イベント開催にあたって

March 01 [Sat], 2014, 15:16
何もないところからのスタートが多すぎた。

分岐点

March 01 [Sat], 2014, 14:50
自分の将来についてすごく悩んでいる。
小さい頃には考え付かなかった、難しい問題である。

夢を追いかけるべきか、置かれたところで咲く努力をするべきか。
ここ最近はずっと考えている。

決意

January 01 [Wed], 2014, 0:29
明けましておめでとうございます。
本年は、勇気を出していろんなことに挑戦していく
そんな一年にしたいと思う。

2013年を振り返ると、色んなことがありすぎたとしかまとめられない。
学生時代の閉鎖された世界とは違う、出会いが沢山あったし
社会人としての責任を実感する機会にも恵まれた。

色んな理由で、色んな感情で、たくさん涙を流した一年だったかもしれない。
10代の頃より、何と涙腺が弱くなったことか。笑

辛い経験を何度も重ねてくると、人の痛みを自然と考えられる人間に
なっていけるという事だろうか。

・頼れる人がいなくて、板挟みになっても誰にもすがれない苦しさ
・大好きだった場所が、やむを得ずなくなってしまう悲しさ
・理由も明かされないまま、突然去られる辛さ
・人並みの微々たる努力だったけど、積み重なった努力が達成された嬉しさ
・作品で描かれる、恋人たちの切なさ
・裏切りによる人間不信、仕事へ対するもどかしさ
・共に励まし頑張ってきた人が一足先に離脱する寂しさ

もっともっと色んなことで泣いていたかもしれない。
いっぱい泣いたけど、それを踏み台にして
自分の居場所を作り上げてきたと思う。

昨年は、暗い感情の涙が多かったから
今年一年は、同じ涙を流すなら明るい涙を流していきたい。

すでに幸せな予定が3件確定済みだし、
色んなことに挑戦する計画も昨年から考案済みである。

だから、それらをこの1年でどれだけ実現することができるか。
それは自分自身との勝負になる。


思うままに、やってみる。
馬のように颯爽と草原を走り抜ける。歳女だもの、なんて。

今年も一年、たっくさんの人との出会いを大切にして
自分自身も大切にしていきたい。
大好きな人をめいいっぱい幸せにできる一年になりますように。

pop職人

December 15 [Sun], 2013, 21:29
私には夢がある。
やりたいことが沢山ある。

私は取りあえずpop職人を目指す。
そして50歳には絵本作家デビューをする。
50歳までに時間がない。
つまるところ、早く技を磨かなくてはならない。

現在のアート力は、レベルへっぽこである。頑張る。

大学生時代、書店でアルバイトをしていた。
その時の経験を経て、今の夢を見つけることができた。

昔から落書き程度のイラストを描くのは好きだった。
3か月だけ美術部でもあったし(何の自慢にもならない)
小学校の頃は、図画工作が一番大好きで
センスもある方だったんじゃないかと思う。たぶん。

文章での表現は、あまり得意ではなく
それにも拘らず、もろ文学系の大学へ進学。
なんやかんやで、言葉の表現を学び
それゆえか、ダジャレを考えるのが好きになった。

この私の昔話が、私の目指すところのpop作りにリンクしている。
絵と文の表現力、その他諸々がpopには重要で
直観と技術とセンスで、書籍がバカ売れしたら
私の夢は取り急ぎ叶う事となる。

そんな目標を目指して
学生時代には手を出さなかった「コピック」というペンを買ってしまった。
文房具屋さんに行ったら、三種類くらいあって戸惑った。

昔から存在を知っている、一番高いやつを買ったけど
次回からは、ワンランクお値段の安いやつを購入したいと思う。お財布が泣く。


Kotodama

December 15 [Sun], 2013, 21:08
誰かに見つかるまで、自分の好きなことを書いていきたい。
自分の考えを残していきたい。

占いやスピリチュアルはどこか信じられないけど
「ことだま」はなぜか信じ込んでいる節がある。

誰かからの批判や否定、あるいは共感があるかもしれない。
だけどそれは関係なくて、私は私の考えや考えの変化を残していきたい。


振り返ることで自分の成長に繋げ、成長を確かめたい。
数年前に少しだけかじったこのブログを、再開した今日。
夢へ一歩近づいた今日だといい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:RRR
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
P R
カテゴリアーカイブ