幸せ

June 03 [Tue], 2014, 19:52

私には高校のとき片思いの人、Tくんがいました。

Tくんには想いを伝えることができませんでした。

そのまま高校を卒業。

しかし、社会人になってもTくんのことが忘れられない私は、メアドをあの手この手で入手して、

「暇だったらいつでもメールちょうだいね」

というような形で、Tくんに連絡をとりました。

返事は

「わかりました〜」

というようなそっけない返信でした。

がっかりめそめそして、カラッと元気になったある日、ラインが来ていました。

「来週映画どう?」

舞い上がった、舞い上がった。

嬉しいという感情だけではたりないくらいに、嬉しかったのです。

しかし、接客業の私と学生のTくんは休みが合わず、泣く泣く断ることに。

まあ、私は諦めきれなかったので、Tくんにラインで

「平日、学校終わってから遊ぼう」

という無理を言いました。

返事はOK。

どうも不思議だったのは、朝から遊ぶということ。

「学校は?」という疑問はさておき当日に。

聞いてみると「サボった」との返答。

申し訳なかった。

でも私のために学校休んでくれて、なんだか嬉しかった。

Tくんには将来の為にも真面目に勉強して欲しかったけど、矛盾した思いがモヤモヤしていた。

そしてTくんは
「子ども欲しいと思う?」
「結婚願望ある?」
「結婚する相手いるの?」
「彼氏欲しいと思う?」
「好きな人いる?」
と、質問責め。

明らかに私のこと好きだなって、もうバレバレ。

だからTくんが「好きな人いる?」って聞いてきたときに私は、

「この状況みてわからない?」
って言って
「え?」
って言われ
「もしかして俺?」
っていう始末。

「そうだよ、好きなの!」
って言ったら
「いいよ」
って。

「なにが『いいよ』なの!?」
って聞いたら
「俺もたぶん好きだから」
って言われ
「『たぶん』ってなに!?」
って聞いたら
「たぶんじゃなくて、好きです」
って言われて。

ムードのカケラもない。

「じゃあ両想いだね」
って言ったら
「わーい、両想いだわーい」
ってわざとらしくはしゃぐし。

なんなの、好き。

しかも、
「可愛い」
「可愛い」
「可愛い」
って何回いうの!?!?!?

恥ずかしいわ!!!!

それで、
「やめて、恥ずかしくてしにそうになるから」
って言うと
「じゃあ、ころしてあげる」
って言われてびっくりした。

へへっ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ツミレ団子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・絵-挑戦あるのみ。
    ・音楽鑑賞-邦楽洋楽。
    ・読書-泣けるものが好き。
読者になる
ブラック企業に就いてしまった新入社員。
鬱になりやすい体質とまで言われた私は乗り越えられるのか。
不安しかない。
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/19951029/index1_0.rdf