わたしの腹腔鏡日記D「手術前夜」

October 16 [Wed], 2013, 9:50
10月某日、午後一番に両親が迎えに来る。今日は旦那は仕事。
荷物一式を持って病院へ。
担当看護士からざっと説明を受け、手首にネームプレートを付けられる。
その後、剃毛とおへその掃除。
なんだかんだで夕方までバタバタする。

夕方にシャワーを浴びて食事。病院食はとにかく健康を考慮してるな、の一言に尽きる。思ったより見栄えも味も悪くない。と思ったら旦那が顔を出してくれた。このときはまだ、実感が湧かない。

旦那が帰ったあと、オペ室の看護士が説明に来る。とてもいい人だ。この時、麻酔の説明やらいろいろされたけど当日は緊張のあまり、すっかり頭から飛んでしまっていた。でも別に困ったことはなかった。

就寝の早い病院の規則に従って消灯。しかし眠れるわけもない。睡眠薬を貰っていて飲むつもりはなかったが、とりあえず眠れなさそうだったので飲んだ。が、あまり効き目なし。
断続的な睡眠を繰り返して朝が来た。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:water_tafy
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/19750610yoko/index1_0.rdf