電話相談 

December 10 [Sun], 2006, 13:26
結局またやってる(笑)
だって予感がするんだもん〜彼がワタシをとても気にしてるって←バカ。
もう新しいカノジョとは別れたんじゃないのって気さえする。

昨日は占いの先生に電話相談をしてもらった。
「恋愛日記」とゆーのを書いてる先生で、
復縁に悩む女性の方、ぜひ見に行ってみてください。
考え方が変わります。


さて、どきどきしながら電話相談。
相性は・・・やっぱり最高(笑)
自慢じゃないけど予想通り
だって自分がそれを実感してるんだもん。。(彼だってそうだと思うけど。。)

いままでとかのいきさつや付き合い方やなんやかんや、
先生とお話して、、、
たどりついたのはやっぱり、彼の性格上、自分から連絡なんてできないタイプでしょ。
そして放っておくと諦めてそのまま流されて行ってしまうでしょう。
との事に。

タイミングが重要。逃しちゃだめだ。
うまく繋ぎ止めておかなくちゃ。

よっしゃ・・・ついにワタシが本腰を上げるときがキタか?? (-ω☆)b
なんかねぇ・・急に、メールしてもいいんじゃないかって気になってきてたんだよねー。
あんなに追うのはダメ、待たなきゃって思ってたのに。。
これも、彼の変化を敏感にキャッチしてるからか・・・?(笑)
わたしもいよいよ、スピリチュアルなレベルまできたか・・・?←大バカ

自分の気持ちうんぬんより、まずは親しみやすーいカンジで、
「おいしい焼酎発見したゾ☆彡メール」を送りたいなと思う。
とゆーのも、もともとワタシと彼は趣味のように焼酎が好きで、
色んな銘柄飲んで楽しんでいたので、
彼と別れてからは深く焼酎のハナシを出来る人がいなくて困っていたのだ。(これはほんと。)

数日中に・・・久々に彼へメールを送ります!

明日は。。。 

December 07 [Thu], 2006, 22:39
私の誕生日。
一年前の事は思い出さない。思い出の中の自分は幸せすぎてツライからね。

そして明日で彼と別れて2ヶ月になります。
会社で顔を見かけることはあっても関係は切れっぱなしで、
もうメールをする事もなく、話をする事もなく。
彼が今何を考えているかなんて私には知るよしもない。

わたしの誕生日なんて彼にとってどうでもよい事となっているなら、(そうだろうけどさ)
しばらく彼の事は忘れようと思います。
いつまでも純粋に待っててなんかいない。
逃げっぱなしで、いつまでも逃げてればいい。
後悔したって遅いから。


この先、何が待ってるのか分からないけど、
想いに縛られっぱなしというのはやめよ・・・・・。

悔しいけど、悲しいけど。
誕生日前日の決断でした☆彡



ほんとは誕生日を目前にしてビビってしまっただけかもしれないけど。
メールなんてこなくて、傷つく前に止めてしまおうってね。


今年も一緒に祝って欲しかったよ。Kちゃん。

書きたいこと・・・ 

December 05 [Tue], 2006, 23:10
この2ヶ月の間でいっぱいあるんだよね

忘れないうちに今後の題材メモ、のこしておこう。

「今、行ってること」

「自分なりの統計とれた?・復縁した人、できない人」

「ILOVE パワーストーン」


あ、えらそーな事つらつら書いてるけど私自身、
復縁ってしたことありませぇーんヾ(´ε`*)ゝテヘヘ(笑)





復縁って。。。 

December 05 [Tue], 2006, 22:57
「ゼロからとゆーよりマイナスからのスタート」

だと言う(笑)

努力と忍耐が必要。焦りは厳禁だよね。

なにか行動したくなったら、それは焦りから来てはいないか、と自分に聞いてみる。
彼に電話しそうになったり、もう諦めて新しい彼を作ろうか・・と思ったりしたとき
自分に聞いてみる。

「焦って先を急ごうとしてないか?」

・・・・・そうすると私はだいたい収まる。

占い☆刀B・。・★。・。☆・刀B・★・。 

December 05 [Tue], 2006, 21:04
はまったなぁ・・・すごく。
毎日なにかしら占いをしてた。
自動だったり電話だったりメールだったり、出先では対面だったり。
四柱推命、タロット、霊感霊視、九星学、手相・・・。
色んなのをした。

なんでこういう時って占いに走っちゃうのかって、なんか支えを探すのに必死なんだきっと。
バカにする人もいるけど本人はもう必死。鑑定結果で生きるか死ぬかってくらい。
そして結果によって一喜一憂する。

私の質問は毎回同じ。

・もちろん彼との相性。
・それから、この先復縁する事はあるのかどうか。


相性とかはね、どの占いや先生もみんな一緒の答えだった。
「別れてからもいつもあなたの事を気にしている。」
「今でもあなたの嫌いなところなんて何ひとつないの。」
「相性は申し分ない。最高に楽しくて幸せだったでしょ。向こうもそうだよ」と。
ソウルメイトだと言いきった先生もいた。

ただ、二つ目の質問は二つに分かれた。

「大丈夫。放っといたら戻ってくるよ。」
「忘れた頃に連絡があるから、待ってても大丈夫よ。」
「待っててもいいかというより、彼のこと待ってなきゃだめよ。」
というのと、

「戻ってくるのに時間がかかる。しかもこの彼は同じ事繰り返すよ。
 そんな人を何年も待っていられる?新しい恋をしたほうがいい。
というの。

占いって、自分が求めるいい結果が出ればポジティブになるし、
嫌な結果が出ればネガティブになる。

そしてその逆パターンもある。
今は両方の結果を理解することができるようになった。
なんなのかとゆうと・・・

霊感霊視、タロットなどは
前向きな気持ちで占いに望むと結構良い結果がでたりする。
反対に、迷いや不安が出てる時に占ってもらうと、嫌な結果が出たりする。
最後の方はほんとにそうだった。
それに占い師さん達というのは洞察力や話術にも長けている。ある意味相手を読める。
そして、今のその人に対して的確な結果やアドバイスを話してくれる。
(あ、決して占い師さんを信じていないのではありません
一般人より霊感の方もあると思う。
だから前向きなオーラ、後ろ向きなオーラが伝わってしまうと思うんだ。
ようするに自分自身の状態によって、出る答えが変わってしまう事もあるんだろうと思った。

手相なんかは常に変わってゆくものらしいしね。
こう思うと、幸せな未来って自分で作っていける気がするんだ。

あと四柱推命とか、占星術なんかの世界。(生年月日とか出生時間とか)
これは全体的な運気を見てもらうにはいいと思う。
あと、基本的な相性もちゃんと出ると思う。
でも決まった質問に対しての答えを出すのは、この占いのみではちょっと厳しいかもしれないな、
というのが私の感想です。
どういう運気かとか、だいたいどの時期に何が起こりそうとか、
何をしたほうが良い・・・とかは参考になると思う。

なんか色んな占い師さんに話聞いてもらったり、
占い師さんのサイト見たりして思ったこと。。。
鑑定結果うんぬんより、すごく良い話やアドバイスが聞けたりするんだよね。
すごくためになった。
前向きになれる事もいっぱい教えてもらえた。
だから、やっぱり占い師さんてすごいんだよ。

しばらくはもう、占ってもらうつもりはないけど、この先また
何か迷ったり悩んだりしたときはお世話になるんだろうな☆刀B・。・★。・。☆・刀B・★・。

どうしてすぐに彼女を作ったのか・作れたのか。 

December 05 [Tue], 2006, 1:03
最初はほんと、ショックで気が狂いそうだった(ちょっと狂ってたかも?笑)

でも今はこう思う。


私と別れるのは彼にとってもつらい選択だったんだ。

もともと別れたい理由が
・求めてるものが違うと思う
・一緒にいるだけでいいとは思わなかった
・だから情はあるけど愛情は無くなってしまった
とかだったし・・・(なんだか一方的でよくわかんないけど)


新しい彼女でも作らないと、この別れには耐えられなかったんだ。
彼の性格上、きっとそうだと思う。

私達の付き合いはそれほど大きなものだったって言ってくれたよーなもんだ


今の状況。 

December 04 [Mon], 2006, 23:01
別れた頃(10月半ばくらい)に何度かメールを交わしたくらいで、
それ以降はもう全く何もない状況。
「新しい彼女の事はもう別にいい、もし私の事を思いだす時がくれば連絡をくれればいい、」など
自分の思いは伝えてあるので、これ以上追うつもりはありません。

滅多なことが無いかぎり自分から連絡するべきじゃない・・・と今は思ってる。

寂しい。会いたい。嫉妬。。いろんな感情が私に襲いかかってくる事もある。
けど平気。なぜか信じて頑張れる。


今は彼も日勤の週
やたらと服装や髪に気合が入る私(笑)
なんせあれから髪もバッサリ切ったし、
部屋を引き払って実家に帰った私は、生活費が楽になったので
欲しい洋服も前よりはガマンせずに買えるようになったし・・。
ビンボー暮らしをしてた頃とは大違い(な、はずっ!)
とりあえずでも印象を変えるのはすごく効果的なアピールなんだって

こんなイイ女振っといて、早く後悔しろよー。

10月8日、別れ。 

December 04 [Mon], 2006, 22:01
なんでこうなってしまったのか。

別れて3日後には新しい彼女ができた彼を一瞬、恨みました。
「結局自分は新しい女を用意しといて私と別れたってわけか・・・。
さんざんうちで暮らしといていい身分だよね・・。
少し前に告白されたって?一体いつ?!
私と暮らした1年て、Kちゃんにとってその程度のものだったんだ!
そんなにすぐ捨てられるほどのものだったんだ!
そんなすぐに新しい女に走れる程度の関係だったんだ!!
神様からのプレゼントだなんて、思った私がバカだった!!・・・・・・・・!!!」

頭から雷を落とされたようなショックでした。
ご飯も食べられない、テレビをつけることも出来ない、夜も眠れない、
毎日吐き気や頭痛と闘い、体には蕁麻疹が出ておさまらず、病院にも行き、
自分の精神はどこへ飛んでってしまったのか。。。
そんな日々を送っていました。

・・・・でもね、結局私は彼を憎みきれなかったんです。
やり直そうよと言った私を拒否し、新しい女に走った彼。
たしかに最近はすれ違いを感じていました。
あーこのままだとやばいな。。
なんとか二人でゆっくり話せる時間作らないと・・・。って私も思ってた。
彼も彼でずっと悩んでいたと思う。

そして新しい存在。自分に思いも寄せている。。
そっちに行けたら楽だろうな・・。
そんな風に考えてしまった弱い彼。
「逃げかもしれない」と彼自身も言っていた。


いいよ。今は逃げてもいい。
向き合って戦う気力もなくす程、悩み、疲れさせたのは私なんだね。
寂しがり屋で甘えっ子だったKちゃん、ごめんね。
あたしはKちゃんが居てくれる毎日に馴れて、こっちが甘え過ぎてたんだ。

Kちゃんと別れてからもうすぐ2ケ月。苦しんだよ。
こんなに苦しい思い、した事ないってくらい苦しんだ。つらかった。
活字では表せられないくらい。
Kちゃんのいない毎日が怖くて恐怖で体が震えた。
体の半分、取られちゃったみたいだったナ。

今は離れていてもいい。
神様がこの試練を与えてくれた。さぁ乗り越えてみせろと。
あのままの生活をダラダラ続けていてもだめだ、うまくいかなくなる、
ここらで二人を引き離して縁の強さを試してみよう。
でも普通に別れただけでは、私達はどうせすぐ戻ってしまう、
それならなんの学びもないだろう、
だからご丁寧に新しい彼女とゆうオプションまでつけてくれたんだよ(笑)
こんな事くらい乗り越えられないと、誰かと一生を共にする事なんてきっと出来ない。

これが私の出した結論。
起こったことに無意味なことなんて、きっと何一つないはず。
無意味にもするつもりもない。
あたしとKちゃんは、このままでは終わらない。
まだ、先のシナリオがあるはず。

「前が見えない後ろも見えない、歩きだすことなんて不可能だ・・、
もうこのまま、埋もれてしまってもかまわない・・・」
そんな状況から立ち上がれた私は、
彼と過ごしたあの頃に戻りたいなんて全く思わない。


彼ともう一度、一緒に歩いていく未来を目指します。
彼とまた笑顔で過ごす日々を信じてます。



復活愛のため、ただそれだけのブログ始めました。 

December 04 [Mon], 2006, 20:18
彼・24歳、私・29歳のとき交際が始まりました。
同じ会社にいながらほとんど顔も合わした事は無く、もちろん会話もした事がない二人、
たまたま一緒した飲み会で、前彼とひどい別れをしたばかりの私は酔った勢い&軽い気持ちで
彼に甘えました。慰めが欲しかった。情けなくてもその時はただそれだけでした。

それなのに・・・あぁ、この子なんて温かくて優しい手をしてるんだろう、
私がして欲しい事、私が求めているものを、どうしてこの子が与えてくれるんだろう、
知っているんだろう。。。

・・・1週間後、彼の事が頭から離れず悩みに悩んだ私は
携帯のアドレスを書いたメモを、清水の舞台から飛び降りる覚悟で彼に渡しました。

すぐにメールのやりとりも始まりその後、二人の仲は急速に近づきました。
彼も前カノと別れたばかり、「お互い、神様からのプレゼントだね」
なんて言い合っていました。
交際期間1年と約1か月、ほとんど同棲に近い状態で、
狭い1ルームに二人で暮らしていました。

「誰と付き合ってもうまくいかなかったのは、この子と出会う為だったんだ・・!」
そう思えるほど、一身同体なんじゃないかと思うほど、波長の合う人でした。
今までの人とは全く違う、深い愛情を感じさせてくれました。
もちろん彼の口から出る言葉も自分と全く同じものでした。
なにをしても楽しく、嬉しく、幸せな日々でした。

結婚するつもりでした。
彼も会社の先輩に住宅ローンや結婚の相談などをしていたし、
二人でモデルルームを見てまわったり・・。
もちろんお互いの家族も公認の仲でした。

狭いワンルームだったけど、毎日夕食作りに腕を奮いました。
私もフルで働いていましたが、その日の晩ゴハンを考えるのが楽しみでした。
彼が夜勤の週には夜のお弁当も作りました。
「いってらっしゃい☆彡」「いってきます!」
そんな毎日を送っていました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:A−0913
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
彼と復縁するその日を信じて頑張る、
そんな日々の想いです。(・´ω`・)
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる