1年記念日 

September 20 [Tue], 2011, 22:48


最後の君からの「好き」
もっと大事にしたらよかった。


1年記念日。

やっぱり好きだって
そういってくれた君

照れ隠しの手紙、メール

全部うれしかった。

これからもっと彼氏らしくする
あいしてるよ

っていってくれたのにね。


別れが来たのは
それから1か月もたたないうちだった。





ふたりの距離 

September 20 [Tue], 2011, 22:45

好きで好きで仕方なかったけど
君はそうじゃなかったね

気づいたら私のほうが
どんどん君にハマってた

自分の気持ちしか見えなくなって
いつからかふたりに距離ができた。

どれだけ傷つけられても
やっぱり好きで
このままじゃダメだって思うのに
私は必死にしがみつくしかなかったんだ

クリスマス 

February 15 [Mon], 2010, 14:15
初めて喧嘩したのは
季節外れのお祭りの日。
1か月記念日だった。
けんかといってもただ
私が怒っただけなんだけど、、、

気持ちのないキスは
心が痛むだけってこと
初めて知った日だった。



二人にクリスマスはなかった。
別れたとかじゃなくてただ逢えなかった

ずっといろいろあって二人で初めてのバレンタインは
ほんとに喜んでもらって
本命チョコをあげれて本当にうれしかったな。

ホワイトデーにはネックレスをくれたね、
今でも大切に私は持ってるんだよ。


初めて家に行ったのはいつだっただろう
緊張したね。
二人っきりでずっとキスをしてたね。

修学旅行。
バスはとなりだったね。
1日目は緊張しすぎてまったく話せなかった気がする。
2日目の花火のとき二人で話せたのは
とっても嬉しかった。
最終日は一緒に行動したよね。
ぶらぶらしただけだけどやっぱり幸せだった。

ふたりが一度別れたのは5月の終わり
でも好きだったから。
君の夢見て
学校で泣いて
そんな姿を見て
もう一度告白してくれた君。
二度目の告白もどんなにうれしかっただろう

夏にはみんなで海岸に行って
ふたりで夜の海を見て
こっそりキスをしたんだよね。
ドキドキあたしはずっと君に恋してた


待ち合わせはいつも決められなくて
同時に家を出て逢ったところとか
そういってあえたときには
なんだか本当にうれしかった気がする。

君の誕生日には迷いながら行き着いた公園で
香水をあげたよね、
きっともう使ってはないんだよね。。。
手をつないだだけで心臓が破裂しそうなくらい
ドキドキが止まらなくて。
君は優しく笑って抱きしめてくれた。

映画に行ったとき
映画の内容なんて思いだせないくらい
君に夢中だった
あきられるほどキスをして
香水のにおい今でも忘れてない











口づけ 

January 27 [Sun], 2008, 19:31
彼を好きになっていく程に
だんだん
つりあわないのかもって
思い始めた。
彼がカッコょすぎて。
ぁたしなんかつりあわない。
そぅ心の中で
ぼゃぃてしまぅぁたしがぃた。
もしかしたら
ぁたしのこと好きじゃないのかもしれない
彼がぁたしのことを
好きになったのは
何かの間違いで
ある日目が覚めて
ぁたしなんか、捨てられてしまうかも。
そんな風に思ってしまう。

でも、彼はあたしのことを
ちゃんと想ってくれていました。



そしてふたりが
初めてキスをしたのは
寒い冬。
辺りはもぉ真っ暗で。
二人きりの帰り道。
すごく緊張した。
でも、優しく唇が重なったとき、
すごくすごく嬉しかった。
その後ギュゥって
抱きしめてくれた。
ぁの時のことは今でも忘れないょ。


それからふたりは、
一緒に帰ると、
ときどきキスを交わしました。





そのころの
ぁたし達は
周りからうらやましがられるような、
お互いに想いあっている
カップルだったみたぃです。



彼はぁたしにだけ心を開いてくれた。
ぁたしだけってゆう
特別な感じが凄く嬉しくて。
ぁたしは本当に彼が好きになりました。





気持ち 

January 25 [Fri], 2008, 14:24
本当はそこまで
ハッキリとした気持ちで
彼を想っていたわけではなかった。
だけど、フって、気まずくなるのも嫌だったし、
彼氏が出来ることなんて
初めてだったから
まぁぃっかって思ってた。

最初はそうだったのにね。。。。


一緒に帰るなんて恥ずかしいことだと思ってた。
それに方向が違うのに
送ってもらうのはなんだか気が引けたんだ。
ふたりには沈黙が多かった。
以前は学校でも軽く話せていたけれど
なんだか照れくさくて、話すことも少なくなった。

増えたのはメールだった。
彼はケータィ。
ぁたしはケータイを持っていなかったけど、
パソコンでゃってぃた。
そこでのふたりは学校とは違った。
ぉ互いのことを知り、
知るだびに「好き」とゅぅ気持ちは
強くなっていった気がする。

電話もしたかもしれなぃ。
もともとそぉゅぅのには
慣れていなかったけれど、
メールばかりのふたりには、
声が聞けるとゅぅのは
また新しい刺激だった。


彼はぁたしを想ってくれてぃた。
ぃつのまにか
ぁたしも、彼をすごく恋しく想うようになった。


一緒に帰るのもぃつのころからか
一つの楽しみになった。
なにもしゃべらなくても
なんとなく。
彼を感じてぃられたから。












始まり 

January 24 [Thu], 2008, 16:55
ふたりの始まりは中二の秋だった。
ふたりはまた同じクラスだった。
少し前まで好きな人がぃたぁたし。
でも、あきらめて。
だんだん彼のことを気にしだした頃。

友達が言うにはぁたしたちふたりは、
「いい感じ」だったらしぃ。


メールでこんな話をした。

_好きな子ぃるの?
_ぅん
_へぇ〜誰?            なんだかすごく気になった。
_秘密。そっちは?
_気になる人はぃるかな♪
_だれ?
_いえないよ
_何部?
_陸上・・・
_ふぅ〜ん。
_そっちは何組なの?  
_A組。 そっちは?                     ぁたし達のクラスだった。
_ぁたしもA組 


ぉ互いにすごく気になったから、
当てあうことにした。
ぁたしゎ、片っ端から自分以外のクラスの女子の名前を言った。        
そして彼はどの子を聞いても、
ぅんとは言わなかった。
でも、自分でなぃことが分かっていたぁたし。
_わからない   と彼に言った。



すると彼は
_ぁんた。
といった。
だからぁたしも自分の好きな人を言った。
_ぁたしも・・・・


両想いだけど、付き合うなんて分からなかった。
数日後。。。。
彼はぁたしに告白してくれた。
すごく嬉しかった。
でもそれと同時にすごぃ不安がぁたしを襲った。
すぐに答えることができなかった。



友達が彼を好きだったから。
彼を避けてしまった。
このままじゃぃけない。
そぅ思ったぁたしは思い切って友達に相談しました。
そしたら友達は「OKするべきだ」と言ってくれたのです。


そしてふたりは始まりました。
    

友達。 

January 24 [Thu], 2008, 16:47
二人の始まり・・
最初は軽く話すぐらぃだった。
ぃくらカッコょくても、ちょっと怖くて
近寄り難い存在だったかもしれない。



彼とのメールゎ、楽しみだった。
内容はあまり覚えてぃなぃ。
どうでもぃぃことを話したり、
些細なことでうれしかったりもした。
けどそれ以上にゎ、ならなかった。
ぁたしにはほかに好きな人がぃたりもしたから。
また、彼も彼で、ともだちと楽しく日々を過ごしていたのだろう。


ぉもしろぃ人。ょき友達。
不思議な人。からかいたくなってしまう人。
なんとなく好きになったりしたこともぁった。
けど。


ふたりの関係はぁくまで、ただの友達。

 

January 24 [Thu], 2008, 16:35
彼は小さな男の子。
不思議な雰囲気。
ユニークな意見を持っている。
ぃつも彼の口からは驚くような言葉が返ってくる。

ルックスゎ、良かった。
すごくカッコょくて。
ぃゃ、そのころは可愛いに入っていたかもしれない
声の高い、まだ幼顔の男の子。
でも、照れ屋サンでそこまで女の子と仲が良かったわけでゎなぃ。



そんな人。

あたし 

January 24 [Thu], 2008, 15:17
ぁたしは平凡な中学生になった。
勉強はそこそこ。
学年でトップを(←トップといっても2クラス)争う実力は持っていた。
部活はテニス。普通だった。
運動神経はそこまで悪くなぃ。

ルックスゎ・・・ブス。
部活のせいか色は黒く
チビでショートヘアーなぁたし。
気は強いが、本当は独りになるのが怖いあたし。
こんなだからモテるはずがなかった。
それでも男友達はたくさんぃた。
陰キャラではなかったから。。。
陰キャラから見た私はきっと「タラシ」だっただろう。

友達とはまぁまぁだった。
ただ親友と呼べる友達がいたかは分からない。




出会い('V`●)ノb★! 

January 24 [Thu], 2008, 15:01
二人の出会ぃゎ。
中1の春でした。
地元の中学校です。
校区内にはコンビニなどなく、
2クラスしかなぃド田舎です。
それでも地元は凄く良い所でした。
だからぁたしは地元が大好きでした。


小学校は別々だったぁたし達。
その中学校で03年間をすごすことになります




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠樺
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 現住所:愛媛県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる