砂漠の、

September 09 [Thu], 2010, 22:34
どんな風に見えてるのかしりたい、
たとえば風がつよい冬の夜が、どんな風に見えるのか、とか、
それが俺にも見えたら、きっと冬が嫌いだなんていつまでも言い続けてるのが馬鹿らしくなるんだろう
ほんとうはもう冬を嫌いだなんて思っていなくて
きっと忘れてしまいそうで怖いから、そうやっているのだとおもう
だけど忘れたらだめだよ、忘れたらだめだー
冬は嫌い、
冬は嫌いだ。

留守番

September 05 [Sun], 2010, 19:34
縞田ハイツに引っ越しました。
実家に一人で暮らしていたことはあったし、そこに友達が住み着いてたこともあったけど、
家を出るのも初めてで、家族以外の誰かとちゃんと一緒に暮らすのも、これがはじめて。


一人なら一人でいることはさみしくないけど、二人になると、とたんに一人でいることがさみしくなるね。
帰ってきたときに飯でも用意しておけば気がきいていると思ってもらえるのだろうか、とか
風呂沸かしておいた方がいいのかなーとか、
なんか考えてることがお花畑すぎて、浮かれてるなーと思う。
多分この先もずっと浮かれたままなんだろう。
あー、はやくかえってこないかな、はやくはやく

土曜日

July 10 [Sat], 2010, 19:27
帰り道に音楽を聴きながら歩いてたら、急に人恋しくなってしまった。
何年前かの冬の夜にもこんな気持ちのときがあって、そのときは今日みたいに会いたいなんてとても言えなくて
泣きそうになりながら歩いてたのを思い出した。
冬の靖国通りで、寒くて、息が白くて、そのとき聞いてた曲まで覚えてる。


全部俺のになったらいい。
ずっとずっと欲しかったから、もっともっと、全部俺のになったらいいのに。

目を開けたままで眠ってるみたいだ

May 22 [Sat], 2010, 23:10
名前を並べたときの感じが、なんかすきだと思った。


へこんでばっかりでつまんないことばっかり考えてたけど、一緒に居たらそういうのぜんぜん浮かんでこなくて、すげーなと思った。
鎖骨のところがざわざわするこの感じを、きっと好きって言葉で表すんだろうって思ったら、なんだかそわそわして、じっとしてられないような、くすぐったい気持ちになった。


いろんなものを見に、一緒に散歩しに行きたいな。
隣に並んで歩いたら、きっといろんなものが見えて、きっと楽しくて、きっと幸せで、きっとずっとそうしていたいって思うよ。

壊れそうなほど何度でもドアをたたくよ

May 17 [Mon], 2010, 20:21
やらなきゃいけないことがたくさんあるんだけど、たくさんありすぎて結局ほとんど手付かずのまま次の日を迎えてる。
なんとかならなければ改めようもあるんだけど、それでもなんとかなっちゃうから厄介だな。
前に知り合った手相占いで食ってる人に、「実力はないけど運と周りに生かされているし、これからもそうやってうまく生きていける」って言われたことがあるのだ。
実力ないのはしってるけど、そんなさらっとひどいこと言わなくても^^^
まぁそっちはいいとして、もしほんとうにそうなら、俺は周りの人にたくさんありがとうを言わなくちゃ。
ちなみに生命線だっけ?それは20歳くらいで切れてるらしいので、そろそろやばいかもしれない^^^
たくさんうまいもの食ってたくさん楽しいことして、たくさん思い出にならないと。


誰かに思い出してもらえることがうれしい。
たぶん俺が動く全部のことの原点はそれなんだとおもう。
どうしてそうやって思い出してもらうことに執着してるのか、自分でもよくわかんないんだけど。
そんで、思い出すこともすき。
思い出を取り出して、眺めてるのがすき。
ほんとうに小さなものでも、思い出にしたいものは取っておいてるから、そうだなぁ、ちょっと気持ち悪いのかもしれない。
誰にってわけじゃなくて、ただそこに俺がいたからって理由でもらったものなら、少しもためらわないで捨てることができるんだけど。
俺にって、選んでくれたものなら、それがどんなに小さくてくだらないものでも、捨てられない、大切にしたい、そんで後になって思い出して、うれしい気持ちになるのだ。


うわべだけ話したら、きれいごとみたいに聞こえるな。
それでいいよ、本当は汚い気持ちだって、知ってるのは俺だけでいいのだ。


今この瞬間、きっと誰も俺を思い出していないから、だからきっと俺は今、いてもいなくてもおんなじなんだとおもう。
だけど誰かに思い出してもらえるほどのものを、俺はひとつだってもってないのだ。
思い出してもらいたいだなんて、よくばりすぎて吐き気がする。




ちょっと気を抜くとマイナス思考になるのをどうにかしたいです。
誰かと一緒にいたらそんな風にならないのに、ひとりだとどんどん落ちていってしまう。
誰かに救い上げてもらえるのを待ってるのかっていうと、そうでもなくて、
落ちているところを見られるのは怖いから、知られたくなくて、
だけど知ってほしくて
ただへらへら笑ってるだけの俺でいたくて、だけどできなくて、
なんか自分でもよくわかんねーなぁ。
とりあえず
明日もその次の日もその次の日も、
しんどい。
やだな。

五月病

May 12 [Wed], 2010, 20:09
なんだか疲れてしまった。
これが5月病ってやつかな、5月生まれなのにー。


なんか、なんだか、ほんと、つかれた。
何がとかじゃないけど、なんか、ね。


さわってたい、何かをこう、ぎゅううっと。
そんなだからこないだバイト先の子に「いちいち触りすぎ!」って言われたよ。
さわらせてよー、癒して(´・ω・`)
もともとそんなに人にさわったりしない方なんだけど、最近っていうか、ここ1ヶ月くらいで急激にさわりたい衝動にかられてるのだ。
人に触るのってなんか遠慮しちゃってたし、触っていいものなのかもわかんないし、だったんだけど
もうそんな思いより触りたい衝動の方が完全に勝っちゃったね。
触られるの嫌な人はあんまり近くに寄らないほうがいいかもー(´-ω-`)
べつにエロいことはしないからそこんとこは安心していいです。


あーあ、・・・あーぁあ。
ぎゅうっと、でっかいわんこを、ぎゅうっとしたい。

あの月まで行って、帰ってくるくらい

May 10 [Mon], 2010, 0:47
そわそわして眠れない。
見せられたらいい、どういう風に、どのくらい、きみをすきだか。
あきらめないのって何人かの人に聞かれてきたけど、あきらめるとかあきらめないとか、そんな風に好きなんじゃないんだよ。
だからやっぱり見せてあげたい。
もうずいぶん前から、ずっとすきだと思ってる。


どうしたいとかどうなりたいとか、考えたことないって言ったら嘘だけど、
すきで、それだけで、なにも返ってこなくても、それでも、


はー、そわそわするなぁ。

結局目が覚めたら手付かずの世界がまた始まり

April 18 [Sun], 2010, 7:12
久しぶりに電車に乗って出かけてきた。
この間母さんを電車で病院まで連れて行ったけど、それ以外ではほんと1ヶ月ぶりくらい。


久しぶりに出かけたと思ったらまんまと朝帰り^^^
六本木のオープンカフェで待ち合わせて、飯食って展望台に行ってフラフラ何買うわけでもなくぶらついて、お茶して映画見てバーみたいなとこ行って、そんでカラオケオールっていう、ちょっと聞いたら初デートでちゅーくらいはしそうなことを幼馴染の男と二人でやってきた(`・ω・´)
わりと幼馴染とこういうデートみたいなことをするのが好きです^^
遊園地行ったりドライブ行ったり映画館行ったりそういうの^^
一昨年くらいには半同棲してたり誕生日またいで二人で旅行行ったりしてたから完全に付き合ってると思われてたけど、最近は月1で会うか会わないかだなー。
倦怠期か(´-ω-`)
まぁそんなアホな話はいいや。


今日変なTシャツ買った^^
ブラインドのプリントのTシャツなんだけど、ひも引っ張るとブラインドあげられんの^^^
すげー気に入ったからしばらくはいっぱい着ると思う(`・ω・´)
はー、いい買い物した!

君のことをおもったりしてます

April 04 [Sun], 2010, 2:43
最近夜時間があるときはちょこちょこ談話に顔だしてるよ^^
はるかが居るときか校舎前に誰も人がいないときにしか行かないけど^^^
ここんところ山本先輩にもよくかまってもらってる!
こないだは談話で侑にも会えたし、充実だなー^^ へへ


学校には気分がいいときにしか行ってないんだけど、それでも好きな人たちに会えると安心するし癒される。
話してるだけで、どころか、顔見ただけでだいぶ癒されるから、そうしてるうちはなんか穏やかな気分。
最近すさんでる気がするから癒しのパワーをチャージしとかないと(`・ω・´)


こないだ書いたピアスホールは、腐り止めの薬もらったから大丈夫そうだよ。
心配してくれてありがとう。
ただやっぱりホールは閉じちゃうから、すげー寂しい。
耳下にして寝ると痛いのが最近の悩みかな。
それから、相手の子とはもう連絡とってない。
どう接したらいいかわかんないから、連絡来ないのちょっとほっとしてたりして。


はー、春だね。
春なのに今日とかすーげぇ寒かったけども(´・ω・`)
でも桜が咲いてきたのとか、なんか嬉しいな^^
桜が咲くと思い出す奴がいるんだけど、なんでなのかなー。
名前?そんな単純な理由かなー、むー(´-ω-`)
去年、違うな、一昨年?その前だろか、俺ガッコ辞めてて、そのときに、靖国神社で一人で花見しながら、そいつのこと考えてたのを覚えてる。
だからきっと、それで今も桜見ると思い出すんだろう。
気が多いってわけじゃない、と、・・・思うんだけど
でも、好きな奴がたくさんいる。
幸せだと思う。
春はすきだなー、ずっと春ならいいのに、ずっと春なら、ずっと幸せな気分なのに。

深読み、深読み、深読み。

April 01 [Thu], 2010, 22:32
今日は4月1日。


もうずっと前の4月1日に、そのときに好きだった人に、本当のことを教えてもらった。
もうずっとずっと前の話だけど、もうずっとずっと、ずっとずっとずっと好きで、すきで、すきですきですきですきで、すきな、ひと。
だから本当のことを教えてもらって、ごめんね、嘘じゃないのって言われたとき、目の前が真っ暗になった。
うまくいかないことはわかってたけど、つかみかけた手を、どうしても離したくなかった。
すきだって、それだけで、俺には他になにもなかった、あの人のために、俺の言葉はあったし、声も、手も足も、心臓のとこらへんだって全部、全部なんでもあげられた。
今思うと、あの人と一緒にいた数ヶ月間、あの人が俺を見てくれていたことなんてほんとうにすこし、あるかないか、だったとおもう。
付き合う、っていう言葉は、あんまり似合わない関係だった。
たのしくなかった、だけどただすきだった。
幸せではなかったけど、手を離したくなかった。


最初から俺が居なければよかったって、なかったことになればよかったって、そうやって言って泣いて、その人は遠くに行ってしまったけど、
今日、その人から何年かぶりにメールが来た。
また東京に住むことにしました、ってのと、あいたい、ってのと。
今日は4月1日で、あのときとおんなじ。
うそなのか、ほんとなのか、今度はおしえてくれないのかな。


俺の永遠を、まだ覚えてる?
かわらないものはちゃんとあるよ。
死んでしまってからはわからないけど、それまでの間は、きっとずっと、おれはきみのことがすき。
利用したっていいよ、そんなことしたくらいで、俺のこの呪いみたいな気持ちからは逃げられないって、しってた?
もうずっとずっとずっとずっと、これからもずっとずっとずっと、おれはただ、きみのことがすきで、それだけだ。