BATTEL 【12】 

2006年03月15日(水) 16時02分
Cチームが目にした敵とは・・

ヴュリー:あれは
ハットン:バッスン・・?
バッスンソンナコトドウデモイイ ハヤクショウブシロ
ヴュリー:これはロボットのようだな。
ハットン:ロボットって強いのかな・・

その時、バッスンの口から火が発射した。

ヴュリー:ハットン、危ない!
ハットン:え・・?
何とか、ヴュリーがハットンを助けた
ハットン:う・・、何があったんだ?
ヴュリー:あのバッスンロボの口から火を吹いたのさ・・、危うく死ぬところだったぜ
ハットン:オマエが助けてくれたのか・・感謝
ヴュリー:それより、あいつは、相当強いぞ・・
ハットン:マケチャウカモシレンガコウゲキしないと意味ネーゾ
ヴュリー:よし、コウゲキだ!
バッスン:オマエラはマケル シヌ
ヴュリー:何が負けるだ!御前が負けるんだよ!

と、ヴュリーは言い、バッスンロボに剣で攻撃したが・・
バッスン:コウゲキナドキカナイ
ヴュリー:な・・・

ヴュリーが剣できりつけたが、効かなかった。

ハットン:何故!?
ヴュリー:相当防御力があるな・・
バッスン:ツギハコチラノバンダ ファイy−・・

と、バッスンが攻撃する直前にバッスンロボに水を大量にかけた。

ハットン:機械って水に弱いから、水かければショートするんじゃない?

ハットンの思い通り、ロボットである、バッスンロボは壊れた。

ハットン:ワーイワーイ、カッタカッタ
ヴュリー:なんか変な勝ち方だな・・。
ハットン:マアイイジャンカ、かったんだから、モナギのところへイコウゼイ
ヴュリー:ああ、皆待ってるかもしれないな!

こうして、Cチームも突破し、モナギのところへ向かった。
こうして、Aチーム、Cチームはモナギのところへついた。

ニン:オオ、ハットンタチダー
ハットン:よー
ヴュリー:そういえば、ここってどういう場所だ・・
山中:ああ、ここにでっけー扉があるんだが、開かないんだ。
ニン:ここの扉をあければモナギがいると思う・・
山中:そうだな・・ってBチームは・・?
雨:Bチームは死んだんじゃないかな?ウヒヒ
ヴュリー:あ、雨!、御前が牛達を・・
雨:さあね?俺は話してる暇はないからね、じゃ、さよなら^^
ハットン:クッ・・牛達が・・

その時、Bルームの扉が開く音がした・・
一体、誰なんだろうか・・
続く

BATTEL 【11】 

2006年03月14日(火) 19時09分
-Bチーム状況-
牛:さあ、入り込むぞ・・
扉をあけ、進んでいった・・そして
火山:あの姿は・・
雨:アメさ、ヒヒヒ
牛:オマエなど、すぐ倒してやる!
と・・その時・・
雨はナイフを投げた。
何とか牛達は避けた。
火山:いきなり攻撃とはひきようだな・・
雨:もう戦いは始まってるのさ・・ヒヒ
火山:牛、俺達も攻撃するぞ!
牛:おう!
こうして戦いが始まり、10分は経過した・・。
雨:フ、ボロボロだね、俺は無傷さ!
火山:クッ、黙れ!
火山が攻撃に出た瞬間・・、雨はオーラを出し、オーラを
剣に変え、手で持ち、火山&牛に投げた。
ドッカーンと爆発の音がした・・。
そしてそのあたりは廃墟になった。
一体、どうなったのか・・。

-Cチーム状況-
ヴュリー:なんか、今、爆発の音がしなかった?
ハットン:そんな音も聞こえたな・・、まあいいや、扉をあけるぞ
ヴュリー:早くルームを突破して、皆と会うぞ!
こうして進んだ・・
しかし、ヴュリー達が見た敵とは・・続く
----------------------------------
Bチームがどうなったかは13話に明らかになります。
(次回の次回ダヨ)

BETTEL 【10】 

2006年03月14日(火) 15時32分
一体莉屡のしたこととは・・
莉屡は、人食いグモをを召還し、密かに山中の右腕に乗せたのであった。
ニン:人食いグモ!?、早く退治シナケレバ!!
山中:このままだと全体まで喰われてしまう・・、この際・・
ズシャッ!と音がした。
それは山中、自らが日本刀で自分の右腕を切り、全体までいかせないように
したのだ。
地上に落ちた人食いグモを、ニンニクがマシンガンで殺した。
ニン:ヤヤヤヤマザザンダダイジョウブカウェ
山中:だ・・大丈夫だ
ニン:テンメー、よくもヤマザンを、ヌッコロシテヤルー
ニンニクは、マシンガンで莉屡を撃ったが、莉屡は消えた。
ニン:ド、ドコイッタ
莉屡:ここですよ!
莉屡はニンニクの後ろにいたのだ、そして莉屡は剣を持ち、ニンの背中をきろうとした・・
しかし山中が左腕で攻撃を防いだ。
ニン:ヤマザンサンクス
莉屡:クッ・・こうなればこの技だ・・、剣蛇!
唱えた瞬間、剣が蛇のように動き、山中たちを襲ってきたのだ。
山中:避けろ!
莉屡:それは毒が入っています、さされたら感染しますよ。
ニン:ヌァンダッテ
山中:これじゃきりがない・・、この剣を破壊しなければ・・
莉屡:そうはさせません・・、剣蛇!
なんと莉屡はモウ一匹召還したのだ。
山中:クソ・・コウナッタラ・・
山中は座り込み、自ら剣の攻撃をうけようとした・・
ニン:ナニヤッテンダヤマザーン
剣蛇が山中に飛び掛ってきた時・・山中は剣を持ち、剣をもち、回転した。
山中:回転斬!
その回転斬で、剣蛇二匹は動かなくなった。
莉屡:なんと・・
山中:今度はオマエだ、莉屡!クラエ!
グシャッ
効果音が出た時、莉屡は倒れた。
ニン:ヤマザンスッゲスッゲ
山中:bそ
こうしてAチームはルームを突破し、モナギのところへ・・

次回、Bチームの対戦・・
続く
------------------------------
莉屡氏スマソ

BATTEL 【9】 

2006年03月12日(日) 16時15分
Aチーム:山中 ニン
Bチーム:火山 牛
Cチーム:ハッd ヴュリー
に別れ、格ルームへ向かった。

Aチーム側
ニン:俺たちAチームの敵は誰かな・・
山中:さあな、あ、扉あったぞ
ニン:よし、あけよう、いっせーの・・
ギィィィ・・(扉が開いた音)
ニン:よし、進もう。
山中達は進んだ。そして・・
??:よく来ましたね
山中:あれは・・莉屡か・・
莉屡:そのとおり、早速しんでもらいましょう。
ニン:オレタチサイキョウ マケナイ(ぁ
莉屡:そういってられるのも今だけです・・、炎斬!
莉屡が言葉を唱えたとき、莉屡の剣から火がつき、ブーメランのように投げた。
ニンニク:キャーヨケナイト
ガシィ!
と、剣は壁に刺さり、何とかよけた。
ニン:ふう・・、あぶない・・。
山中:ニン、ニゲロー
ニン:え?
その時、莉屡はニンの前にいき、切ろうとした。
ニン:ギャーー殺されるーー
その時、山中は莉屡の攻撃を防ぎ、ニンを倒した。
ニン:ヤ・・ヤマザンサ・・サンクス
その時、山中は悲鳴をあげた。
山中:ウワアアアアアギャアアアアアアア
ニンニク:ヤマザーン!?
莉屡は顔をニヤリと笑った。いったい何をしたのか・・
続く

BATTEL 【8】 

2006年03月08日(水) 17時40分
山中:残りの敵もあとわずかだ・・
ニン:戦場も突破シヨーゼ
???:ソウハサセナイネエ・・ヒヒヒ
牛:この声は・・雨?
雨:ソノトーリ
莉屡:このまま突破されたらまずいですからね。
スパークル:そんで、貴方達を始末・・と。
バッスン:そうそう
ハットン:他のやつらもいたか・・・
莉屡:じゃあ死んでもらいましょう。この剣で・・
火山:接近なら大丈夫だ。銃で・・
火山は莉屡を銃で撃った・・が
莉屡には攻撃があたっていなかった。
火山:ナンダッテ
ヴュリー:火山アブナーイ

ヴュリーは莉屡が迫ってくる前に莉屡の手を撃った。

莉屡:クッ・・、邪魔がはいりましたね。
雨:僕が始末するよ・・

雨がマジシャンのステッキを振り回し、雨は「落雷」と叫んだ。
天井から雷が落ちてきた。
ハットン:皆、よけろ

何とか全員よけきったが、その後ろにはマシンにのったバッスンがいた。
バッスン:死んでもらおう、光線!
マシンの目から光線が出た。
牛:皆、よけるんだ。
バッスン:チッ・・、よけられたか
スパークル:今度は俺だ、切りつけてやる
ニン:ニゲロニゲロニゲロ

何故か火山だけがバッスンのところへいく、銃で攻撃した。
マシンは攻撃に耐え切れず、壊れた。

バッスン:クソォ
火山:シネ!バッスン
火山はバッスンに銃をむけ、撃った
バッスン:ガハッ

このことに皆が気づいた。
スパークル:バッスンがやられた・・?クソ、一回戻ろう

こうしてスパークルたちはモナギのところへ戻った。
そしてスパークルたちはモナギのところへついた。

モナギ:・・そうか、バッスンがやられたか。じゃあ、バッスンを改造するか・・。
次の格ルームで、仕掛けてやる・・

モナギは一体何をたくらんでいるのだろうか
一方、学生達は・・。
山中:いよいよ格ルームだ・・。
3ルームあるから、6人残っている、だから2人ペアになろう。
で、3チームできるはずだ。

こうして3チームになり、格ルームへと向かった。
続く

BATTEL 【7】 

2006年03月02日(木) 20時18分
今は死闘が繰り広げられている・・
あたりは血だらけだ。
まだ学生たちはこの死闘での犠牲者は出ていない。
ヴュリー:ぐ、敵が3人もかかってきやがった・・
眠風:援護します!
眠風はヴュリーに迫っている敵をマシンガンで倒した・・しかし
ヴュリー:おい。後ろ!
眠風:え・・?
グサ。と効果音がした。
それは眠風が敵に集中している間 背中を攻撃されたのだ。
眠風:・・・・グ・・
ハットン:眠風ー!、とりあえず眠風の後ろにいる敵を殺す!
部下:ぐふ
眠風:だ・・大丈夫・・、、一発くらっただけなら・・。ガハ・・
牛:アワワワワワワワ・・
眠風:モウダメポ・・
眠風はあまりの痛みのつらさに、自ら銃で自分を撃った
ニン:ミンフーウ!
山中:絶対 ゲームをクリアしてやる・・
一人かけてしまった・・しかし、学生たちはどんどん部下を倒していった。

一方 モナギ達は・・
スパークル:ボス、学生達が戦場まで突破しています
モナギ:ほう・・、だが少々人数がかけているな・・
スパークル:しかし・・このままでは・・
モナギ:そうか・・、じゃあ スパークル 雨 莉屡 バッスン 出撃だ
スパークル達:了解!
強者達も遂に動き出した・・
学生達・・ピンチか・・?続く

BATTEL 【6】 

2006年02月25日(土) 21時27分
Aチーム状況

山中:よ・・よし あと一階だ
ニン:敵が色々と出てきて辛いな・・
眠風:あそこに敵が潜んでます!
ニン:え・・?、まあいいや撃とう
バババババ
ニンニクがマシンガンであたりを撃った瞬間、敵が10人程倒れた
山中:よく気づいたな・・
眠風:ええ、気配がしましたから
こうして敵を倒し進んでいった。戦場へついた
Aチームが上り終わったあと、Cチーム Bチームと出会った。

戦場は左サイドがA-階段につながっていて
中心がB-階段につながり右サイドがC-階段につながっている。
なので3チームが出会える仕組みになっている。

牛(Bチーム隊員):イヨウ 皆
ヴュリー(Cチームリーダー):Bチームも一人かけているようだな・・
ニン(Aチーム隊員):こっちは一人もかけてnうわなにするやめろ
山中(Aチームリーダー):・・、敵がいるぞ。
火山(Bチームリーダー):スナイパーのやつ等は銃を構えとけ。
ハッd(Cチーム隊員):銃を持っている敵はわれ等スナイパーが。
山中(Aチームリーダー):剣士&侍は槍を持っている敵を倒すぞ。
格学生:承知!
こうして大勢の敵、スナイパー 剣士&侍 に別れ、敵との死闘
が始まった・・。
続く

BATELL 【5】 

2006年02月21日(火) 18時54分
Cチーム状況
ヴュリー:よし・・もうすぐだ
ハッd:あと一階だな・・
飛鳥:上るぞ
その時 軍隊の大群が降りてきた
ヴュリー:・・遂に来たか・・
軍隊はマシンガンを学生達に向けた
そしてマシンガンで撃ってきた
ヴュリー達は階段を下りて非難した
飛鳥:軍人が降りてきた直後、攻撃だ
軍人が降りてきた。ヴュリー達は軍人を撃った。
しかし何人もいたためきりがなかった
ハットン:ちょ、玉切れ
飛鳥:ウワーー
ヴュリー:ど、どうした
ババババババババババババ
飛鳥:ガハァ・・
飛鳥も玉切れで、敵に撃たれてしまったのだ
ヴュリー:チッ、残りわずかだ、ハットン、俺が敵をひきつけてる間玉補給だ
ハットン:お・・おk
玉補給をしたハットンも援護し、敵を全滅させた
ヴュリーとハットンは敵を倒したら飛鳥に声をかけた
ヴュリー:大丈夫か・・飛鳥
飛鳥:モウダメポ・・、ゲームクリアしろ・・よ・・
ハットン:ヴォーーン飛鳥がしんでしまttsjむfれthg
ヴュリー:悲しいが仕方がない・・2人でいくぞ・・
ハットン:ああ・・、一階上れば戦場へ到着だな・・
Cチームにも犠牲者が出た・・、しかしCチームも戦場へついた。

次回 Aチームもいよいよ到着・・か?

BATEEL 【4】 

2006年02月20日(月) 19時10分
Bチーム状況
火山:よし、もうすぐB-階段突破だ
99:あと1階だな・・
牛:ああ、油断するな・・
火山:そこに敵がいるぞ、気をつけろ
部下:(あ、あそこに学生達が・・)
部下2:とりあえず隠れろ、今度は俺達があいつらを殺すんだ(小声)
部下3:作戦でもあるのか・・?(小声)
部下2:まかしとけ・・(小声)
牛:なんか部下達は階段上っていったようだが、音したし
99:じゃあ上に敵が・・
火山:ああ・・、気をつけろ・・
牛:上ったがいないようだ・・
99:怖気ついて逃げたか・・?
牛:ま、もう戦場についた、入ろう。
火山:・・!よけろ!
その時、銃の玉がとんできた。
幸い 誰も当たらなかった。
99:な・・
Bチームはトリックにかかったのだ。
部下が上にいったが、戦場の入りぐちに部下が一人まちぶせしたのだ。
部下は銃を手にし、学生達に撃とうとした
しかし牛はそれよりもすばやく相手を撃った。
その時だった。後ろから部下2人が99を撃ったのだ。
99:グハァァァ・・・
部下:かかったな!待ち伏せしているところで後ろから撃ってやったぜ!
火山:99・・、部下め・・ユルサン!!!
火山は部下2人をムッコロシタ
牛:99・・・
初の犠牲者がBチームから出た・・。
火山:99・・、しかし戦場についたぞ・・
牛:これを突破すれば格相手と対決か・・
こうしてBチームは一人かけたがB-戦場についた。

そして次回 Cチームも戦場へ到着・・続く

BATTEL 【3】 

2006年02月19日(日) 16時58分
Cチーム状況
ヴュリー:俺らはC階段へ上るぞ
ハッd:気をつけろ・・、敵が潜んでいるかもしれん
ヴュリー:なんか音が聞こえるぞ・・
飛鳥:玉補給の音だ!敵がいるぞ
ハットン:あそこから聞こえる、敵はあそこにいる、撃つぞ!
ハットンは細長い銃を手にし、敵を撃った。
飛鳥:危ないところだったな・・。
ハットン:ああ・・、きずかなかったら死んでただろうな・・。
ヴュリー:まだ階段は上りきっていない、進むぞ。

Aチーム状況
山中:よし・・あと3階上りきったら戦場へ到着だ・・
ニン:よし、進もう
眠風:ちょっと・・、あれは何!?
そこは大群が降りてきた。
ニン:剣だけじゃダメダこれは、銃も手に・・
山中:そうだな、ピストルをもて、
ババババババババ
山中:よし、半分はいったか、残りの半分はマシンガンだから気をつけろ!
ニン:ピストルじゃ威力がないからきついな・・
眠風:一回、下に降りよう!
山中:よし、ここに隠れてきたら一斉に攻撃だ
そして部下達が階段を下りる音がした。
眠風:戦闘中だから渡せなかったけど、今は余裕があるからマシンガンを渡す。
ニン:そういえばお前スナイパーだもんな・・
部下が降りてきた。
山中:今だ!撃て!
部下達はあまりの不意打ちにやられた。
ニン:よし、作戦成功。
山中:もうすぐだ。進むぞ

次回初の犠牲者がBチームからついに・・
続く
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:2chranen
読者になる
Yapme!一覧
読者になる