A♭ 

June 25 [Sun], 2006, 0:57
昨日友達に借りたスピッツのアルバムの中で「楓」っちゅー曲があって、その曲がもう中でも物凄く映えてて、思わずコピったらA♭な曲やったもんで、その雰囲気に圧倒されてA♭お気に入り(・∀・)

うわースピッツ聴いたら「やっぱり俺こういうのが好きなんだ」って再確認。
19+スピッツ+3B LAB.☆Sみたいな、いい所全部取り入れたバンドしたいなぁ。
アコースティックのように優しく、エレクトリックのように激しく、そんな各々で自分を表現できるバンド。
3ピースでもいいんやけど、Vo.Gt + Gt + Ba + Drのスピッツみたいな編成もいいなぁ。
妄想が膨らむぜ!ハァハァ!





A♭で曲作ります。

音楽人生記A 

June 24 [Sat], 2006, 2:24
3月。小学生の頃から通っている道場の卒団式で監督にミニライブのお誘いを受ける。
年上の先輩であるゴッチとアコースティックユニットとして19の「卒業の歌、友達の歌」「瞬間概念」、そして自身作詞作曲の「見えないもの」の三曲を演じ、初舞台となる。

3月29日、ブログで出会ったtomoさんと初対面する。
奥深いところや理論を学び、ギターを改めて好きになった。

その後、何度かtomoさんとお会いしていくうちに彼女のドイツ研修行き決定。
一ヶ月間とは言え音信不通なのはお互い不安なので、自分の決意表明、技術向上、そして彼女のために初CD作成を決意。4月10日よりベース兼ミキシングにtomoさん、ドラムにMerlionの正木の協力を得て作成開始。

6月。「ハートソング」「炎」「NOISE」「遠距離恋愛」「愛々傘」「スタートライン」「青春至上主義」「平等イデオロギー」の原曲完成。しかし時間が競り合い、自分の経験不足によりバンド録りというカタチからアコギ録りというカタチに変更。

そして今に期末テストと剣道の昇段審査とCD制作の三つを同時進行。タイムリミットは夏休み突入までにということで、正直焦っています。が、どういう形であれ等身大が出せる気がします。その等身大をいかに伝えられるか、「ああ中途半端で終わっちゃったぁ」って等身大は許さない。全てを全て攻略してやります。ええ。

これから毎日はムリかもしんないけど宜しくね。今まさに闘争心むき出しなんですわ僕!寝よ。

音楽人生記@ 

June 24 [Sat], 2006, 1:26
こんばんは、周平です。
なんかブログを新しく立ち上げよう立ち上げようと思いつつ時間がなくて行動に移せなかったわけなんですが、期末テスト夜更かしの最中にパソコン開いて暇潰ししてる際に立ち上げちゃおうと思って今に至るわけですはい。
このブログは学校の友人とかに特に教えず、「音楽」を中心に自然体の自分を出していけたらなぁって思います。はい。音楽好きの方とかそれ以外の方でもカラみまくってくれたら嬉しいです。そんな中で輪が広がっていけたらいいなって思ってます。そういうの好きです。




まず自己紹介は基本だよね。

三重県在の高校三年生、周平です。性別は男性してます。
楽器に本格的に触れ始めたのは2005年5月21日。
19(ジューク)に憧れていた僕は楽器といえばギター。ギターと言えばアコギというありがちな安直な理由で友人に放課後二ヶ月くらい教えてもらう。
親父からもらったYAMAHAのアコギ。ネックが太くてゴツい厄介なやつだった。

そこから夏休みに突入して、どうしても自分のギターが欲しくなって学校に申請せず工場でバイト。
狙っていたのは勿論Ovation。これも19の影響。
カタチから入るアーティストっていうのはこういう人のことを言うんですよみなさん。
そして一ヶ月休まずバイトしてCP-257入手。今の愛器。

それから夏休みが明けるとクラスの子からバンドの話を持ちかけられ、男性ツインボーカルとして加入。
しかし音というものを知らなかった自分はボーカルとして散々でした。きっとボーカルをカラオケ気分だったのかもしれない。今思うとえらいことしてたと思う。

後に音楽性の違いと進路の違いからバンド脱退。
脱退後、19・スピッツなどの関心のあるアーティストのコピー(コードのみ)とボーカルの同時進行を実行。多少マンネリを感じ、自分の実力に苛立ちを覚え始める。

※続く
P R
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:19326
読者になる
Yapme!一覧
読者になる