静かで、私は永遠に維持する感じを期待します

September 27 [Fri], 2013, 20:23
は自分が間もなく西南財経大学に入ることを知ってから自分の大学院生の旅は始まって、私がずっとこのような1種の感じを探しているのが静かです。これは1種私がこの話は私も私達の金融工事061クラスの卒業夕べの上で言ったことがあります。今、私はとても楽しくて、私がこのような1種のお久しぶりですの感じを探し当てたためです。1年のみんなの公認の変態の類の大学院を受ける生活を通して、私は自分の夢を実現して、いかなる人見たところ、私はみごとで、私自身も決して否定しません。偶然の機会、縁があって某会社に知り合いになって、また私の働く生活を始めました。3ヶ月になって、中間は事が発生して多い、私を応接にいとまがなくならせて、私を時間が自分の生活の中のいくつかのものを考えることがなくならせて、だんだん私は自分を見失って、見失って自分で夢の道中を追跡しています。失って必ず得るものがあって、1年の一生懸命にやる学習、私に堅持、集中、をマスターして献身的で、強靱にならせる。私が獲得した後でで、内心は感動したので、これは過度に非難すべきほどでもなくて、しかし静かなのさえ失って、それはつまり一大は残念に思います。言うなれば同じくおかしいと思って、意外にもチリ軍この間で部屋のこの時間、探してきました。静かで、私の落ち着いていることの、充実させることの楽しくて幸せな感じを譲って、私は永遠に維持することを望んで、もうなくしません。少し前に、チリ軍と一緒に理想を探求したことがあって、価値観の問題と夢想して、もとは自分のとても明らかな自分が何が要るかと思って、しかし本当に真剣に考え始めてずっと私の質問したこのやつに説得することができません。私は私の当面するべきななことを思って、自分の楽しみのため、興味と人生の目標努力、自分の興味と特技を発見することに優れて、絶えず自分を越えて、自分に属する道の上で求めることに成功します。私はやはりあの言葉の想像がひとつ私の世界がないことをかたく信じて、と対比を作り出す私の世界がない私の世界がある譲って、make a diference,人生の影響力の最大の化を。I went to the woods because I wished to live deliberately,to front only the essential facts of life,and see if I could not learn what it had to teach,and not,when I came to die,discover that I had not livedは金輝にお礼を言って、チリ軍にお礼を言って、永武にお礼を言って、娟子、譚波、朱琴、文君、が偉、王wei、秋を占めることにお礼を言って、私のすべての親愛なる友達にお礼を言います!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/1vs3t5c/index1_0.rdf