発毛の阻害要因 

2008年09月09日(火) 8時52分
男性ホルモンの作用や遺伝的要素のほかにも、ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病は、ホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまい、発毛を阻害してしまうと考えられています。

ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、十分な休息が取れないな場合などに溜まりがちになります。

また、AGAに悩むこと自体がストレスとなり、負のスパイラルに陥ってしまうこともあるようです。

特に規則正しくバランスの取れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要なファクターだそうです。

中性脂肪、コレステロールの多い食事をし続けることは血液粘性の増大を招き、頭部の血行不良を引き起こすことになるそうです。

頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になるそうです。

過度なダイエットや偏った食生活は、頭皮にとっては非常に避けたい行為といえます。


P R