オンナゴコロ

December 19 [Thu], 2013, 23:59
ピアスの穴を増やそうと思うときは
何となくいつも、
心境の変化があるときかもしれない。

洋服の嗜好を変えようとか、
短くバッサリ、髪を切ろうと思うのは
私にとってそれほど、
大きな意味のあることではないのだけど

ピアスの穴は何となく特別。


それがなんなのかよくわからない。
私の中の、無意識がささやくもの。

つまり、あたしのなかのゴーストって所だね。





というわけで思いつき、
実は1年も前から決めていたことだったりするんだけど
開けました。

4番目と5番目


二ヶ所とも軟骨です。
ヘリックスは特にお気に入り。


国家試験も控えてます。
第一希望の病院からも
内定を貰い、この前内定式に行って来た。
私生活の気持ちに
何となく変化が生じているのはわかっているけど
それが何なのか、自分でもよくわからない。

ま、とにかく………






嬉しい!!!

駆け抜けた、その後

November 27 [Wed], 2013, 1:15
2013年11月22日


看護学校における、すべての必要実習が終了しました。

基礎1→基礎2→老年1→母性→緩和→在宅→小児→老年2→周手→精神→成人1→統合

合計クール、
なんと、時間にすれば時間を超える時間だそうです。

1年前、
最後の実習である統合実習を終えて帰って来た3年生を横目に
私は何とも言えない、猛烈な憂鬱に襲われていました
だって、そうでしょ。
3年生の全ての実習の終わりは、
すなわち私たちの地獄の始まりを意味する訳ですよ

抱き合い、ハイタッチして
口々に「お疲れーーーー!!」「終わったねーーーー!!」
と言い合う3年生から、
どんな実習か聞かずしても、
その道のりが辛かったことはそれだけで分かりました。
今度は自分が、1年間そこへ放り込まれるわけですから。

1クール終わらせるのさえ、長くて長くて
永遠のように感じて、そんな実習を
あと9クールも乗り越えて来た
そんな3年生が私には、スーパーサイヤ人に見えて仕方なかった

………そして1年後の昨日
私は、あの頃見た3年生のような、
強靭な精神力がにじみ出るスーパーサイヤ人3に
なれているのでしょうか。


何はともあれ、
始まりがあれば終わるのです。
必ず来る。

長い長い、真っ暗なトンネルを、
グループ6人、手探りで歩いて来たような気持ちです。
この暗闇を出る瞬間は、
一体どんな気持ちなのだろうと、
ずっとずっと想像して来ました。

ずっと想像して来た瞬間を昨日迎えたというのに
何故だか実感がわかず、
ふわーっとしているのが事実です。

朝目が覚めて、
夢だったんじゃないかと思うような。
目が覚めたら、
領域実習の最初の日の朝、だったなんてことないよね
って思うような。

子持ちで実家も遠い私は
シングルで自分のことだけに全力を注げる
というライフスタイルではないので
他の人の3倍パワーと時間が欲しかった。

学生が書き上げる看護の記録は
膨大な量があり、
膨大な時間がかかり、
脳みそが沸騰します。
子持ちでは、静かな土日というのがありえませんので、
旦那の協力を得て
領域最初の週は
スタバやマックやサイゼに9時間引き蘢りで
看護過程を仕上げました。

22時に寝て、1時に起きる。
そんな日々が、果てしなく果てしなく続きました。
お陰で、私は立ったまま眠れるという
すご技を身につけましたよ、特技です。
生理的欲求を満たせない日々、
1週間店屋物と外食が続く食卓、
人間とは思えない散乱したへや

こんな辛い生活してまで
ナースになる何て私は、
どうかしてる
何か意味があるのかって
お風呂で泣いたこともありました。

密かな自慢は、
そんな状況にありながら、
実習成績はほとんどSだったし
追試が一つもないということ。
そしてなにより、
患者さん達が
「あなたはいい看護師さんになれるよ」
「並河さんがいてくれたから、私頑張れたよ」
と、言ってくれたこと。

言葉は言えない患者さんとの別れ際、
ベッドに横たわる患者さんの目に浮かぶ涙、
不器用で、ぶっきらぼうで、
素っ気ない態度ばかりされた患者さんが、最後に言ってくれた言葉は

「なんだよ、もう行っちゃうのか、早いよ。………元気でがんばれ、風邪引くな」

でした。

分かったことは、看護は素晴しいということ。
それより前に、人と人とのつながりは
素晴しいということ。


基礎1から、昨日の統合まで
計13人の私の受け持ちを快く承諾してくださった
患者さんたちの顔が、
ゆっくりと思い出されます。


ここからは、本当のナースとしてのスタートを切るための
最初の関門、国家試験の勉強の日々が始まります。

もう少し、後もう少し。


妄想力

November 09 [Sat], 2013, 1:30

うわわ、マジでヤバいわ

これはキュンキュン来るっっっ

忙しさを言い訳に、
宇宙兄弟の映画、
今まで観てなかったけど、
岡田将生
のイケメンっぷりに完全に伸され
ストーリーのクオリティーで号泣しながら
観ましたわ。

そして当分、私の脳内彼氏の座は
中村達也→岡田将生
となりそうです。
まぁ、達也兄さんは不動の脳内彼氏な訳だけれども

何てきれいな顔してるの、この子。
おっそろしー子!!!
何でこんなに口角キュッてあがってんの、
まじで、何てきれいな顔。

      



統合実習前に、
弱気になっている私にパンチをくれたのは、
やっぱこれかな。

一位と最下位との差なんて大したことねーんだよ
 ゴールすることとしないことの差に比べりゃ

i do

October 31 [Thu], 2013, 1:29
真夜中のブログ更新

今日はこの映画を観ました。


90分ちょっとの映画。
今の私には、これくらいの時間がちょうどいい!!
本編上映時間が

を超える表記があった時点で、私のチョイスからその映画は外れます。
たとえどんなに面白そうであっても。

いやいや、爽やかに面白かったです。
あまり現実から飛躍しすぎておらず、
しかし映画ならではの出来事。

いいね、うん。
こんな現実が疑似体験できるから
だからこそ映画。


そしてブログを書く気になったら
急にこの曲が聞きたくなったんだ。
本当に、本当に大好きだった曲。


片手の折り鶴、腕時計

刹那に過ぎる時の中で
自分という個を特定しうる証拠を記録しておきたいからこそ、
人は外部記憶にそれを委ねる
お前にとっちゃそいつが唯一、
これまでの自分を特定できる外部記憶装置なんじゃねぇのか?


秋の深夜の映画館

October 27 [Sun], 2013, 3:17
ようやく、人間らしい生活が戻って来て
3週間目。

映画を楽しむ余裕も出て来た

元々、超映画っ子だった私にとって
週末に映画を見られなくなる、
というか、
見ようと言う気がしなくなるほどのこの
看護学校の生活はまさに異常


でも、ちょっと落ち着いてる今は、
映画を見る気になるというほど
本来の私らしく要られる。

20代のときは、
哲学的な映画や、
ヒューマンドラマや、
要するに、うわーーーーー!!!!
ってはっちゃけられないような、
難しかったり、
図シーンッって重たい映画ばっかり好んでいていたけど
最近それが変わってしまっている。

確か中島らもさんが言ってた気がするんだけど
現実世界がこんなにつらいのに、
映画の中でまで辛くてどーする!!!!
………的な。


先週観たのはこの
   

その前はこれだよ。


そしてちょっと前にYちゃんと観に行ったのは

デップ様
キモサベ

見事に、難しさから何かかけ離れてる。

でも、それでいいの。
本当に、映画の中でまで疲れさせられたらたまらない。




今週は、本も借りて来たから
頑張ってみないとね

今夜は旦那が夜勤で居ない夜。
子供たちが寝静まった深夜のリビングは
私専用の深夜の映画館

今夜観たのはこれ。


何にも見ないで借りて来たけど、
最初に出て来たクレジット観て、
この映画が当たり
ってことを確信!

だって、私が大好きな映画監督の一人、
ロブ・ライナー
の作品だったんだもん!!!



スタンドバイミーなんか、もう私の中の永遠の名作。
色んな意味で、私の人生に影響を与えた作品。

今日の作品も、ほろっと来るけど
私の大好きなハピエーン


ちょっとずつ、
心に栄養を与えていこう。

いいものもってる

October 19 [Sat], 2013, 12:45

あの地獄の実習の日々が終わって
まだ10日足らずだけど
早くも次の最終ステージ、
統合実習
に向けての学内演習が毎日のように行われてる。


これが、
時間以上の
臨地実習をくぐり抜けて来た私たちにとっては
まったくもってたいしたことはないんだけど、
しかし地味に疲れるわけ。


今日も昨日に引き続き、
校内実習。

複数患者受け持ち
更に、
アクシデント発生時対応シュミレーション



どう対応するか、というよりも、
自分の傾向を知り、
そう言う状況になった時に
自分がどういう対応に出てしまうのかを
知る実習と言う意味の方が色濃いかもしれない。


そして、まぁ色々あったわけ。
昨日担当だった先生は、
まさにこの看護の統合分野担当の
………

元バリバリの外科看護師

だった人。

そう言う人は、もう見れば分かるようになって来た。

担当教員によって、
その日の実習が天国気分か地獄気分かに
分かれていく。

前の日からこの教員が当たることは分かっていたので、
当然朝から地獄気分。

まぁ、普段から、
気に入られているのは分かっていたけど、
それでもやっぱ怖いんだもん。


しかし、蓋を開けてビックリ
やたらと機嫌が良かった………


そして私が実践する順番が無事終わり、
好評をして次の人と代わる時、
先生が私のそばにつかつかやって来て……


ブスッッッッッッ

ット刺されるのかとおもっていたら(笑)

先生はにこやかに私にこういった。

ナミちゃん、あなた、就職決まってる?どこに行く??

……実は、第一希望に内定は撮っているものの、
決めかねていることを伝えた。

そうかそうか。
でも勿体ないね、バイトでもいいから、
働くのよ。
あなたは、素晴しいもの持ってる。
本当に看護師として素晴しいセンスがある。
どこでも行けるよ、頑張れ。



………は………
はい……

不意の褒め言葉に、
返す言葉が見つからなかった。
どうしたらいいのか、
嬉しいんだけど、
どうしたらいいのか。

そんな風に、
個人的な褒め言葉は、
その後のメンバー、誰にもしてない。



嬉しかった。
色んな経験が、私の血となり肉となる。


この学校に入る時、私は思ってた。

介護士をしていた私だからこそなれる、
優しい看護師になりたい


ってね。


残念ながら、子供たちにはそんな子としてあげられないけど、
せめて、患者さんには。


先生ありがとう。
オニばっかりかと思ってたけど、
先生の言葉に、愛を感じました。


どんな状況だろうと、
どんな場所に就職しようと、
その言葉を忘れないでいるよ。



かーちゃんだからね

October 16 [Wed], 2013, 23:05


実習終わって間もないけど、
私たちはまだ、実習地獄の最終関門を
突破したわけじゃない。

最後の統合実習に向け、
何日かのつかの間の開放感を
お腹いっぱいすって、
着々と学習や演習という準備が
私たちを待ち受けます。


胸に一杯空気吸い込んで、
再び潜水する素潜りダイバーのよう。


ふと思うんだよね。

あのまま、3年前の今頃、
看護学校を受験せずに、
介護士のままの人生を歩んでいたら
どうなっていたのだろう。

とね。


そんなこと考えたって、
どうしようもない。
でも、今よりもしかしたら、
しあわせだったんじゃないかと思ったりもするの。

あまりに毎日が、
色んなことに追いつめられすぎて
子育てをしている最中の私に出来る場所ではなかったのかも。
とかね。

子供が、本当に犠牲になったのだと思う。


でも、私はそれを言っちゃいけないのもわかってる。
言ってしまったら、
あの子達の犠牲は、
何だったのってことになる。

色んな我慢させて、
余裕が無いが故に、
悲しい思いをして
小さい鳴りに沢山傷ついただろうにね。


だけど、ごめんは言わない。

だまって、結果を出すだけです。




最終章へ

October 16 [Wed], 2013, 14:42
つい先週の今日まで
私たちは実習をしていました。

書く看護学実習、いわゆる
各論実習
をしていたわけだけど、
それが先週で全ての領域が終了しました。


基礎1、基礎2
と、基礎領域があり、
2年の夏前から各論実習が幕開けし、
それから1年3ヶ月あまり。

全領域で9領域

1領域3週間
つまり、27週間、実習を受けたことになりますね。
基礎を入れれば30週間。
私たちはくるひもくるひも、
実習に追われて来ました。

気の遠くなるような日々でした………

それが、全て終わったのです。

実習自体が終わったのではなく、
各論実習が全領域終了。
来月に待ち構える
統合実習
を残すのみとなりました。


まだ振り返る余裕は無く、
統合が全部終わった時に一気に、
走馬灯のように思い出すのだろうと思う。
今は、いい知れぬ、
謎の疲労感が1週間経った今でも抜けず、
まいってるのが正直な所です。

35歳、まだまだ!!とおもいながらも、
体は正直だから、
労ってあげないと行けないわけだね。


長い長いトンネルを抜けるときの気持ちは
一体どんな気分だろう……


と、この日記のどこかに書いたような気がする。
もうすぐ。
もうすぐそれが分かる。


oxydoll

September 22 [Sun], 2013, 2:08
2013/12/23

oxydollが高円寺でライブやる!!!
これはこれは、いかねばならん!!!


そして残念なことに、
ロザリオス活動休止しちゃうんだって……

たつやさんのばかーーー!!!

タイムマシーン

September 22 [Sun], 2013, 1:37
出逢って8年、
7年半付き合って、
6年半くらい同棲してた元彼氏がいる。


今のダンナとよりも、長い、長い付き合いだった。

忘れないけど、
思い出さない。

って思っていたし、
最近は彼のことを思い出すことなんか、
ほとんどなかった。

色んな想いはあったし、
別れてからもしばらく、
これで良かったんだろうかって葛藤はあった。
でも、確実にもう、彼は想い出の人。

私の中で、消化は出来ている。


でも何故か、たまたまこのPV観たら、
彼のことを思い出した。

この曲に、彼との想い出はほとんどない。
これ、彼と出会うずっと前に好きだった曲だし、
どっちかというと、秋田に居た頃に
恋多き私がふわふわ付き合ってたり好きだったりした
人との思いでの方が濃いんだけど。
そして、charaは好きなアーティストの一人だったけど
なにしろブランキー狂いだったので、
それほど濃い想い出があるわけじゃないんだ。

でも、なんでだろう。

このPVの映像が、かな。
何か、6年以上一緒に住んでたから、
このなかのcharaと浅野忠信みたいな感じだった。

何か、ステキなんだよね。
想い出になったから、
きっとそう思うんだろうね。
一緒に笑ったことしか、
思い出せないよ。

夜中眠れなくて、
くだらない話しを2時間もしてて、
お腹抱えて笑って、
真夜中近所のコンビニに
ハロハロ食べに行こうって言い出して
スケボーしながら行こうと思ったけど
全然乗れないから
ソリみたいに乗って、
彼が後ろから全力で押してくれたり。

ホント、このPVみたいに、
何気ない生活の一部分を、

パッ…

パッ…

って、写真のコマ送りのように思い出したの。


こんな風に書いたら何か
未練があるように聞こえるのかもしれないけど
そういうのは、もうない。
本当に……

彼のことをこんな風に綺麗に思い出せるのは
私たちの7年半が想い出になったから。

もう、ありがとうって言う気持ちしか無いし
一緒にならなくてよかったんだって思ってる。


秋の夜。
綺麗な月みながら、
しみじみ一人
思い出す。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:1919channel
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月20日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク-愛車Honda CBR250RRとんでもないじゃじゃ馬。女子バイカーです。ハンドルは自分で握ります、行き先は自分で決める。
    ・音楽-パンク、ロック系。ブランキージェットシティーはファンではなく崇拝です。心にガッツリ来る音楽なら、ジャンルそれほど問わず。バンドでボーカル経験あり。歌には少々自信あり。
    ・映画-真夜中のリビングはあたしだけの貸し切りシアター。只今岡田将生くんにどハマり中。
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像母校の同窓会
» 母校の……むふふ!!!! (2013年08月19日)
アイコン画像1919channel
» 自分にご褒美 (2013年02月18日)
アイコン画像K
» 自分にご褒美 (2013年02月02日)
アイコン画像ナミ
» 武装介護兵 (2011年06月05日)
アイコン画像swallowhair+
» 武装介護兵 (2011年05月28日)
Yapme!一覧
読者になる