グランビルの法則って?

April 05 [Mon], 2010, 19:58
グランビルの法則とは、アメリカのウォール街にある通信社の記者であったグランビル氏が開発したもので、移動平均線とローソク足の関係から相場の転換ポイントを予測する方法です。

グランビルはチャートの分析を研究し、チャートに関する色んな投資のテクニックを身につけ世に広めました。


「グランビルの法則」は日本では60年代中頃に出版された『グランビルの投資法則』という本の中で紹介されたのが始まりと言われています。

私自身は、このグランビルの法則を始めて聞いたのは株投資を始めて1年ぐらい経ってからでした、チャートは見るけどよく見方がわからないので、インターネットで色んなチャートの見方の情報収集をしていたときに出会いました。


必ずこの法則どおりになるから買うとか、完全にチャートに頼ってしまうのは危険ですが、相場の方向性を予想するにはもってこいのチャート読解法といえますので、しっかり身につけた方が良いでしょう
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/1xv9syt4/index1_0.rdf