芝居 

July 13 [Sat], 2013, 3:19
湯河原出張の前に
東京にて一本鑑賞
江戸川橋にある絵空箱というライブとができるようなとこ。

「糸地獄  断章 男娼」
作  岸田理生
演出  吉野 翼

何となくチラシに惹かれて観に行っただけ
ではあったが。
中に入ると
一段高い所に役者がぐるり座っていて
観客は役者の内側に円を描く形で席があり
それが三重位になっている。
真ん中の天井から赤糸が降りていて
観客席の間にある通路から、その糸が周囲の役者の方へ放射状にのびている。
そして生演奏。

天井は低いけれど
このセットの感じとか、好み。
私は開場早々2番目に入ったけれど
役者が中心向いて立ってて
「糸屋へようこそ」ってずっと言ってるもんだから
ちと照れる気もしつつ、座る場所を探す。

とりあえず座って、ワンドリンク付なので飲みものを取りに行って戻る。
うーん、ここでいいのかほんとに、と思い始める。
座り位置に悩むのだ。
これって始まったらどうなるんだろ。
どれくらい人来るかよくわからないし、ここでほんとに大丈夫?
と自分に問いかけ、ちょっとずれて座る。
本番始まるとその席の方がよかった感じ。
何でも展示的パフォーマンスを客自身の意思で観る作品、であったらしい。
私には新鮮で面白い使い方だった。

岸田理生なんて観たことなくて、読んだこともなくて、
「抽象的な感じだよ」と人から聞いたから観にいったようなもの。
とりあえず携帯ネットで糸地獄という本来の作品のあらすじだけちらっと見ては行ったのだけど。

好みなとこもそうでないとこもあったけど
2時間くらいあったかな。
眠くもならなかったし、興味を持って観れた。
コンテンポラリーを踊ってる人が一人だけいて後は芝居。
総勢16人+楽器の方3人

最初はセリフを追ってたけれど
すぐにセリフの音の響きを聴くようにした。
セリフそのものを追っても楽しめない気がして。
役者の位置通り、四方八方から声が聴こえ、
何だか見えない部分もあるけれど、
見ようとしたり、あえてそうしなかったりしつつ。
途中真っ暗な中、四方八方にいる女性が
マッチをすってはセリフを言って吹き消すシーンは印象的。
あんなに明るいのね。
マッチの匂いに何かしら記憶が刺激される感じがしたり。
匂いっていいなあ。

作品に引き込まれていた感じ。
でもふっと外から作品を見てる感じにもなって。
以下私が感じたこと。
自分は誰なのかわからないまま、イエというものを探している主人公繭が
記憶の糸を手繰っていくうち、
父を探し、やがてその父を殺してしまう。
その父の向こう側には顔の見えない母がいて…

繭は自分の居場所を探していたのかなあ。
イエとかチチとかハハとか
人はそういう身近なものに自分を繋げてしまうものなんだよな、なんて。

すぐに感想書く気になれぬまま、
1ヶ月近く経ってしまったので、記憶もあいまいになっている部分もあるけど。
なんとなく今日書きたくなった。

OLさん 

July 12 [Fri], 2013, 3:05
先日は出張で湯河原へ
こんなことでもなけりゃ
行くことないよなあ。。。

せめておいしいものでもと思ったけれど、
最初に泊まったのが日曜の新橋。
食事どころはたくさん集まっているとこだけど
さすがサラリーマンの街
すべて閉まっている(笑)

帰りにこそおいしいものをと思ったが
ホテルにたどり着いたのは夜21時すぎ
途中横浜の駅でせめて・・・
と奮発して1000円超の牛飯丼を高島屋にて購入。
ぜーたくー
とか一人で言いながらホテルで食す。

そして今日は出張で高松へ
先輩の案内でおしゃれなお店でランチ
別のお店でも耳にした
ワッフルランチというものに初挑戦

アボガドとえびがいっぱいのっかってて
パンとは違う食感ではあるけれど
トータルの印象としては
ちょっと甘みのあるパンに近い感じかな。
おいしい。

弁当を買ってホテルで済ますのも、
おしゃれなお店でランチをするのも、
何だかOLさんって感じがする(^^)

まいにち 

June 04 [Tue], 2013, 2:04
6月に入ったばかりというのに
夏日和。

仕事も忙しく
身体もついていかず
若くないなあと日々思いつつ
どんどん毎日が過ぎていく

公演の日々と
仕事の日々と

なぜにこうも違うのか?!
少し脳もお休みしたい。。。

合間 

April 08 [Mon], 2013, 1:34
稽古に自転車でいくと
昼間は
きもちがよい

もうツツジが咲いてるんだ。
あ、
この近く、現場だった。
仕事の写真撮っとこう。


少し肌寒い
でも柔らかい空気
雲が黒い
でも少し日が照って
少し雨がパラパラ

冬なのか
春なのか
よくわからない感じ

季節の合間
すき。

すこしづつ 

February 16 [Sat], 2013, 1:30
かたちになってきた。
5月に芝居をしようって決めて
台本書いて
書きなおし作業して。

これからも台本は変わっていくと思う。
どれだけ作品を高めていけるか。
どんどんチャレンジを積み重ねる作品にしようっと!

 

January 27 [Sun], 2013, 18:00
会社の課題で、本を読む。
図書館に行って、まずは本を探すところから。
これなら読めるかな、と借りて帰る。
台本書きたいのになあ・・・と思いながら
仕方なし、読みはじめる。

へえええええ
いつも、こういうの読まないから。
ふうううううん
一気に読めた。
勉強になった。


何か
たまにはこういう本も読むべきだ。

0に 

January 20 [Sun], 2013, 23:39
戻りました。

うーん
しっくりこなかったから、台本。

あと、
作品をこんな風にしてはいかん
って思うことがあって。

やりたいことを
もっかい整理。
向かうべきゴールを
もっかい見つめて。

よし。やるぞ。
締め切りはすぐそこだけど(笑)

 

January 15 [Tue], 2013, 0:21
進める

…うーん違う。


進むこと
うん、これがだいじだと思う。

いろ 

January 13 [Sun], 2013, 2:11
舞台を観るとき、
私はシーンに色を感じる。
「あ、何だか青っぽいシーンだ」みたいな。

面白くないときは感じないんですが(笑)

今日のヤミーダンスの舞台は、
まあ何とさまざまなカラーであったことか。
白く舞う紙吹雪は印象的だったけれど、
皆の身体から出てくる色に圧倒されてしまう。

頭の先から足の先、背中に至るまで、
意識がとおっていて、そして研ぎ澄まされていて。
感想にも書いたのだけれど、
音や風や匂いや色や。
眼に見えないものを感じることのできる舞台。

五感で観れた舞台だった。
幸せ。

 

January 03 [Thu], 2013, 17:31
降ってる〜
ホコリにも見えるような雪が

つもりはしないかな、という感じだが。
明日から仕事。
というか、明日行ったらまた土日休みですけどね。

こたつが私を離してくれない。
いやあ、好かれてるなあ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyao★nyao
読者になる
想いをコトバに・・・
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像nyao★nyao
» 0に (2013年01月27日)
アイコン画像すぅじぃ
» 0に (2013年01月22日)
アイコン画像nyao★nyao
» 新年 (2013年01月03日)
アイコン画像すぅじぃ
» 新年 (2013年01月02日)
アイコン画像nyao★nyao
» 鳥の演劇祭 (2012年10月22日)
アイコン画像すぅじぃ
» 鳥の演劇祭 (2012年09月30日)
アイコン画像すぅじぃ
» ヨドリ (2012年07月16日)
アイコン画像nyao★nyao
» いざ! (2012年04月28日)
アイコン画像すーじー
» いざ! (2012年04月27日)
アイコン画像nyao★nyao
» 忙しき日々 (2012年04月15日)
Yapme!一覧
読者になる