼らのバラエティー番組の放送作家にとなり、次第に活躍の場をドラマ、舞台、映画へと広げていっ た。今や引く手あまたで、今年はすでに今作を含む3本が公開。夏にはドラマの演出も決まっている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uggboot
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ゴルフ レディース フルセット
» リアルウェイ 秋のメイクアップポイント (2013年12月30日)
アイコン画像セイコー 腕時計 レディース
» 「ニット」きれいに着る方法 (2013年12月30日)
アイコン画像オリス 通販 腕時計新作
» 実用性とオシャレを追求するならレイヤードアイテム! (2013年11月29日)
アイコン画像オメガ 偽物 腕時計 スーパーコピー
» 世界のトレンドアクセサリーを集めたセレクトショップ新宿伊勢丹にオープン (2013年11月29日)
アイコン画像IWC ブランド 腕時計コピー
» 「ニット」きれいに着る方法 (2013年11月29日)
アイコン画像ガガミラノ 腕時計 コピー
» リアルウェイ 秋のメイクアップポイント (2013年11月29日)
アイコン画像シチズン 時計 偽物 おすすめ
» リアルウェイ 秋のメイクアップポイント (2013年07月30日)
アイコン画像IWC 偽物 新作
» 「ニット」きれいに着る方法 (2013年07月30日)
アイコン画像IWC 腕時計 コピー
» 「ニット」きれいに着る方法 (2013年07月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる