無題 

2007年12月06日(木) 0時38分
日々退屈。私の向かう所はどこなのか。最近は運命について考えるようになった。私がこの文を書くことも、指一つ曲げることも全ては必然のような気がする。詳細は覚えていないが、物理学の世界では確率でしか求められないものがあるので、世界は決まっているものではないという話がある。果たしてそうなのか。そうとは思わない。その確率でさえ決まっているものならば。凡人は生まれた時からずっと平凡な世界しか見られないかも知れない。そう決まっているから。私が見ている世界はあまりに平凡でありふれている。私には見えないものが多すぎる。もし、人間には自分にしか見えない世界があるとする。私のその世界が刺激的なものではないのはなぜ?私より面白い世界を認識できている人がいるのはなぜ?そう決まっているから。努力によって見える世界は変わるのだろうか。変わるだろう。そう決まっていたなら。下らない。憂鬱。

無題 

2007年12月04日(火) 0時22分
日々退屈。目新しい事など何もない。唯一楽しみをあげるとしたら夢。夢の世界には下らない日常がない。明日目が覚めなくとも構わない。夢が見られるのなら。

無題 

2007年12月01日(土) 1時15分
日々退屈。目新しい事も無い。下から見上げるという事にも慣れた。私が進学校を選択した理由は人を見上げるためだ。学業を怠ることによって、すぐに順位を下げることができる。体験したかったのだ、下の目線を。私はそれに一種の憧れを抱いていた。人と比べられることが少ないから。もう十分な体験ができた。下から見上げるのは終わりだ。上から見下すのも、もういい。どうしたものか。憂鬱。

無題 

2007年11月30日(金) 1時27分
日々退屈。自分が凡人だと気付いたのは、いつだったのか。

無題 

2007年11月29日(木) 0時10分
日々退屈。今日もいつもの繰り返し。変わったのは時間だけ。自分も含め、人間は面白くない。この世界も面白くない。何もかも普通。驚く事はあっても予想不能のものではない。下らない。私は凡人である私をつまらなく思う。死にたい訳ではない。退屈なだけ。憂鬱。ずっと夢をみていたい。最近は毎晩必ず見るようになった。夢の世界は面白い。もし一生夢が見られるのなら、私は目を覚まさないだろう。現実逃避だろうか。そうは思わない。現実が夢で無いと言い切れない。逆もまた然り。つまらない世界はどちらなのか。

無題 

2007年11月28日(水) 0時32分
日々退屈。毎日ほぼ変わらない事ばかり。この世界には面白い事は無いのだろうか。憂鬱。こんな考えが出てくる事。自分は未熟なのか。大人になれば見える世界は違うのか。毎日の繰り返しなのは変わらない。時間はなぜ前にしか進まないのか。過去に戻りたいとは思わない。だが、右や左にも時間が流れても良い気がする。時間が私が思うようなものならば。そうなれば違う世界も見えるのだろうか。

無題 

2007年11月27日(火) 0時31分
日々退屈。思うと退屈を感じない生活がしたいのかも知れない。ギターもゲームもテニスも楽しいし、真剣に打ち込めるが、求めている面白さではない気がする。現に退屈を感じている。小学生の頃は退屈を感じていただろうか。身心の成長、考えの変化。私を満たしてはくれるのだろうか。大人になるのは空しいものだ。小学生のままであったら、小学生のみる世界が理解できたら、退屈は無くなるのだろうか。私はそれを切望する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:28426
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月11日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる