私の過去 part2

July 15 [Mon], 2013, 11:41


前回の記事の続きです(^^)/


A先輩に声をかけられました。


「今日Mがきついけど、どしたん?」


正直、その時はさっぱりわかりませんでした。


「いや、わかんないです。」


M先輩は私に腹をたてていました。


私だけに腹をたてていました。


挨拶ができなかった私に腹をたてていました。


その日は用があったので途中で帰りました。


次の日、部員に無視されました。


理由を聞くとM先輩でした。


さっぱり意味がわかりませんでした。


「どうしてじぶんが…?」


とりあえず毎日ちゃんと部活に行きました。


毎日ちゃんと挨拶もしました。


部活に行くことがストレスになりました。


ストレスを爆発させるようになりました。


それも最低な爆発でした。


いつも一緒にいた友達をいじめました。


最初は暴言を吐くことからでした。


私は手を出すことはしませんでした。


私は部活ではいい子、教室では悪魔でした。


最低な人間でした。


ある日、担任にいじめがばれました。


私は引くに引けずヒートアップさせました。


本当はもういいやと思ってました。


まわりの目が怖かったのです。


自分の突然の変化を受け入れてくれるか。


そんなことを気にしていました。


部活のストレスと教室のストレス。


私は限界でした。


私は家で奇声をあげるようになりました。


親のいない時にひとりで。


中1の夏に私は壊れました。


秋に私は病気になってしまいました。


学校のあと病院に通う日々でした。


なので部活に行く日が減りました。


顧問や先輩にもちゃんと説明をしました。


その頃には無視されることはなくなりました。


しかし部活はかわりませんでした。


私は部活に行かなくなりました。


病院に行くことを言い訳にして。


新キャプテン選出の時期になりました。


1年と3年と顧問で決めるという方法でした。


そのため私は部活に引っ張り出されました。


部活ではM先輩とH先輩が対立していました。


新キャプテンの争いでした。


私にとっては関係のない争いでした。


前の日に退部について顧問と話をしました。


「新キャプテンは見届けろ。」


顧問にはそう言われました。


部活は日に日にピリピリしていきました。


結局、新キャプテンはA先輩になりました。


1番平和な答えでした。


しかし私は部活に行きませんでした。


退部も結局できませんでした。


学校も早退するようになりました。


2年生になって1年生が入部してきました。


一応その頃には週1で出るようになりました。



また、次回に書きます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:嫌われGIRL
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1997年
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
嫌われGIRLの日記です(^^)
気まぐれ更新ですが…f(^_^;
見てください( *・ω・)ノ
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/22911/index1_0.rdf