雇用保険の受給資格とは

失業保険で自分だけ損しないために

雇用保険、失業保険の受給資格として、まず保険に入っていなければ話になりません。
毎月保険料を納めておかなくては失業手当・求職者給付金をもらえるわけはありません。
ただこの点は会社員なら大丈夫でしょう。

あとは、週20時間以上の労働で6か月、または12か月の勤続年数が必要です。

6か月というのは会社都合退職の場合で、
12か月というのは自己都合退職の場合ですね。

ここでも会社都合にするメリットがうかがわれます。
自分から会社を辞める場合でも会社都合退職にできる方法はありますので、
調べておかなければ損をするかもしれません。

失業保険で自分だけ損しないために