脂肪酸の働き

March 23 [Mon], 2009, 23:07

脂肪酸の働き

脂肪には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。いずれも一定量が必要ですが、偏って摂ると弊害が出てきますので、バランスよく摂ることが大切です。

飽和脂肪酸の働き

肉の脂身、バター、卵、椰子油、ココナッツ油などに含まれる飽和脂肪酸はコレステロールを増やす働きがあります。

不飽和脂肪酸の働き

不飽和脂肪酸にはコレステロールの生成を抑える働きがあります。
不法さ脂肪酸の例
・一価不飽和脂肪酸−n-9系(オレイン酸など)オリーブ油、なたね油などに含まれる。
・多価不飽和脂肪酸
 −n-6系(リノール酸など)多くの植物油に含まれる。
    (摂りすぎるとコレステロール抑制効果は半減。)
 −n-3系(α-リノレン酸、DHA、EPAなど)なたね油、魚、野菜、豆類に含まれる。
    (コレステロールを減らし血栓を溶かす。参加しやすいのが欠点。)

健康を手に入れるために

バランスの良い食事は健康の基本ですが、なかなか実行できないという方。そんな方にオススメなのがビタミンCの172倍の抗酸化力を持つ固体マイナス水素イオンの水素サプリです。
エクセレントパートナーズの固体マイナス水素イオンについてもっと詳しく知りたい人は次のページをご覧ください。
固体マイナス水素イオンは80歳の人でも仕事として取り組んでいます。

固体マイナス水素イオン情報
固体マイナス水素イオン製品
エクセレントパートナーズ
固体マイナス水素イオン持続力
ゼオライトって何?

エクセレントパートナーズの固体マイナス水素イオンビジネスで、身体の健康と、経済的健康を手に入れませんか?