板羽さんが伝授する頭皮にやさしいシャンプーの仕方

June 15 [Fri], 2012, 10:24
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)



「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」の著者、板羽忠徳さんが
これまでの常識をぶち壊してくれました

これまでに良く言われたシャンプーの仕方として「指の腹の部分でこするように」
というのが私の中でも常識だったのですが、板羽さんによると
指の腹でこすってしまうと細い毛がどんどん抜けてしまうんだそうです。
摩擦によって生え始めや弱くなった髪が抜けたり切れたりするわけですね。

では、どういった方法でシャンプーすれば良いのでしょうか?
板羽さんは指の先で頭皮を動かすようにして、頭皮をマッサージするのが
正しいシャンプーの仕方だとおっしゃっていました。

シャンプーの語源はヒンディー語のチャンプ―からきており、
その意味はマッサージをする。
なるほど、本来のシャンプーとはこういったことだったのですね。

その他にも髪に対する間違った常識や知識が薄毛や抜け毛を助長させて
しまっているかもしれません。
薄毛解消への第一歩は正しい知識から。

6月21日発売予定の「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」
読んで正しい育毛法を学びましょう。

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)




アカルイミライで紹介された、頭皮を柔らかくするマッサージ方法

June 14 [Thu], 2012, 22:20
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)



「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」の著者、板羽忠徳さんが
アカルイミライで頭皮を柔らかくするためのマッサージ方法を公開していました。

頭皮の硬化とそれに伴う血行不良が薄毛、抜け毛の原因のひとつですが、
硬くなった頭皮を柔らかくして血行を良くするためのマッサージです。

アカルイミライの番組内では3つのマッサージ法が公開されていました。
その名もカニ、エイ、イソギンチャクの組み手です。

・カニの組み手
親指と人差し指の指先を使ってマッサージします
片手では力を入れづらいので、もう片方の手で補助
おでこから頭頂部に向けて少しづつずらしながら、つまみ上げるようにマッサージ
おでこの薄毛が気になる方におすすめだそうです

・エイの組み手
両手の指4本同士を組んで安定させた上で両手の親指を使ってマッサージ
後頭部にある天柱というツボを刺激すると頭皮の血行が促進するそうです
また、親指の付け根の肉厚の部分で側頭部をじんわりと押し上げるのも効果的

・イソギンチャクの組み手
指が手のひら側に出るようにして指を組むんで10本の指先を駆使してマッサージ
頭頂部をすべての指先で引き上げるようにマッサージしましょう

これらの頭皮を柔らかくするためのマッサージ方法について
詳しくは6月21日に発売予定の「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」という
本に掲載されています。

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)




「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」の予約はアマゾンで

June 13 [Wed], 2012, 22:16
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)


アマゾンの書籍ランキングでも上位に入るなど、大人気となっている
「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」

著者の板羽忠徳さんが6月10日のアカルイミライという番組に
出演されていましたが、その板羽さんの髪は67歳にしてフサフサ
とても67歳という年齢には見えませんでした。

板羽さんが書いた本なら、「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」という
題名にも納得ですね。ご本人が実証していますから。

板羽さんは番組内で頭皮の硬さを計っていましたが、やっぱり
すごく柔らかかったです。
それに、板羽さんの頭皮には毛細血管が浮き出ていました。

薄毛や抜け毛には頭皮を柔らかくして血行を良くするのが大事なんですね。

詳しくは6月21日に発売予定の「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」
購入して読んでみてください。

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)




「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」で薄毛を解消しましょう

June 12 [Tue], 2012, 22:11
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)
20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)


「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」という本をご存知ですか?

この本は6月10日にTBS系列で放映されたアカルイミライという番組内で
紹介された本で、その著者の板羽忠徳さんも出演されていました。

板羽さんは東京・久我山で理容室を経営しており、全国利用連合会名誉講師で
毛髪コンサルタントでもあり、通称「育毛の髪様」と呼ばれているそうです。

アカルイミライによると男性の4割、女性の2割の方が
薄毛に悩んでいるんだそうです。
そんな薄毛でお悩みの方に必見な放送内容だったのですが、
板羽忠徳さんによると頭皮が硬く、動きにくい人は薄毛や抜け毛に
なりやすい
とのこと。
逆に頭皮が柔らかくてよく動く人は薄毛になりにくいということです。

しかし、頭皮を動かしてみてあまり動かない…という方も
諦める必要はありません。
頭皮の硬さには後天的な要素が多く、今からでも柔らかくできるんです。

その方法はアカルイミライの番組内でも紹介された
「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」という本に
詳しく掲載されているんです。

「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」は6月21日に発売予定ですが、
今ならまだアマゾンで予約できます。送料も無料なのでおすすめです。

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)