梅雨

June 07 [Sat], 2014, 14:33
つゆつゆつゆ。

ゆっくりと顔をあげると、いっしゅんのあいだ

自分がどこにいて
自分は何者なのか


(わけがわからない)

ということになったのも束の間、すぐに私は人間でここは地球の日本で自宅で午後の4時という時間に目覚めたのだと気づく。

このままなにもわからないまま生きていったらどうなるだろう


月はやさしく照らしてくれるというのに。

ぺんべん草でもなく、虫でもなく樹木でもなく、私は人間だった、!
そしてそして、ごく普通の人間だった。

恵まれた人間。その恵みは時として重荷となる。



こうしなければ、これはやらねばならない、もう休みたい思考はここにはあらず。

誰もが平等。

公平。

そんな世界を求める人に尽力している方に会ってみたい


私なら、
このちっぽけな私のままで

なにかできることはありますか?





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yaa
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる