スッキリ起きれば二度寝は防げる

March 12 [Thu], 2015, 20:18
朝が弱くてなかなか起きれない。
目覚まし時計を3つもかけてるのに二度寝してしまう。
そんなことはありませんか?


二度寝するのは気持ちいいのですが、
起きてビックリ!「遅刻だっ!」ということも
ありますよね。


私も朝は弱いので、3つ目覚まし時計をセットしていますが、
二度寝してしまうこともしばしば。
それを踏まえて時間差でセットしてみたりしています。


ですが、起きるのをダラダラ伸ばしてしまうと、
反対に疲れてしまいます。


というわけで、二度寝を防ぐ、
絶対に起きられる目覚まし時計を探してみました。



■JRで採用されている「やすらぎ」


テレビ等で紹介されてから話題になった、「やすらぎ」。
音ではなく、背中に入れた空気袋が膨らむので
どうしても寝ていられない状態になるんだとか。


JRや消防署では、絶対に寝坊できないため、
このやすらぎが採用されていて、
音がないので周りに迷惑かけることなく起きられます。


ただ、空気袋や送風機が大きいということと
値段が10万円近くするということで、
一般の人にはちょっと手を出しにくい目覚ましです。


■太陽の光で目覚めるとスッキリ


朝、起床時に太陽の光を浴びると
体内のセロトニンというホルモンが分泌され、
身体が起きる準備を始めるそうです。


そのため、寝起きに光を浴びると
スッキリと目覚めることができるんだそうです。


また、人の体内時計は25時間周期といわれていますが
太陽の光を浴びて起きることで
体内時計を修正することができます。


光で起きると体内時計のズレがリセットされるので、
夜も自然に眠くなり、
朝までぐっすり眠ることができるんです。


■光の目覚まし時計「inti」


朝に太陽の光を浴びようとカーテンを開けて寝ると、
街の明かりなど、外の明るさで
眠れない、ということもあります。


そこでおすすめなのが、
光の目覚まし時計の「inti」です。


朝、日が昇るような明かりを浴びることができるので
スッキリと起きることができるようになります。


光で起きることに慣れると、
二度寝もしなくなりますが、
最初のうちは起きられるかどうか心配もあります。


intiには音の目覚まし機能もついているので、
どうしても心配な時は
音と光で目覚ましをセットすることも可能です。


この目覚ましを使ってみても感激しない、
まわりの人3人に話したいとも思わない、という時は
全額返金もしてくれるそうです。


現在は予約受付のみですが、
3月18日までに予約すると通常価格より安く購入できます。


絶対に起きられる目覚まし時計が気になる方は、
一度こちら↓をご覧下さいね。
目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti