消滅 

2007年12月02日(日) 21時11分
全部消えてしまえ。

そんなことをよく思う。
目に映る全てが嫌い。
彼を除いて。

人の顔が歪んで見える。
みんな醜い。
だけど自分が一番醜い。

誰がいいの悪いのじゃない。
この世界の全てが嫌い。
彼を除いて。

そんな自分が一番嫌い。

残念 

2007年11月26日(月) 7時30分
ぼくは聞く。
ぼくのこと好き?

彼は言う。
好きだよ。

言われると嬉しくなる。
そして空しくなる。

いい言葉を集めよう。
嬉しい言葉を集めよう。
寂しくないように。
彼のこと思い出すために。

そう思ってこのブログ作った。

いい言葉は…
なかなか紡がれないね…

下向いてたら、俺が見てることにも気付けないでしょ。 

2007年10月29日(月) 16時36分
ずっと下を向いてた。
泣き顔は見せたくなかった。
でも、記憶は消せない。
何度もこじ開けられた扉。
鍵はもう壊れてた。

彼は顔を上げてと言った。
俺をちゃんと見てと言った。



いつも泣かせてごめん。

だけど、下向かないで。
俺はずっと鬼姫を見てるから。
ちゃんと見てるから。
だから顔を上げて。
下向いてたら、俺が見てることにも気付けないでしょ。

だから俺を見て。
待ってるから。
顔を上げてくれるのを。



俺を見てくれるのを。

せめて、支えでありたい 

2007年10月18日(木) 1時11分
父にひどく失望した。
同時に心が暴走し出した。

昨日彼に内緒で刻んだ左腕。
突然抉りたくなった。
静脈くらいなら切ってやる。
そう思った。

その瞬間携帯が鳴った。

彼だった。
邪魔された気がして、ひたすら愚痴をこぼした。

彼はずっと聞いてくれた。



鬼姫は、頑張ってる。
でも俺は親父さんとの仲介役にはなれない。
だからこそ、頑張ってるお前をどうにか助けてやりたい。

いや、違うな。
助けてやりたいなんて言ったって信用されないよな。
何も出来てないんだから。

そうだな、せめて…



せめて、支えでありたい。

行間を、読んでるんだ 

2007年10月17日(水) 0時25分
ぼくの文章は難解らしい。
少なくとも、彼には。

メールやブログは難しい。
鬼姫は言葉の裏側を歩くから。
追いかけるので精一杯。
先読みなんてできない。

彼の言い分の方が難解だ。

傷付けたくない。
だから間違えたくない。

俺にできるのは、言葉にならない部分を汲むこと。



行間を、読んでるんだ。

いってらっしゃい。 

2007年10月15日(月) 6時05分
おはようのキスをした。
ぼくら裸で笑う。
窓を開けて、欠伸一つ。
こんな朝が毎日ならいいのに。

彼は少し乱暴。
だけどとても優しい。
だから好き。

意地悪なセックスも好き。
たまに血が出るけど。
深く深く繋がる。
それでも足りない気がする。
可愛がってくれる。

愛してくれる?

あまり深く考えるとダメ。
鬼が頭を擡げてくる。
だから笑顔で言うの。



いってらっしゃい。

待ってるよ。 

2007年10月14日(日) 18時07分
体の自由が利かない。
薬のせいね。
起きたいのに起きれない。
遠い場所に意識がある。
わかってる。
せめて一言伝えられたら。
薬のせいで体が動かない。
頭も働かない。

ごめんなさい。

夕方、やっと指先が動いた。
彼からの着信。
あぁ…。
こんなに、こんなに。
掛け直さなきゃ。
わかってる。
せめて一言伝えられたら。
意識が戻せない。
唇が動かない。

ごめんなさい。

泣きながら、電話した。
相変わらず鉛のような体。
何も言えない。
ただ嗚咽を漏らすだけ。
自分が情けなくて。
薬に縛られた自分が惨めで。
ただ泣きじゃくった。

彼は宥めるように言った。

泣かなくていいから。
落ち着いたら、おいで。



待ってるよ。

辛いときの、心の拠り所だ 

2007年10月10日(水) 23時48分
頑張るのは、鬼姫のため。



そんなの嘘だ。
無理する理由の押し付け。
ウザい。
偽善者め。

無理する理由にしないで。

可愛くない本音。
でも怒らないのね。
愛しい人。

じゃあ言い方を変える。



辛いときの、心の拠り所だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鬼姫
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる