あなたのこと、来ないんじゃ

December 08 [Mon], 2014, 16:51
「やっと来たの・・・みんな、あなたのこと、来ないんじゃないのって
心配してたのよ。」
 aula aila 通販がセルフィを迎えた。昨日、セルフィと話したときの
あの満悦な表情は何処にもなかった。その時、セルフィはふっと自分が
別な次元に来たのではないか・・・と言う恐怖に駆られた。
・・・しかし、自体は彼女の想定した事よりも、遙かに残酷だったのだ。
「葬儀の式は今から7時間余り後、ガルバディアガーデンにて執り行われます。
今からでは、計算上では時間ぎりぎりと言ったところよ。じゃあ、急ぎましょう。」
 皆、無言でキスティスの後に従う。あのサイファーでさえ、その顔には
悲しみの表情が湛えられていた。葬儀、とキスティスは確かに言った。
では、どうしてガルバディアガーデンでその葬儀が行われるのか・・・
 セルフィは結論にたどり着くことは、現時点では叶わなかった。
 だから、セルフィも無言でキスティスの後を追った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:26eeepon
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/26eeepon/index1_0.rdf