勝つしかない 

November 11 [Fri], 2005, 0:37
今週末の試合で優勝できなかったら、坊主になれと先輩に言われました。。

もう勝つしかないっしょ・・。

だって、寒いじゃん・・、いろんな意味で。

ていうか、そろそろ一番になるわ

もう勝者の背中を見るのは飽きた。

なんか、勝ったら仲良い男の先輩が部屋の合い鍵くれるらしい。

ゲーマーだからさ、その先輩も。。

けしてHG的意味合いでその発言が出てきたのではない事を断っておきます! 仮住まいにしていいってさ(笑

よーし、がんばろうっと!!

横浜 

October 17 [Mon], 2005, 1:02
突然、横浜の海が見たくなった。

夕方から繰り出し、思い立ってから5時間後には桜木町に居た。

さっそく、海に行こうと思ったが、ツレが腹減ったと五月蠅いから先に飯に・・。


飯後、夕暮れの赤レンガ倉庫を抜け、埠頭に着いた時点でもう目的の9割を達成した気分だった。


うーーーん。

やっぱ、潮風がキモチイイ!

しばらくそこで、潮風と暮れゆく町並みと風景を満喫。


今日の最終目的は、ランドマークの展望フロア・スカイガーデンの67階から愚民ども・・・街を一望すること。

が、ツレが閉所恐怖症のためエレベーターに乗れず断念('A`)・・・。


仕方がないから、日本丸の周りでくっちゃべって帰ってきた。

にしても、やっぱ横浜はいい。

”色々”と苦すぎる思い出が多数あるけれど、あの街はやはり好きだ。

今日、半日でかなりリフレッシュした気分。

年内にもう一度行きたいな。



the 日本丸

今、この時の幸せ 

September 20 [Tue], 2005, 14:29
夏休みが終わる。

長かったー。自分の好きなことにこれだけ集中できる夏休みもこれが最後かもしれない。

最近、自分が当たり前にやってることがどれだけ尊く、今がとても貴重な時間なんだということを強く感じている。

毎日辛い練習でひぃひぃ言ってるが、あのメンバーでこの時間を過ごす事はこれから先の人生でおそらく二度と無い。

先輩たちを見てると、強い信頼関係で結ばれていることがよくわかる。

辛い時間を共に過ごした仲間は、普通にできた友達よりも結びつきが強い。

この時間を過せるのも残り半年。

一回一回の練習、残り少ない大会を大切にこなしていこうと思う。

 
一昨日、OBの先輩に「おなごと飲むから来い」と言われその場で快諾。

だがこれが先輩の張った罠で、後日、改めてメンバーを聞くと、「先輩、俺、先輩の同僚の女性×2 +監督

ん?・・・Σ(´ロ`)!??

・・こらこら、俺はおなごと飲めるとは聞いたが、監督と飲めるとは聞いてないぞ。

先輩にメンバーが増える事を伝え、早速、なお(タメ)にメール。

「おなごと飲めるよ」

(即答で)「いくいくー!!!」

(`ー´)ニタリ・・

盾一枚GET


                   下に続く

今、この時の幸せ 

September 20 [Tue], 2005, 13:24
 当日になり、なおから詳しい説明を求められボロがでまくりメンバーがバレる。

なお、絶句。

「ジュンに過去最大のテロされた・・、この事は生涯忘れないよ・・

だと('A`)

練習後、池袋へ。

待ち合わせの店には先にお着きになってた・・。

ボス(カントク)、女性陣に挨拶。(コワイ・・)

ナオは所用で少し遅れてくるとのこと。

ボス、見知らぬ女性二人、俺・・変な空気が流れる。

幸いだったのが、ボスが女性陣と知り合いだったこと。

気まずい空気にはならないですんだ('A`)ホッ

その後、先輩&ナオ到着。

と、ナオの後ろには現主将のムラ(タメ)の姿が・・

「え???!!」っと言った表情でナオと俺を見るムラ。笑

どうやら、ムラもナオから何も聞かされないで呼ばれたようだ。

先輩から俺へ、俺からナオへ、ナオからムラへ。まさに負の連鎖。笑

さらなる盾を手に入れ、飲みはスタート。

どうなるかと思ったが、三人寄れば文殊の知恵とは言ったもんで、会話も弾み、大いに盛り上がって無事終了。

ボスも先輩も女性陣も上機嫌のまま帰って行った。

その後、ばんからで三人で反省会+祝勝会。

小一時間ほど二人に問いつめられ攻められた Σ('A`)グッ

いや、でも楽しくおわったから、結果オーライ。

それにこれで、結束もさらに強くなったんじゃないかな 笑

もう先輩主催の飲みには二度と参加しないと誓ったのは言うまでもない。

無題 

September 04 [Sun], 2005, 1:54
仕事先で嫌な場所に来てしまった。

忘れていたのに思い出してしまった。

憂鬱になる。

仲間と飲み、言いたかったこと、話したかったこと、聞いてほしかったことを話す。

時間が過ぎ帰れなくなったので、泊まりに来いと誘われるが、一人になりたかったので断わる。

闇の中を宛ても無く歩く。

たどり着いたのは終った場所だった。

腰を下ろす。

帰る方法を失った人たちが行き交う姿が見える。

昼はまだ残暑が残っているが夜は涼しい。都会なのに静かだ。

闇の中を恋人たちが向かってくる。

彼らからしたら俺は二人きりの時間に邪魔な存在なんだろうが、こちらから
したら向こうが邪魔。うざい、消えろ。


一体自分はなにをしているんだろう。


夜風が肌をさす。

なぜ流れてくるのか。

一人で過ごす夜は長い。

終わりの場所から何か始まるかと思ったのか、当然のようにそんな事は起こらない。

都会の夜に暖かみなど無かった。


朝はまだ遠い。

合宿終了 

September 02 [Fri], 2005, 10:55
八月が終わると夏も終わった気がするのは俺だけだろうか。

前の日記に書いた通り、旅行といった旅行はしないで夏が終わってしまった。

残暑が残る八月下旬、学校の松山校舎で三泊四日のテコンドー部強化合宿が行われた。

前日は去年、一昨年の合宿中の恐怖を思い出すとなかなか眠れなかった。

今年も例年通り、早朝、午前、午後、夜の四部練。

一日計7時間のテコンドー漬け。

二日目にして壊れ始める者続出('A`)

今年の合宿は、精神的よりも体力的に絞られる練習が多かった。

普段滅多にやらない、移動蹴り、連続蹴りなどなど・・。

一番辛かったのは三日目にやった左右中段×各100、左右上段×各100の連続蹴り。終わった時、床に大の字になって死んだ・・('A`)

にしても、、今年の一年生はお世辞抜きで良いモノを持ってる子が多いと思った。合宿のあの殺人的なメニューに誰一人脱落すること無く付いて来ただけではなく、まだ初めて4ヶ月くらいなのにもう良い蹴りを放つ者が出てきている。こりゃ、マジでうかうかしていられないなぁ〜w

今回の合宿で得たモノは、今の自分に必要なモノがわかった点。

具体的に言うと、目標、柔軟性、自信、得意技以外の武器、迷わない、怠けない気持ち。

どれもこれも当たり前に身につけねばいけない重要な物ばかり。

だめだなぁ〜、自分。

合宿を通してまだまだ弱い自分と向き合えた気がする。

この合宿で最後の合宿となったがこれから引退まで、三年間の集大成を出したい。そのために、今を一層頑張らなければいけない。

テコンドー 

August 23 [Tue], 2005, 1:03
夏終わってしまうよー('A`)

気がつけば夏休み入ってからテコンドー漬けで他に学生の夏休みらしい事なーんもしてない・・

大阪大会、東アジア大会日本代表選考会と大会が重なりキツイ練習日程だったけど、先日の日曜日でようやく落ち着いた。

代表選考会は参加することができなかったけど、めちゃめちゃ良い試合ばかりでかなり良い刺激をもらってきました。

中でも、元大東生で今は台湾在住の主水さんと仙台の相原さんの試合が最高によかった!

技術と技術、気合と気合のぶつかり合いでヘタなK-1の試合より全然面白かったな〜。

応援もモンドさんと相原さん、ウチ(大東)と仙台の相原後援会それぞれの応援合戦で、

あまりの激しさに体育館の近隣住人から大会本部に苦情が来たくらいだ(笑

その試合は3R終了時点で同点、サドンデスの先取り一本勝負になって、最後の最後でモンドさんが相原さんの一瞬の隙をつき、大勝利!

モンドさんのパフォーマンスが最っっっっっっっ高に!!かっこよかった!!!!!!(´ー`)

久し振りにかっこいいテコンドーを見た気がしたw

俺もいつか、ああいう試合、パフォーマンスできる選手になってやるw

明日からまた練習がんがろっと♪

て・・いうか・・、今週末から合宿じゃん・・・。。

また死ぬのかなぁ・・。

あっはははは('A`)はははは



↑↑↑↑↑二年前の合宿初日午前練終了時の風景↑↑↑↑↑

みんなよく死んでます

SCREAM 

July 20 [Wed], 2005, 1:00
自分では友達と言うのに、肩にもたれかかって寝たり、手を握ろうとする。突然、人ん家に来て、彼女も居れたこと無い部屋でくつろいでいる。

ありえない不自然な光景。

大事な人が居たんじゃないのか?

いじっぱりで強情で、わがまま。人の外見しか見ないで寄って来て、甘える。

いつもいつも強がって見せて、本当は誰よりも、何よりも弱く繊細のクセに、負けず嫌いだから素直にならない。

優しいフリをしているけど、人の気持ちも考えず、言いたいことをし、したいことをする。

そして、外見に飽きたら、理由を造って去って行く。

で、それがダメだったら戻ってきてまた甘えようとする。

昔からそんなんばっか。

好意と裏切りのいたちごっこ。

いい加減にしてくれ、

同じ事の繰り返し

色恋沙汰はもう疲れたよ



大阪大会まであと四日、やれることはやってきたつもりだ。

小杉さんに勝ちたいわけを話し、マンツーマンで指導してもらった。

自分のスタイル、テコンドー、理由、気持ちを見なおす良い機会になったと思う。

もう調整期間に入った、出発は土曜日、日曜日やってそのまま夜行バスで帰ってくる。

5ヶ月ぶりのの試合で不安だけど、、うしっ!やったるか!(´ー`)

そして帰りは大阪の街で豪遊してきてやる♪

まぁ、そのまえに・・

あと4日以内に3kg痩せなければ・・。

フェザー級リミット、-67kg・・、現在68kg強。

落ちなかったら、しゃれにならん・・・('A`)

絶食&ところてん生活開始!

駅での国際交流 1 

July 14 [Thu], 2005, 11:48
日、ひょんな事から外国の人と二人きりで行動することになった。

バイトを終え、池袋の駅から電車に乗ると、高校生ぐらいの男の子と大学生
くらいの女性がアメリカ人と思われる初老のおばあちゃんと話をしていた。

二人とも自分と同じくらいの歳なのに流ちょうな英語で話していて、「すごいな〜」と関心していると、男の子が紙切れに日本語のメモで何やら書き始め、

「Oomiya Station ,East exit〜」とおばあちゃんに繰り返している。

本を読もうにも集中できなく、本当は人の話を立ち聞きするのは良くない事だけど、「自分はどこまで聞き取れるかな」などと思い、どうしても気になってしまった。

それに、まぁ、隣で話してて聞こえてくるんだから仕方がない('A`)

会話の流れからして、どうやら大宮駅からおばあちゃん一人だけになってしまうようで、男の子が目的地の名前とTEL番を書き、心配そうに説明していた。

自分も大宮に野暮用があったから「送っていきましょうか?」と言いたかったけど、そんな勇気も無く、話しかけられないまま、案の定おばあちゃんは大宮駅で降りていった。

人を待たして居たけど、なんとなく心配っつーか、気になったのでおばあちゃんの後を付けてみると、やはり改札を出た雑踏の中で迷っていた。

勇気を出して、話しかけてみるとネイティヴ英語のラッシュ。

東口に行きたいのは分かっていたけど、そこからどうしていいのか分からず、とりあえず差し出された紙切れにある番号にかけてみた。

                       下に続く

駅での国際交流 2 

July 14 [Thu], 2005, 10:27
話先の人は日本人で、事情を話すと丁寧にお礼を言い「今から迎えに行きます」と電話を置いた。

片言の英語でおばあちゃんに説明すると、なんとか分かってもらえたみたいだった。

指定された場所へ案内すると、おばあちゃんは「私は大丈夫だから、あなたは気にしないでいいのよ」という感じの英語で帰宅を促してくれた。

でもやっぱり何故か不安だったのでパニクる頭を回転させ「I ,wait,OK」と伝えると、おばあちゃんは満面の笑みと片言の日本語で「ありがとございます」と言ってくれた。

迎えを待っている間、話しをしていると「東京は広くてクレイジーよ」とか、
俺に「埼玉に住んでいるの?」とか「社会人?学生?」、大学名なんかも聞いてきた。

頭の中から出てこない英語を必死に絞り出し、答えていると迎えの車が到着、おばあちゃんは手を取り丁寧に何度もお礼を言い、車に乗り帰っていった。

国際大会に参加したときも思ったけど、英会話に限らず他国の人と話すのはやっぱり楽しい!

英語、外国語は必要なスキルだなと改めて実感。

それと共に、己の相変わらずの英語力不足にガッカリした('A`)

でも、おばあちゃんがちゃんと帰れてよかったな〜と思う気持ちの良さと安堵感が残り、勇気を出して話しかけて良かったと思った。

そんなことを思いつつ帰ろうとすると、人を待たせていたの思い出すΣ('A`)

待ち人スタバで轟沈。悪いことしたな〜。

でもま、良っか♪
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:198519
読者になる
Yapme!一覧
読者になる