フェスタ 

2006年11月30日(木) 4時32分
レミオロメン、はまってます。
「粉雪」「太陽の下」とかが売れたけど、昔のアルバム、いいんだよねー。粉雪も好きだけど。メロディとか曲調とかバリエーションが豊富で、いい感じ。

「まめ電球」
って曲で、
「あなたまであなたまで届く明かりなら それでかまわない結局はさ 一人じゃさ淋しくなってしまう
分け合いたいのよ」
ってところ、すごく好き。あと
「波」って曲は
「寄せては返し 返してはまた寄せて 
二人はまるで 波のように愛した」
ってとこあるんだけど、こう、いいね!!(笑)
「3月9日」もすごく好き。まだまだレミオロメン、知らない曲だらけだから(笑)これから新しいアルバムにも手をつけていくぞー!!
結構ひさびさにレミオロメンがヒットー!!

アジア大会 

2006年11月30日(木) 4時02分
U21代表の試合はこの間、国立であった中国代表との試合を見に行ったけど、チラホラさぼってる選手がいて、ちょっと残念に思っていた…とくに平山選手。大学サッカーで間近にみる機会もあったし、自分が大学最後まで悩んでいた方にいっていたら同級生だっただけに気になる…(妙な親近感(笑)そうじゃなくても、日本人の中のFWとして才能と可能性を感じるだけに、もう少しがんばってもらいたい…なんとなくでボールを追い掛けたり、目の前にくるクロスボールに相手が前に入ってるだけであきらめて目で追うだけになったり…もう少し気持ちを高めてほしい。もっとがむしゃらに。A代表にもう入るくらいでいてほしいが、今のままじゃ、きっと選ばれることはないだろう。中国戦でも明らかにがんばっていた伊野波、青山、本田、やはりこの3人は上に呼ばれている…ぜひ平山にひっぱっていってもらいたいのだが…

いまのままだともったいない…

あ、今日の試合だ(笑)そう今日の試合はところどころにやっぱりやりたいこと(人とボールを動かす)ができていたけど、山本さん(前オリンピック代表監督)も指摘されていたように、ディフェンスラインから、縦にボールを入れるために、ディフェンスラインでのボール回しのスピードは改善していかないと、と思う。これはA代表も同じだけど…
左右に相手を振ることによって、隙間を生み、前の選手への縦パスをつかって左右から縦の揺さぶりを加えて、空いたスペース(人が動いて空けたスペース)に次の選手が飛び込んでいく…ということなんだけど、後ろの回しが遅いと、タテに入れることが難しくなり、相手はなかなか崩れない。もちろん、タテにパスが出るかどうかは後ろだけじゃなくて前の選手との連携もあるんだけど。
でもやはり、遅い。
それ以外の場面でも、
「パススピード」
は世界と差がある…リーガとJだとかなり違う。
パススピードをあげる→コントロール技術の向上、プレーの余裕、スピードある試合展開
などなど、だいぶサッカーがかわる。

最近あらためて、ディフェンスのアプローチの厳しさと、オフェンス力の向上のスパイラルの重要性を感じていたが、パススピード、これが生み出すスパイラルもやはり大きい…
新人戦までできることは限られるけど、ディフェンスの厳しさ、これは徹底していこうと思う。ま、まずは区大会!!

好きな本 

2006年11月29日(水) 8時16分
小6〜しばらくは司馬遼太郎…(小6でこれはなかなか渋い…?)
そして星新一も。ショートショートで、ブラックユーモアと世界観がすごく好きだ。
その後しばらく読書はほぼお休みになってしまっていたが(笑)大学の部活の先輩にすすめられ、村上春樹を。
大ヒット(笑)「ノルウェイの森」かなり好きです。
大ヒット作、恋愛小説、
と、あとで聞いたんだけど、どちらも、意外だった…。
恋愛小説、なんて、僕の中では「恋愛」はこの作品のパーツの一部でしかなかった…メインテーマ??まぁ…恋愛がわかりやすいか〜…ほかにも色々読んで、我が家から徒歩3分の「ぶっくおふ」で買いまくり、いまや当店は、村上作品ほぼ全作品を網羅しております。
音楽や、小説、漫画等好きになるときは作者を好きになる。好きなミュージシャンのCDはほぼ集まってるし、本とかそれ以外もそう…
漫画は彼女からのオススメ
「はちみつとクローバー」

いや〜良いです。ローマイヤーせんぱぁ〜い!!ってな感じです。
羽海野チカさんの描く世界、素敵です。お会いしたい(笑)単行本の最終巻には読み切り作品があるんだけど、その「もしもどらえもんのアイテムが何か一つあったなら…」というテーマでかかれた作品なんかも、かなり好きです。ええ、世界観がたまらなくワクワクして、その世界にもっといたくなってしまう…といった感じ(笑)これは他の本、音楽とかに関しても同じだけどね〜♪

さて最後に一言。

「自分に同情するのは下劣な人間のすることだ。」

ノルウェイの森より、主人公の先輩のコトバ。(文がちょっと間違ってるかもだけどご勘弁を…)
僕の先輩が部活の練習前、突如放った一言がこれ(笑)印象的だった…
先輩、元気かな…色々お礼を言いたい…
この場をかりて…
本当に色々救われたし、助けられました。ありがとうございます。
一緒に仕事するなら先輩がよかったッス!!しかし先輩の企業には行く気はないッス!!今度時間あればのみにいきましょう!!!

説明会 

2006年11月27日(月) 21時58分
これまで使用してきたグラウンドがとある公共施設の建設により、使用できなくなる、ということで、開発事業説明会に参加してきました。
参加人数はわずか十数名…(この人数で、説明会として成立するのか?との質問も住民側からありました…会場の遠さ、案内の遅さ、駐車場がないこと等が行政側のミスなのでは?といった指摘。)
まずは、建設予定地の土壌にかんする質問や、日陰に関する質問、建物の構造や具体的で専門的な設計に関する質問等で応対が続き、おさまってきた頃合いを見計らって、質問。内容としては、
計画が未定、となっている、5000平方メートルの敷地の予定はどうなっているのか?これまでグラウンドとして利用してきた子供たちのために、広場やグラウンドとしてその土地を有効活用していくつもりはないのか?
結局、「県としては…」「それは市の方が…」「別な課が…」と責任逃れのオンパレード。ごまかし、話は一応ききましたよ、といった態度がミエミエ…条例で決まってるからやっているだけで、必要性を本当に理解した上で行っているわけじゃないんだよね、結局さ…

話のなかで何度「条例が…」という言葉が出たことか。
質問の答え方もあいまいだし…
本当に腹立つ…
結果てきにグラウンドとなるかどうかじゃなく、行政側の態度。これに腹が立つ。何のための行政??もちろん市民からの本当に多くの意見があったり、大変なことは理解できるが、そうじゃなくて、市民のため、っていう部分が絶対薄い。行政の役割だとか、社会に対する認識だとか、勉強しなおせー!とどなりたくなる。本当に何を思って仕事してるのかをききたくなる。
ほんと結果的にグラウンドができるかどうかじゃないんだよね。たいした問題にしてないところとかがミエミエで、態度とか姿勢に腹が立つ。

んんー。腹が立つ。

怒りの本日のブログ。

初体験、そして子供にたいする社会 

2006年11月26日(日) 0時05分
今日は幼児〜Lの練習後、すぐに横浜開港記念会館?にて来年1月スタートの市長杯(新人戦、新6年〜)の抽選会へ!
初体験で微妙に緊張したなぁ…(笑)自分としてはまぁどこひいても一緒、って思ってるんだけど、自分がプレーするわけじゃないからまたちょっと違う。

その後らーめんを食べに。
「しったかぶりの豚」
おいしいときいていたけれど、まだ一度も来たことがなく、今日二つ目の初体験。

うまかった…(笑)チャーシュー麺とこぶた丼。背油多めのスープが絶妙。油が多いんだが、クリーミー。あぶらあぶらしたりしなくて気持ち悪くならない。さっぱりしてる。不思議だ…
そしてこぶた丼も絶妙!!あれで200円は安いでしょう!!
満足満足〜(ケプッ)



最近思います。
やっぱり大人一人一人の責任。いじめや自殺、その他色々な問題。親は親でおかしい親は多いし、教師は教師でおかしいし部分は多いし、報道は報道でおかしいし、もちろん我々サッカーコーチもおかしい部分が多いんだろう…。やっぱり全員、もっと客観的に自分自身を見られるようになることが必要だと思う。客観的にみて、自分達がしていることはどうなのか、っていうのを、もちろんいろんな情報、知識、から考え続けながらいくこと…自分の考えの引き出しを増やし続けていくこと…答えが一つじゃないことはわかるけど、じゃあ自分達だけの、わが子だけの、ことしか考えないんじゃだめなんだよね。
自分の子供が、うちから出たとき、学校などでともに生活するのは人の子供。自分の子供を考えるならまわりの子供たちも関わってくる。自分が自分が…じゃあやってけない。
あまやかされて育つ。自由をはき違えて人に迷惑かけても平気で育つ。我慢ができない子供に育つ。なにかをすぐに人のせいにする子供にそだつ。

ただ単に仕事をしているって意味じゃなく、まさに社会の中で、人の集まりの中で生活していける「社会人」になる前に、親になってしまう親が多いんだろう。

厳しさや、あいさつや、やさしさ、おもいやり、人として本当に大事なものをもたない人が多い…勉強していい大学入って、いい会社入って、大事なものは持っていない…仕事として、何かを学んでも、それ以外の生活で生かしていくことができない。だめな大人。オレは大人にはなりたいが、「大人」にはなりたくない。

カーズ 

2006年11月25日(土) 10時09分
見ました。
結構おもしろかったかな〜
都会に住む人々がともすると見失いがちな

「思いやり」

「やさしさ」
そういったものが全体的には多かったかな。一言でいうと、「都会に住む人々、何か大事なものを失ってしまってるんじゃないか?」といった感じ…
メーター(声優はぐっさん)ってキャラがいい味だしてました。

アニメは吹き替え。

アニメ以外は字幕。

ぐっさんがいい味だしてて、やっぱりアニメは吹き替えで正解っ!!!
ピクサーのアニメはやっぱり好きだな〜おまけアニメ「ワンマンバンド」もおもしろかった。ジブリもそうだけど、やっぱりその作品独自の世界観がしっかりとしてる作品が好き。アニメに限らず。漫画、小説、音楽…なんかその独自の世界観じゃなく、とってつけたようなものは…いまいち…。


人生と一緒。

親子体操!! 

2006年11月24日(金) 13時44分
10ヶ月の赤ちゃんから上は6才まで、あわせて20人近くの子供、そしてお母さん(お父さん1名)と楽しくいろんな体操をしてきました!!
ストレッチや、子供とお母さんと一緒に体を使った遊び、それから跳び箱で作った滑り台や、わっかで作った飛び石、平均台や、トンネル、いろーんな遊びをして、お母さん達のためのエアロビクス(その間に子供たちはお絵描きや塗り絵)をやり、某教育番組でお馴染みの体操をして終了☆最後にみんなとハイタッチしてバイバ〜イ☆
初めての試みでこれから探り探りやっていこう、と。アンケートを取るべきだったとあとで気付いた…時間帯や感想、どんなことを望むか等々…
結構みんな楽しそうでよかったよかった♪

今年2月から 

2006年11月23日(木) 23時33分
少年サッカーのコーチをはじめました。それまでは大学の体育会サッカー部に所属して、自分でサッカーを。
自分のプレー経験と、コーチとして子供をみて、感じること。
「体の使い方」
やっぱり、重心の位置、姿勢、いろんな部分で、レベルの高い選手とそうでない選手との違いを感じる。
日本人はフィジカルが弱いと言われ、単純に筋力が、とか体格が、となりがちだけれど、それだけじゃない。体の使い方、走り方やターンの仕方、などなどいろんな部分がある。当然持って生まれた骨格、筋肉の質は明らかにアフリカ系や欧米の人達と比べると日本人は劣る。それに、さまざまな生活週間などからも、日本人は、根本的にフィジカルは世界の一流国からは劣る。まずはそこから始まる。無知の知ではないけれど、自分達の足りない部分を認めて、そこから、じゃあいかにして、「総合的なフィジカル」を一流国に負けないようにするのか、ということ。だと思うんだよね。
そのためにはやっぱり育成年代からの正しいトレーニングの必要性を感じる…。腕立てとかそゆうのではなくて。いろんなことが、やれると思う。そゆうことを自分なりに研究していきたいかなー。

この時期だから-あしあと- 

2006年11月23日(木) 22時39分
大学3年…この時期だからこそ、日記をつけてみよう、と。

就職活動がスタートして、大学の生協からも、説明会などの案内が定期的にくる…もう、いい加減、自分の進む道を決めなくちゃいけない。
選択肢としては…
1、一般企業に就職
2、現在サッカーコーチをしているNPO法人に残ってお世話になる
3、大学院へ

ここに、教員という選択肢をもちたくて、教職の授業をとっていたけど、勉強すればするほど、自分を考えれば考えるほど、教員という職業は違う、と感じてしまった…。今ではこの3つ。大学を決めるとき、体育系のところと、今の経済学部、二つで本当に悩んで(入学手続き期間ぎりぎりまで1ヶ月悩んだ…)
「まだ悩みたい」「他のことも知りたい」
と思って、今の経済学部の大学に決めた。実際、悩んだ。。。もともと、「サッカーに関わりたい」と思っていて
「どうやって稼ぐのか?」
が問題だった…普通にコーチ、じゃなかなか生活は難しい(家族を養うには…)じゃあどうする??ということで、色々悩もう、そして、もしかしたら自分のやりたいことは変わるかもしれない、視野を広くもっていこう、と。

悩んで、悩んで、いろんなひとから話をきいて、話をして、まだ結論は出ずに…この時期に。


けど、最近はいろいろと動きだしていて、一番有力なのは…
コーチとしてお世話になって修業、講習会などにも参加したり、コーチとしての腕をあげる。そしてお金を貯める→大学院へ行き、勉強する→仕事の幅を増やして稼ぎを増やしていく。


自分への自信と、決意。

不安や恐れは、なくならないはずだ。それを、自信と、決意、踏み出したあとはなにより情熱、で乗り越える。
できないだろう、じゃあベつな道を探す、じゃなく、とにかくできると信じてやりつづける。

でしょ?(笑)

自信と、決意と、情熱。



明日はサッカーではなく、親子体操!楽しくやるぞ〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:20414677
読者になる
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる