チョコレートのシーズン

February 27 [Wed], 2013, 23:08
冬はチョコレートのシーズン。数大勢の新品が登場所し、バレンタインデー等の催事や記念日にあわせて口にしている機会も大勢成る。この甘さが心身ともに基本気にしてくれる「チョコレート」をテーマに3名のパティシエが独自食後の甘いものを考アイデア。是非その冬の資料にしていただきたい。





















チョコレートクリーム(牛乳、生クリーム[40パーセント ]、凍結卵黄、グラニュー糖、生姜、チョコレート、板ゼラチン)、グラニテ(エスプレッソ、ミネラルウォーター、グラニュー糖、レモン表皮[すりおろし]、グランマルニエ)、ピスタチオのクランブル(無塩バター、粉糖、アーモンドプードル、薄力粉、ピスタチオ[アッシェ])





.





 フレンチのプラン食事の食後の甘いものとして、またアラカルトとしても提供出来るものを思考ました。チョコレートクリームには生姜の香りを付け、ゼラチンを最低限に抑制してなめらかな食感に。食事の味に負けない働きのある甘さと言えます。また、エスプレッソのグラニテ(画像中央)は濃い苦味を強調しているけど、レモンの表皮とグランマニエル(オレンジのリキュール)で柑橘の香りを付け、さわやかな香りも楽しめます。其れぞれ単体で食べると「あれ?」と感じるかも知れませんけど、香ばしさと食感のうつろいを演出しているピスタチオのクランブルやホイップした生クリームも加え、すべて同じに食べたときに味が調和しているように仕上げました。





力強い甘さと主張のある苦さが口のなかで一体となり、かついろんな食感も盛り上がる納得感の高い一皿と言えます。チョコレートクリームには生姜、グラニテには柑橘と、華やかに広がる香りも目安。ビジュアル映えし、「手間がかかるレシピじゃない」(田中コック)ので、飮み屋業界での提供もお薦めと言えます。
簡単早ウマレシピ








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monad221
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/235p8qwh/index1_0.rdf