もどりたい 

August 24 [Fri], 2007, 22:15
ほんとうに心底愛している人に向かってもう一度頑張るか

それとも

私を好きでいてくれている彼氏の隣にいるか

こんなことで悩んでいる自分は本当に最低だと思う。しんじゃえばいいのにね

かぜをひいた 

August 14 [Tue], 2007, 1:12






遠くにいるあの人と
久しぶりに電話をした。
なぜだかわからないけれど
彼はとても楽しそうに、いくらでも話してくれる。
いつまでも切りたくないから、あたしはいつまでも切らない。
電話代を気にして、1時間くらいで切ってしまった。
ずっとずっと話していたかった。できることならずっとずっとずっと。






だけど話すことは、
お互いがそれぞれ向き合っている恋愛についてだったり
お互いが暮らしているそれぞれの生活だったり
二人には何の共通点もなくなってしまったし
もう、好きだなんて言えなくなってしまった。








本当は誰をすきなのかなんてことよくわかってる。
でもそれは口にしてはいけないこと。
口にした私は生きている意味を失うから。
過去で生きるしかなくなるから。







大人ってどうやって生きているんだろう。
私はいつまでたっても上手く立ち回れそうにないんだ。
どうしたら平気になれるのか、まったく見当もつかない。

0712 

July 12 [Thu], 2007, 17:45
プレゼントを買いに行った。
PaulSmithのpolo shirtを買った。
ほしいものを知る能力には長けていると思う。
独り言みたいに言う一言をちゃんと覚えているんだ。




最近またデジタルカメラを持ち歩くようになった。
なんてことない世界でも一枚の画にすればそれは作品になる。
ものは捉えようで90°でも180°でも変えられるんだと知った。




わからないもんだ。
結局自分の目玉ですらカメラのレンズでしかないんだから。
それならいくらでも変わるはずなんだ。




夢の中で好きだよと言う相手はやはりあの人だった
声に出していそうで怖い
誰にも聞いたり出来ないけど
夢に出るのは記憶を整理するための過程なんだと友達が教えてくれた。
それならいつか消えるんだろうか。
あたしは消したいのか消したくないのか、未だによくわからない。

07112 

July 11 [Wed], 2007, 13:58
キスマークが首に残ってる。
また忘れるまでの時間が引き延ばされる。
それはあたしだけ。
あなたにとっては関係ないこと。

0711 

July 11 [Wed], 2007, 0:43
誰にも言えないから、ここに書いていこうと思う。

2007,07,11



半分まだ眠ったままの脳みそが発したのは、
あの人の名前だった
隣にいる彼の名前じゃなくて。
それにきづいて何度も目が覚めた。
寝言で言っていたらどうしようかと不安になった。
多分彼は起きていたんじゃないかと思う。
朝の彼は少し不機嫌だった。
まさかそのせいじゃないといいけれど。





あの人は、今はもう隣にいない。
どんなに泣き叫んでも帰ってきてくれなかった。
今はあたしの知らない街で野球をしているらしい。
あたしの知らない学校に行って
あたしの知らない男と飲んで
あたしの知らない女と寝ているんだろう。
それなのに
いつまでたってもあの人は知らない人にならない。
今日もしっかりと夢の中であたしを苦しめていった。
どうしてこんなにも辛いのだろうと、
どうして1年もあたしは悩まされなくちゃいけないのだろう。






今の彼といえば、
まだ付き合って1か月もたたない。
出会ったのは4月。部活の先輩。
酔った勢いで言った部活への不満が、
そのまま彼も抱いていた不満だったらしく、
すぐに意気投合して朝まで飲む仲になった。
だけど、
彼には小さい頃からずっと好きな幼馴染がいて
つい先日もふたりでご飯を食べにいって
でも想いは届かなくて
どうしようもなく落ち込んであたしの家に帰ってきて
慰めて慰めて慰めて、
やっぱり朝まで飲んだ、
そんな日が、付き合うほんの数日前にあった。
あたしも、
前のあの人の話を彼にしたし、
顔も見せたし、
今でも、これから死ぬまで、ずっと愛してるんだと笑いながら話したばかりだった。





こんなことで、
本当に誰かから愛される日が来ると思う?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:19880914
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる