うさぎ 

2011年09月08日(木) 22時09分
うさぎ可愛い。

お茶飲んでる!!

大馬鹿者(怒) 

2011年03月17日(木) 16時04分
今日、買い物に行きました。スーパーの店内は、節電のためにいつもよりも薄暗かったです。募金のお願いの声も聞かれたりしています。
日用品のコーナーが空っぽになっていました。買い占めなんでしょうか。
情けないです。被災者の人たちの生活を考えれば、こんなことはできないはずです。
色々な事情があって、万が一に備えたいという気持ちはわかります。
でも、なぜ今なんでしょうか?
この時期なんでしょうか。
強い怒りを感じます。
自分さえ、良ければ良いのでしょうか。
毎日、生活が出来ている人間こそが、今、日常生活に節約すべきではないですか。
口では、かわいそうだとか同情しているようなことを言っていても、自分の身を守るための行動を取る大人を子供たちはどう思うでしょうか。
こんな時だからこそ、その人の人間性の根っこが現れるのだと思います。
今、買い占めに走っている人たちに言いたい
恥を知れ!
あなた達は、自己保身のことしか考えない身勝手な人です。
被災者に少しでも想いを寄せることがあるのなら、自分の恵まれた生活を改めなさい。
何も出来ない私たちにできるのは、それくらいしかないことに気づいてください。
それが、共助です。
もしあなたが道で倒れたとき、きっと誰かが手を差し伸べてくれるでしょう?
それが、助けあうということです。
いまは共に助け合う時なのです。
備蓄は今でなくてはなりませんか?
もし、私が今被災したとして、備蓄の物資がなくても私は後悔しません。
どうぞ、どうか、不自由な生活に耐えておられる人たちのことに想いを寄せてください。
お願いします。

ご無沙汰してしまいました。 

2011年01月14日(金) 18時59分
ああ、なんでこんなに月日が流れてしまったのでしょう
いったい今日まで、何をしていたのだろうか。
ブログのことなんて、全然思い出しもしなかった。
浦島太郎みたいだな。5月だよ  最後のブログ

とりあえずは、また再開だ!
今年の夏は酷暑だったけ
だけど、今は寒いよー
明日からセンター試験だって ああっー
何してたんだろ
受験生のみなさんごめんなさい。
雪が降るかもしれないから、気をつけてください
試験受けるまえに滑ったんじゃ、へこむからね。

自分の日記で書き始めたのに
あああッー
情けないわ

マダムシンコ 

2010年05月03日(月) 15時32分
毎週、グリーフケアのお勉強に大阪まで通っているのですが、
何せお金がないので毎回新幹線通学というわけにもいかずに高速バスの利用を
することが多いです。
バスの到着時間が授業時間よりかなり早く着いてしまうので、駅周辺の百貨店でぶらぶらしています。

先日もデパ地下食料品フロアーをうろうろしてたら、ぬぬぬ行列が。
時間もあるし、なんだかわからないけどとりあえずぽち子も並んでみました
お店はマダムシンコ?
以前京都旅行でテレビ見てたら、この店紹介してたっけ。
などと思いながら、バームクーヘンをお買い上げしました。

今から授業があるのに、こんなもの買ってしまい少し後悔もしたのだけれど、
これがなんとうまいではないか
帰りの新幹線の中で、となりのおねいちゃんの冷たい視線を感じながら、食べちゃった

やはり行列は見掛け倒しじゃないなと感心したぽち子でありました
地元の子は「結構甘いから好みがあるんですよ」って言ってたけど、
ヨーロッパのデザートといわれる食後のケーキより、ぜんぜん甘くなんかないぞ

グリーフケアのお勉強 

2010年04月11日(日) 14時47分
やあい
大変です
ぽち子の住むところからグリーフケア研究所まではかなりの遠距離です。
新幹線や高速バスを使って通います。

初回の授業でしたし、慣れない土地なので今回は宿泊しました。
もともと、枕が替わると寝れないたちなのでやはり前夜は眠れませんでした

でも新しいことを学ぶことは楽しいことです。
受講生の皆さん、年齢も職業もさまざまなようです。
まだ、皆さんと仲良くお話などできなかったので、よくわかりませんが。

多分、これだけの遠方から通うのはぽち子だけだとは思いますが。
毎週、通うとなるとかなりの経済的負担は大きいです。
なので、体力や気力というよりお金がなくなれば、受講ができなくなるでしょう

でもね、この講座を学ぶ人たちってすごいなと思ったことがありました。
1つ ぽち子が遠方から通ってくることをお話すると
なななんと、2人の方が
「家に泊まればいいよ」と言ってくださったのですよ
2つ 土地勘のないポチ子に高速バスの集合場所まで付き合って、
学校からそこまで同行してくれたのです。
すごくないですか
もう、感謝感激でした。
まだ、見ず知らずの凶悪犯かもしれないポチ子のために

ポチ子はひねくれものなので、人間不信みたいなところが多々あるのですが、
もう完全にまいりました。

こういう方たちが、日本の良心を支えてくれているのだと思いました。
はい。
ポチ子もこういう人間になれるように、心を入れ替える所信でございます。

夕べ、遅くに帰宅し、また水曜日にはお勉強に行きます。
水曜日は新幹線で帰るしかないのですが、なにせけちけちのやりくりなので
帰宅するのは、日付をまたいでしまいそうです

ポチ子の自宅の桜は葉桜になってしまいましたが、
学校の桜はまだ、薄紅でとてもきれいでした
今年の桜も見ることができて、感謝感謝です
いろいろなことに心から感謝することのできた2日間でした。


お花見 

2010年04月03日(土) 15時26分
お花見してきました。
寒い
毎年のことですが、花見の時期はまだまだ冷えますね。
今日はまた風も強くて、特に寒かったです。

お弁当持って、ひめと、とのと、まあちゃんと4人で、近所の公園へゴー
ちなみにひめは9歳の柴犬でとのは6か月のミニチュアダックスです。
まあちゃんは、24歳の女性です。
昨日、急にまあちゃんが花見に行こうというので。
桜は相変わらずきれいで、桜のトンネル歩いてると
吉永小百合様になったような気分です
小百合様は犬のうんこ持って歩かねえかあ
お弁当食べてても寒いし、犬たちも帰ろうと言うので、
早々に帰ってきました。

そういえば、まあちゃんも昨年エーゲ海の14日間の旅行に行かれました。
船籍がアメリカだったので、食べ物の量質ともにかなりの濃さだったようです

ヨーロッパはあまり味の濃いものとか大量のものとかは無かったです。
多分、ツアー用にレストランと交渉してあったんだろうな。
ハンガリーの市場で買った、エクレアは1つの大きさが、日本の3倍はあったから。
ぴぃちゃんと二人で1つ買って十分だったもんね。
今回のツアーは全食付きだったから、個人でレストラン入って現地量の確認ができなかったのは残念。
 

クルーズだったので、ドレスコードとかあって、普段は着ないようなフォーマルドレスやら
パンプスなども持っていかなきゃなんないので、大荷物でした。
まして14日間という長旅だからね。

船旅って一生に一度は行きたいですよね。
基本的に食事も付いてるし、宿泊ホテルが変わるわけでもないから荷物は部屋から動かさなくていいし。
エンタメも超一流の人たちのショーが見れるし、
プールやらジムやら映画館やらで、毎日時間が足りないくらいなんだと。
うらやましいぞ。

スペインのバルセロナから出港して、エーゲ海の島々まわって、エジプトとかの周辺国めぐりの
なかなかの旅だったようです。

機会があれば、ぽち子もアラスカクルーズとか行きたいな。
まだ浦安のジャングルクルーズしか行ってないから


お国柄 

2010年04月02日(金) 17時31分
海外に行くには、それなりの時間がかかってしまうわけです。
当然。

今回の旅行は中欧だったので、フランクフルトで乗り換えてウィーン入りでした。
ぽち子たちの飛行機は時間がかなり遅れていたので、フランクフルト空港で夜明かしの可能性
もありました。
添乗員さんいわく、ツアーの半分が乗り継ぎ機に乗ってあとは空港でまちぼうけ
って可能性もかなりあったようです。
結果、無事に全員が移動できたのですけどね。

本来ならドイツの航空会社でウィーンまで行くはずだったのですが、予定の飛行機は
もう飛んでいるわけでした。
(ドイツといえばルフトハンザ航空ですわね)
フランクフルトからウィーンまではオーストリア航空でした。

オーストリア航空のキャビンアテンダントさんたちにびっくり
なんと全身真っ赤かなんだぜ。
靴もストッキングも帽子ももちろん制服もだよぉ
それにとてもフレンドリー?でぽち子の前の席の若い兄ちゃんたちと大声で笑っているのだ。
長旅の疲れがあの真っ赤で一瞬吹っ飛んだよ。

ルフトハンザのCA なんか、もくもくと自分の任務を遂行します。って感じだった。
なんだか、ドイツ人って生真面目なんだなと関心してしまいました。
あんまり、愛想なかったけど
日本人スタッフもいたんだけど、感じわるかったわ。
ぴぃーちゃんなんか光が差し込むから、窓のブラインド閉めろって言われてたもん。
なんか、いやいや仕事してるみたいだった。
激安ツアーの客だったからかね?

帰りは国内(ヨーロッパ)も帰国便もルフトハンザだったけど、日本語きれいに話すドイツ人CAさんが
とても感じよかった。

ウィーンの町でコンサートのビラ配りのおじさんなんか、
ぴぃーちゃんつかまえて、「オオサカ」「ウメダ」「コウベ」とか連呼して
終いにゃ、ぴぃーちゃんと写真におさまってるし

ちょこっとだけだったから、断定しちゃいかんだろうけど
ドイツ人の素朴さとか几帳面さ、
オーストリア人の奇妙なテンションの人懐っこさみたいなことを感じたのでした。

おおげさだけど、先の大戦で日独同盟組まれたのなんとなくわかるわ。
シャイな日本人じゃ、オーストリア人のイケイケにはついてけないだろうから。
でも、おもしろいぞ真っ赤かのオーストリア航空









親切ハンガリー兄ちゃん 

2010年04月01日(木) 12時29分
ブダペストで自由時間があり、ぴぃちゃんと市内観光へ繰り出すことにしました。

あっ、ぴぃちゃんというのはですね。
今回の旅行に同行してくれた20歳の女子大生です。
現役女子大生だし、困った時の通訳になるかなと

前の晩にホテルに置いてあった観光地の割引チケットを集めてどこへ行こうかと策をねったのですけど、
あいにく翌日の月曜日は美術館とかの主要な場所は休館日でした。

仕方ないので現地の中央市場で民芸品やら食料品を見て回ることにしました。

さあ、出かけるぞと勢いよくホテルを出て地下鉄の駅へ
ところが添乗員さんが言ってたきっぷの買い方がちがうじゃないか。
切符の販売機で英語表示に切り替えて、料金を払えばオッケーって言ったのに。
英語表示なんてどこにもないぞ。

あら、現地人は販売機じゃなくて切符売りの兄ちゃんから買ってるぞ
ぽち子たちもそこで尋ねてみることにしましたわよ。

なんてことでしょう
売り場の兄ちゃんにエクスキュウーズミーと言ったが、それすら通じない。

あわてている兄ちゃんは、仲間なのか友人なのか、離れた所にいる別の兄ちゃんを呼んだ。
愛想よく、でもちょっと緊張気味の呼ばれた兄ちゃんは英語で話しかけてくれた。
しかし、兄ちゃんもあまりイングリッシュは得意ではないようだ。
まあ、ぽち子たちと同じ位のレベルだなぁ。
この時ほど英語が懐かしく思えたことはなかったです。
はい。

でも兄ちゃん一生懸命に切符の種類やら、地下鉄出てからトラムに乗り換えると便利だとか、
トラムの47か49に乗ればいいとかを説明してくれた。
たかが、市場へ行くだけなのにホンとに有難い。
旅先で受ける恩は涙ものです

結局、兄ちゃんが勧めてくれた1日券?は時間がないからやめて
往復券を買った。

地下鉄の改札には警備員が無駄に数人立っていて、いちいちチェック
一応打刻する機械には切符を投入するのだが。
帰国してから地球の歩き方を見たら、切符が違ってたらその場で有無を言わさず罰金だそうだ。
それも現金で。


切符ひとつ買うのに、こんなに苦労するなんて
改札抜けて、エスカレーター乗ったら奈落の底に落ちてきそうな急勾配
あんど、長い。
どこまで掘ったんじゃ、ハンガリー人

ゆるゆる体操 

2010年03月31日(水) 15時13分
そうそう、忘れてました。
腰イタですけどね。
2回目の治療を受けに行きましたよ。

1 宝石岩盤浴という暖めベッドに20分程寝ます。
2 先生に今の体の状態をみてもらい、ゆがみの場所などの施術を受けます。
3 自分でやる体操を教えてもらいます。
 (座ったままとか寝転んでやるので苦にならない)
以上。
その間は痛いことは一切やりません。
だから、痛くて仕方ないという人にはお勧めだと思いますよ。


ぽち子はなかなか優秀だそうで、あと2回で終了だそうです。
1回4000円だから、医者に行くよりは高いですが漫然と通院するよりは良いかな。

ぽち子も騙されたと思っていきましたが、これはいってみる価値はありそうですよ。

ぽち子の通院先の先生の先生は、あの超やんちゃ発言の元柔道の石井クンの
治療とかもやってる人らしい。

今、ぽち子は普通に動けるようになりました。
骨盤のゆがみと背筋のはりでねじれがおきているとのことでした。

またまたチェコビール 

2010年03月31日(水) 14時17分
チェコビールは日本で買うと高いから、あきらめていたのですが、
なななっなんと、ぽち子御用達のイオンにあったー
灯台下暗しとはこのことだね。
バドパーっていうやつなんだけど、299円ですよ。
まあ、日本製よりは高いんだが。
こいつを現地で買うと、1本150円くらいなんですけどね
まあ、輸入代理店通してだから、仕方ないよね。


早速飲みましたがな
うん、うん。
ピルスナーの味ですね。
うまいんだが、やっぱりもともとはプラハ市内で作っているスタブロメンだったけスタメンブロだっけ?
(品名もうろ覚えになってきたわ)
あれが、ほしかったのです。
しかし、以前見かけた輸入物はお値段高いし、売り切れだし。
現地では、これが一番安い代物だったのにぃ
仕方ないから、正月になったら買うことにするよ。

実はぽち子はアルコールがだめなのです。
アルコールの耐性テストなんかだと、真っ赤になってしまって。
検査の人に「酒は飲まない方がいいですねぇ。気分悪くなるでしょう?」とか言われて気の毒そうな顔されます。

しかし、ですね。
世の中酒好きなのに飲むと体調崩してしまう人って、結構いるんじゃないかな。
飲みたいのに飲めないなんて、悔しいですよ。
飲みホとかしてみたいもん。

日本人はもともとアルコールの処理能力が弱いんだと。
欧米人並の処理能力を持ってる人は人口比でも少ないらしい。
これが、もっと大酒飲みが多いとアルコール依存症によるさまざまな社会問題が増加してしまうんですってさ。
まあ、犯罪も増えるつうことかね。
日本の平和は、大酒飲みが少ないことによって保たれているのか。

ぽち子の友達にも酒の席で、ほんとのばかにばかと言ってしまって干されてしまったのがいますが
そいつなんかは、酔うと暴力も振るうので下手すると犯罪者のおそれあり。

というわけで、何せぽち子はチェコビールが無性に飲みたい。
ボヘミアンになりたいぞ
誰か、チェコに行く人がいたらぽち子にも買ってきておくんなさいましよぉ


2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽち子
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
最新コメント