地震保険の付帯率について

February 14 [Mon], 2011, 16:58
ものすっっっっっごくお久しぶりです
ブログ更新サボっててすみませんでした!!!!!!!

最近忙しくて…と言い訳してみます。とにもかくにもごめんなさい

さて、久しぶりのブログ1発目は…「付帯率」についてです。


地震保険の付帯率とは、当該年度中に契約された火災保険に地震保険が付帯されている割合をさしています。(店舗用の火災保険契約は除きます。)

さて、2009年度の地震保険付帯率は46.5%となり、2008年度と比較して、+1.5%となりました。

都道府県別では

@ 高知県75.4%(+2.8%)…南海地震の被害が懸念されています。
A 宮城県66.9%(+4.0%)…宮城県沖地震の被害が懸念されています。
B 愛知県64.2%(+0.9%)…東海、東南海地震の被害が懸念されています。

が付帯率の高いトップ3都道府県となっています。いずれも、大地震の発生確率、大地震に対する防災意識ともに高い地域といえます。

一方、付帯率の低いワースト3となる都道府県は

@ 長崎県29.5%(+2.4%)
A 群馬県32.7%(+1.3%)
B 長野県33.9%(+3.2%)

なんですね

このうち特に、長野県は静岡糸魚川構造線が県内を縦断しているにもかかわらず、なぜか火災保険の地震保険付帯率が低いのです。

(出展:損害保険料率算出機構)
http://www.nliro.or.jp/news/2009/090819.pdf


なぜなのでしょう…??
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:1shinsai
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/1shinsai/index1_0.rdf