ホットドッグのことなど

February 13 [Mon], 2012, 12:50
日下佳也です、ご無沙汰していますね
今回の日下佳也(くさかよしなり)が話すアメリカ料理はホットドッグのことなどを日下佳也が説明していこうと思います

ホットドッグ、またはホットドック(英語: hot dog)とは温めたソーセージを細長いバンで挟んだサンドイッチの一種である。
味付けはマスタードが一般的であり、好みに応じてトマトケチャップ、タマネギやピクルスを細かく刻んだレリッシュ、ザワークラウトなどが用いられる。チリソースや溶かしたチェダーチーズをかけたチリドッグ、チーズドッグ、トマトなどの野菜を挟んだシカゴドッグなどさまざまなバリエーションがある。アメリカ合衆国のホットドッグに用いられるソーセージは太さ2〜3cm、長さ12〜15cmほどのフランクフルトが標準的であるが、日本ではそれより細くやや長めのものが用いられることが多い。素材はアメリカが牛肉あるいは牛豚混合の絹挽きが主であるのに対して、日本では豚肉の荒挽きが使われることが多く、また昭和40年代頃までは小ぶりのウインナーソーセージや魚肉ソーセージなどで代用されることも珍しくなかった。これは戦後の日本においては牛肉が高価な食材であり、ソーセージの材料として用いられることがほとんどなかったことや、豚を原料としたドイツ式のソーセージのほうが先に紹介され、本格的とされたことなどに起因すると考えられる。
ホットドッグ用のバンについては、北米では柔らかく甘みのあるやや角張った小さめのものが用いられるのに対して、日本ではコッペパンを小型にしたような形状のロールパンや、表面の固いフランスパンのような生地のものが好まれる傾向にある。また日本では通常パンの底面に対して垂直に切り込みが入れられるが、日本以外のほとんどの国では水平にスライスされる。 一部のチェーン店では、ナンを用いたナンドッグも販売されている。
昭和の時代には日本でも移動販売車や駅構内などのスタンドが数多くあり、小型のロールパンに赤いウインナーとカレー粉で炒めたキャベツなどを挟んだものがホットドッグとして売られていた(ドイツでも、カレー味の味付けとソーセージの組み合わせであるカレー・ヴルストという屋台料理がある)。また、昭和時代から営業している古い喫茶店では、ソーセージと炒めたキャベツを挟んでトーストした物がホットドッグとして供されていた。提供する際に、真ん中付近で斜交いに2等分にカットされることが多い。

日下佳也
はホットドッグといえばソーセージとキャベツでしょうかね

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日下佳也(くさかよしなり)
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像019245
» ホットドッグのことなど (2012年02月13日)
アイコン画像23
» ハンバーガーという食べ物 (2012年02月08日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/20dsv/index1_0.rdf