功利主義=満足を高めるために生きる 

2004年08月16日(月) 17時13分
今日授業で習った。功利主義とは『個人が満足を高めれば社会が幸せ
になる』、簡単に言えばそんな意味らしい。なんて素晴らしいタイミング
でこの言葉を習ったんだろう。

実は昨日の夜、サマリが1枚余ってるとメールをもらったんだけど
それに行くには夏期講習の3コマ目をサボらないといけない。いくら
ダメ人間の私でも、さすがに夏期講習をサボってまで小山を見に行く
のは大分ためらいが。それに後で行けることも決まってるし。ってことで
最初はお断りした。でもお断りのメール送ってから、『2コマ目後に抜け
れば間に合うんだよなぁ。丸一日サボるわけじゃないし行って良かった
かもなぁ。』って、断ったことをちょっと後悔。そしたらそこへ『どうしても
ムリですか?』のメール。…誘惑に負けて、同行させてもらっちゃうこと
にしました。

サマリを見にいけることになったのは嬉しいんだけど、どうしても拭い
きれない『夏期講習をサボるんだ』という自責の念。嬉しさと自責に挟ま
れてモヤモヤしたまま始まった授業で耳にしたのが『功利主義』という
言葉。そうか、功利主義の世界では満足を高めるために生きることが
許されるのか!その瞬間、私の顔は晴れましたよ。ノートに小さく『じゃあ
サマリ行ってくる!』なんて落書きまでしちゃって。実に都合の良い考え方
ですねぇ…。

そんなわけで夏期講習の3コマ目をサボって行ってきました。私にとっての
初公演。テントに入った瞬間の感想『狭っ!』。想像以上に狭かった。あれ
なら最後列でも全然問題なし!で、まぁ、とりあえず思ったことは『やっぱり
小山だなぁ』ってことですかね。正直、こんな恥ずかしいこと言いたくないん
だけどさぁ。でもなんで私がブログを始めたかって好きなときに好きなだけ
小山について語りたいからブログを始めたんだよ。だから書くよ。やっぱり
小山が一番好きだ。中丸くんもごっちもキョンも光もみんなみんな好きで
できるだけたくさんの子を見ようと思ってた。だけど気付いたら小山の動き
を目で追っちゃってるんだよ。気ー持ち悪いねー。でも真剣に踊ってるのは
カッコ良かったし、ニコニコしてるのは可愛かったし、すごく楽しそうにしてた
から安心した。

古巣に戻って思うこと 

2004年08月14日(土) 17時05分
無口な岡田くんを見ると安心する。ガツガツ喋ってほしいなんて全然
思わないし、岡田くんはそのままがいい。たまに井ノ原くんとかに
『岡田はどうなの?』とか振ってもらうのが嬉しい。井ノ原くんの話の
振り方とかタイミングってさり気なくて上手いから大好き!

カミも3人とも大人になったけど、トニにとってはいつまでも可愛い存在
なんだろうなぁ。途中6人でバックステに行かないといけなかったのに
岡田くんだけ一人でメインステに向かっちゃって、坂本くんに『岡田!』
って呼び戻されてるのがめっちゃ可愛かった。前日は健くんも坂本くん
に軌道修正されたみたいだし(笑)。トニに可愛がられるカミが大好きだー。
トニ様、どうかこれからもカミちゃん達をよろしくお願いします。

やっぱりブイはMC面白いし演出凝ってるし、楽しかった!ブイと言えば
代々木って定着してるのもうらやましいなぁ。一応岡田くんのウチワ持参
だったけど、岡田くんばっかりじゃなくて6人均等に見た気がする。剛くん
はカッコいいのもいいけど、ニコニコしてるのもやっぱり好きだ。あと長野
くんが、ズボンの上にハーパンっていう衣装で出てきた岡田くんに向かって
言った『重ね着も大概にしろよ』がやたらツボだったり(笑)。小山がいないと
落ち着いて会場全体を見れていいわー。・・・なんて言いつつ、ちょこちょこ
『あ、この歌小山に合うかも』とか考えて思い出しちゃってたけど。

嵐コンVコンと入りましたが、よそのおウチにお邪魔するのはこれで終わり。
あとは本命のサマリーを残すのみ。そういや私、まだ一回もサマリ入って
ないんだな。ネットとかワイドショーとか人の話ですっかり入った気になって
たけど。嵐もフィルムフェスタもブイも行って最後サマリで締めってかなり良い
スケジュールだ!サマリ楽しみ!

ピーターパン症候群 

2004年08月14日(土) 16時59分
今、ハタチ。大学3年生。順当に進めば、2年後には大学を卒業して社会人
になっているらしい。社会人の自分なんて想像できないけど。成人式も終わ
ったし世間では私のような人間を『大人』と呼ぶようだ。でも大人になるのは
やっぱり嫌だ。いつまでも子供でいたい。こう考えるのはやっぱりピーターパン
症候群なのかな。小学生の頃高校生や大学生ってものすごく大人に見えて
未知の世界の人だった。でも実際に大学生になってみたら何のことはない
10年前より少し背が高くなって少し世の中のことが分かるようになってきた
自分がいるだけだ。つまり大人になるってこういう感じなのかな。30歳の自分
なんて想像するのも嫌だけど、でも実際になってみたら今と全然変わらないの
かも。

だとしたら、それこそ問題だ。こんな頭すっからかんのまま大人になる
なんて!小学生の頃、習字・テニス・水泳・英語…いくつか習い事をして
一番楽しいと思ったのが英語だった。中学でも高校でも英語ではそれなりに
良い成績とってた。大学受験でも当たり前のように英文科を目指して、運良く
第一志望の大学に入学できた。でも入学して1ヶ月もしない内にあっさり挫折。
周りは留学経験者とか私立で英語をみっちりやってきたような人ばっかりで
県立高校の普通科出身なんかあんまりいなかった。英文科っていう学科柄
ギャルっぽい人ばっかりだし、入学したての頃は高校に戻りたくて毎日のよう
に泣いてたな。

でも良い友達にも出会えて、1年の前期が終わる頃には学校が楽しくなって
きた。学校は楽しくなったんだけど勉強がどうにもねー。落ちこぼれ街道まっし
ぐらで。友達はみんな教職頑張ってたり英語を頑張ってたりするのに私だけ
なんもない。みんなを見習って勉強でもしようと一応机に向かってみても『小山
何してんのかな〜』とか『ビデオ見たいな〜』とかそんなんばっかで10分も集中
できない。

習い事の月謝とか学校の授業料とか、両親には今までいっぱいお金かけて
もらったのに、何も身に付かないで毎日ダラダラしっぱなしでこれはまずいわ。
ホント頑張ろ!何でも良いから最後までやり通そう!こんなダメ娘、両親に申し
訳なさすぎる。

とりあえず、部屋の片付け。

心の地図が広い人 

2004年08月13日(金) 16時55分
倫理学の授業で習った言葉。自分が心に留めてない人間は自分の心の
地図の中にいないから、そういう『心の地図の範囲外にいる人間』には
優しい心を持てないんだって。倫理学の教授は大っ嫌いだけど、授業で
習う言葉には結構考えさせられることが多いんだよな。中でもこの『心の
地図が広い人になりなさい』って言葉をよく思い出す。

『Ya-Ya-yah』とかその他各種歌番組で、自分の希望通りの箇所で小山
がピンで映ったらそれだけで『この番組最高!』とか思っちゃう。だけど
よく考えてみたら、中にはそこで自担を映してほしかったのにって人が
たくさんいるかもしれない。そう考えると自分の希望通りの箇所で小山が
映ったからって『最高!』とか思っちゃう自分は、心の地図が狭い人間
なんだろうなぁと思う。そんなこと考えてたら、今日F2で放送されたサマリ
特集でも小山が喋るたびに映るたびに気になって仕方なかった。マッスー
が小山で隠れちゃってると『マッスー担に申し訳ない』と思ったり、小山が
割って入るようにコメントすると『テレビ見てる人にうっとうしいとか言われ
てるんだろうな』とか思ったり。もう最後の方なんか『小山マイク持つな!』
とか『小山しゃがめ!』とかばっかり。あれじゃあどう見たって小山アンチだ。

だって小山が喋ったり映ったりすることで、うっとうしいと思われるのが嫌
なんだよー。それだったら他の人ばっかり映しておけばいい、小山なんか
映らなくていいと思っちゃう。ネットで『もっと自担映して!』とかいう文章見ると
羨ましいとすら思うよ。私はそんなこと言えない。・・・岡田くんの時はこんな
心配なかったのになぁ。小山担になってからの方がいろいろ刺激があって
楽しいけど、その分心配になる事も増えた。別に自分の好きなように応援
すればいいんだろうとは思うけどやっぱり気になっちゃうんだよな。難しい。

お願いだからあんまりしゃしゃんないで。うっとうしいって言われるのは嫌だ。
でもまとめ役は頑張れ。好き勝手言ってごめん。

毒を吐くのは照れ隠しよ 

2004年08月12日(木) 16時51分
岡田くん担だった頃、岡田くんに毒舌をふるうことはほとんどなかった。
せいぜい『帽子かぶらないで』とかそんなもん。でも小山にはいつも
『しゃしゃんな!』とか『しゃべんな!』とかそんなのばっかり。岡田くんが
いつも控え目で喋れって言われたって喋らないような人だから自分が
好きな人がガツガツ前に出る感じがよく分からなくて慣れてないんだ。
小山があんまり喋りすぎると他メンのファンにうっとうしいと思われないかな
とかそんなことばっかり気になっちゃう。ネットで『小山喋りすぎ』っていう
内容の文章を見ると落ち込む。まぁ本人はそんなこといちいち気にしない
だろうけど。だけど小山喋りすぎって言ったって、小山がまとめたり話を
振ったりしなきゃ他の人喋れないじゃん!・・・とか思うのはやっぱり小山の
肩持ちすぎですかね。でも小山担としてのひいき目抜きで見ても小山の
進行って結構上手いと思うんだけどな。

そんな感じで小山が喋り始めると何だか不安になってきちゃうから友達に
小山の喋りを褒められてもつい『えーヤダ!喋んないでほしい!』とか
言っちゃう。本当は小山の進行大好きだけど。『Ya-Ya-yah』での司会とか
見ても上手いなぁと思うし。

どうしてもNEWSっていうグループが受け入れられなかったあの頃、小山が
雑誌で言った『この仕事は天職だと思ってます!』ってコメントで大分気持ち
が楽になった。これは応援するしかないでしょー!って思った。小山が幸せ
なら私も幸せなんて言えるような心の余裕は今の私にはないけど小山が
楽しそうに嬉しそうに仕事してるのを見るのはやっぱり大好きだ。これからも
自信持って、もっともっと成長していってほしいな。今のレベルに甘んじること
なく常に向上心を忘れずに!

でも一重ネタと音痴キャラはいい加減飽きたぞっ(爽)☆

応援したいと思うこと 

2004年08月12日(木) 16時43分
2003年の春から秋にかけての半年間、どうしても岡田くんから小山に
降りられず気持ちがモヤモヤしてた。小山しか見えてないのに岡田くん
ファンがやめられなかった。その一番の理由は、完全にファンとしての
エゴだけど、2人の将来性の違いだったんじゃないかなと思う。V6は
デビュー当時こそ一発屋とか企画ユニとか言われてたみたいだけど
今では随分人気も安定してきた。それぞれ俳優として良い評価をもらう
ことも多くなった。もちろんこれから先もずっとずっと芸能界で活躍できる
っていう保証はない。でも、デビューして随分経った今でもこうして順調に
続いてるし、岡田くん担だった時はやっぱり人気が安定してるっていうこと
に安心してたんだと思う。

その点で、小山の場合はNEWSとしてデビューしたって言ってもいまだに
ジュニア扱いで中途半端な位置にいる。私はジャニーズJr.っていうこの
集団が好きだしK.K.Kityが好きだし、小山がまだジュニアでいることは
嬉しいんだけど。そんな感じでNEWSだっていつまであるんだか分からない
状態で小山担としてやっていく自信が持てなかったんだろう。岡田くんより
小山の方が将来性がないからなんて、本当に勝手な理由だけど。

でも小山に降りたのは『小山がNEWSとしてデビューしたから』ではない。
NEWSのデビューは今までのV6や嵐のデビューとは様子が違うって
分かってるし、NEWSのデビューで小山の将来が保証されたなんて少しも
思ってない。ただ小山に降りた2003年10月12日の感謝祭の日に思った
ことは、芸能人としての将来性とか全然関係なしに、純粋に岡田くんよりも
小山を応援していきたいってことだった。


私のジャニ歴(前編) 

2004年08月11日(水) 14時48分
ジャニ歴といっても岡田くんと小山の二人しかいないわけですが。自分の記憶
の整理のためにも、岡田くんを好きになってから小山に降りそして現在に至る
までを記してみる。

私のジャニ歴(後編) 

2004年08月11日(水) 13時28分
いつの間にかKKKの中でも特に小山を好きになる。ジュニアについて大分
詳しくなり、ジュニアの番組は忘れずに見るのにV6の番組を見忘れても『まぁ
いいや』と思うようになる。それでも小山に降りる勇気はまだない。
2004年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:2003-10-12
読者になる
Yapme!一覧
読者になる