公務員の存在が問われている。 

November 01 [Tue], 2011, 2:59
公務員は高給もらっているくせに、在日には簡単に生保出して、本当に必要な人には渋るという碌な仕事しない。文句が出るのは当然。真面目に仕事やればいいのに、適当にやるから公務員への風当たりが強くなる。具体的には、主に精神科へ出向いて、精神病の薬をもらってくる。それが一番売れるから。風邪や水虫の薬よか売れるでしょそりゃ。精神病の薬を大量に欲しがる人は多いから、精神科を梯子して大量の精神病の薬を無料でゲットして、路上で取引する有名なところで売りさばく。精神科の梯子なんて午前中で終わるね。午後に売りに行って数万とかだったら、こいつらならやる。しかし、公務員は法に従って仕事をしてるだけあり、国民が朝鮮人嫌いの議員を当選させて、朝鮮人排斥法を成立させれば良いだけなのだが、今の日本国民の民度を考えたら難しい。
全ての公務員と言う訳ではないけど、民間と違って効率や収益をよりよくする事を強く求められないから、法の範囲で一番楽な方法を選んでいるだけって雰囲気の人が多いのがな・・・。そんな状況だから、民間の人から見たら、真面目・真剣ではないと取られる事も多いのは仕方ない。不真面目な奴ほど目立つ。
身体壊すと、いくら貯金あってもすぐに医療費や生活費が出なくなる。まともな精神状態のうちは生活保護だけは嫌だとか思っていたけど、周りから医療費がかからないからとか言われると考えてしまう。せめて健康だったら、働かなくても貯金でしばらく大丈夫だったのに、保険も死なないと降りないから生きてると地獄だな。
警察・消防・自衛隊等の本当に第一線で働く人たちは尊敬しているし、こういった組織は民間企業みたいに短期的な収益に囚われない運営をしていく為にも公務員って制度は必要なのだけれどね。他の役所とかはもっと減らして効率化してもなんら問題ないと思うがな。効率や収益を上げると業務が増えることになるので、変化させないことが全体として望まれる方向。天下り先が決まっているので、とにかく業務の変化を嫌う。
今週の東洋経済の特集は、公務員。目を通すといい。いかに公務員がクソか分かるよ。

本物の拳銃だったのだろうか 

October 20 [Thu], 2011, 2:13
小学3年くらいの頃、近所の消防団の裏で遊んでいたたら、近くの畑のオジサンが「お前ららこんなのいるか?」って言って、泥だらけのおもちゃの拳銃をくれたのだが、ライフル銃や細いカートリッジ式のやつ、リボルバー式など色々有った。子供が見ても明らかにおもちゃと思えるような、ばね仕掛けの物もあったな。私はその中でずっしり重い銀色
のやつを貰った。引き金も、撃鉄も硬くて遊べるような物じゃなかった。それから引越しを何度かしているうちに無くなってしまったが、ちゃんと向こうの見通せるリボルバー付きで、もしやアレは本物じゃなかったのかと今思う。時々思い出しては気になっている。
昔は、金属製の本物みたいなモデルガンがあった。実弾が撃てるようにも改造可能だった。色々と事件が起きて、現在のように厳しく規制されている。
亜鉛合金で出来た銃を撃つなど自殺行為に等しい。
そういえば、うちのオヤジが生きてた頃、耳が遠いと医者に行ったら、汚れが詰まっているよと言われ、薬で溶かして吸引してもらったら、小豆ほどの黒い塊が出てきた。帰りに駐車場から出ようとしたとき、カーステで演歌を聞こうとしたらあまりの音量にビックリして、ブレーキとアクセル間違えてベタ踏みしやがった。まだエンジンかかけただけで、Pレンジのままだったので良かった。

幼獣マメシバに続いて、今度はマメシバ一郎 

October 13 [Thu], 2011, 1:03
TVKや千葉TV系で放送しているけど、豪華なゲストを奢っても劇場版よりテレビシリーズの方が面白い(時間や色んな制約があるのは分かるが)。ねこタクシーも同じ系列のTV放送で劇場版もあるけど、やっぱりテレビシリーズのほうがよかったな(あの御子神さんのラストは・・・)。
あっ、幼獣マメシバの話ね。安達祐実や石野真子その他豪華ゲスト出ていたけど、尺の関係でTVシリーズが面白いのはしょうがないと思う。
番組のエンディングで流れるが、「豆柴と言う犬種はいません。小さな柴犬を〜」みたいな表示が。
元々は小さな犬という意味で、柴犬と呼んだのだが、更に小さいのが豆柴で、もっと小さいのが鈴柴で・・・。

アインシュタイン相対性理論 

September 29 [Thu], 2011, 14:04
ウチの会社は、休日年間108日と決まってるから土日と年末年始に割り振ると、使い切ってしまうからゴールデンウィークやシルバーウィークは関係ない。ちゃんと週休2日以上だから法には触れないらしい。正社員は有休を祝祭日に当ててカレンダーどおり休んでいるけど、派遣やパートは普通に働いている。休日を自分で振り分けたんだから祝祭日でも、休日出勤じゃなくて普通の報酬で働かなくてはならない。
そんな私は物理が好きなのだが、光より早いと時間が戻る?何か物理が根本から変わるのかな?と考える。
光は何万光年の旅だろうと移動時間はゼロ(ただし観測速度は秒速約30万km)。だから、ニュートリノの移動速度が光速(絶対速度)を超えてしまうと時間の逆転が起こり、何かと都合が悪くなってしまうアインシュタイン信者がごまんといる。
光速より速く移動しても時間は戻らない。過去に戻るには、マイナス速度で移動しないと。光速より速いニュートリノが発見されたからって、相対論と矛盾しない。相対論では、物質が光速を超えることができないってだけで、もともと光速より速い物質を否定していない。
アインシュタインのあっかんべーの写真でひとつ。
アインシュタインはおちゃらけた姿を見せることが滅多になかった。有名な舌を出した姿は恐らくカメラの前で唯一彼がおちゃらけた写真なのである。

若者の暴走族離れが深刻 

September 07 [Wed], 2011, 18:42
白バイたちの点数稼ぎ検挙の犠牲になった方々を思うと正直、「ざまぁみやがれ」としか思えない。自分も急な車線変更とやらで危険運転(6点一発免停)を切られたことあって、この運転の原因は前方車両の危険運転の危機回避を訴えたが、「意見は裁判所で」と一方的な感じで、むかついたので裁判所行った。バイク(VMAX:大型)であったが、前方モニタ付けていたのが功を奏した。結果不起訴だったが、行政処分は覆らず非常に迷惑を被った。そんなだから、白バイが死んだでも同情も何もできない。
これと関連して、「若者の暴走族離れが深刻」という記事に驚いた・・・確かに、今年の夏は静かだった。子供の喚き声は消えたけど。
だいぶ前にニュースで見たんだけど、韓国の暴走族は日本にそっくりだよね。「ここまでパクるのかよ!」とテレビに突っ込み入れてしまった。暴走族の構成員の大半がチョンだし、暴走族の発祥の地である九州の久留米は炭鉱夫上がりの朝鮮人が一杯いるところ(鳩山ママの翁の古里)パクッたのではなくDNAがなせる技と思われる。
暴走族の若者離れが懸念されていますが、そんな若者に向けて暴走族に関するセミナーや研修も各地域で盛んにおこなわれるようになり、最近では多くの若者が自ら望んで暴走族に就くことを望んでいる。今後、若者が暴走族に多く関わるようになることも、夢ではなく現実味を帯びてきたのではないでしょうか?