気に成るテイスティング

August 03 [Sat], 2013, 0:08
"気に成るテイスティング

ステムの下方を持つ……
ステムの下方を持つ……
諏内:ワインのテイスティングに関しても「何処までやるべき?」とのご問いかけをよく頂くのと言えますけれど、実際どのようにしているのがいいですか?

鈴木氏:ある程度の順位のレストランであれば、元的にソムリエが香り等のテイスティング済みだから、テーマなくそれのまま召し上がって頂けます。けど、あれも1つの儀式と言えますので、グラスを回し香りを確認しる、ひと口飲まれてみる、等されても言うまでもなくかなりでございました。





グラスの持ち方

ステムの上方を持つ……
ステムの上方を持つ……

諏内:こっちも問いかけが多いのと言えますが……。日本ではワイングラスのステムゾーン、欧米ではボウルゾーンを持つ方が多いと言えます。現実的にソムリエの立ち位置からはどちらがオススメだからすか?

鈴木氏:確かに日本の方はだいたいがステムをお持ちになるでしょうね。けど、こっちも決まり等は有りませんので、お好きなようにお持ちください。

諏内:でも、ボウルを持つとワインの温度がうつろいしてしまいます等、ソムリエ目線で気に成りませんか?

鈴木氏:いえ、わたしはまったく気に成りないでしょう。

ボウルゾーンを持つ……
ボウルゾーンを持つ……

諏内:グラスに指紋がついてしまいます、等も?

鈴木氏:ええ、まったく。

諏内:確かに、鈴木さんは湯呑みで召し上がるのがお好きなくらいと言えますものね! ある程度周囲の人に合わせながらも、ごあなたで持ち易いゾーンを持てばOKといったことと言えますね。
"
野菜ソムリエにあこがれて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さち
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/2b5q74ux/index1_0.rdf