住宅ローンの金利が動くワケ、教えます 2-1

March 17 [Wed], 2010, 16:38
住宅ローンの金利が変動するのは、基準にしている「財政投融資貸付金利」「長期プライムレート」「短期プライムレート」が動いているからというのは前回お話しました。では、この基準はどうして動くのでしょうか?

「金利が動くワケ、教えます【1】」では、住宅ローンの金利が上がったり下がったりするのは、基準にしている「財政投融資貸付金利」「長期プライムレート」「短期プライムレート」が動いているからということを、お話しました。では、この基準はどうして動くのでしょうか?

実は、この3つにはさらに基準にしている指標があり、その変動が影響するからなのです。今回は、そのカラクリについてお話します。前回より、若干難しく感じるかも知れませんが、このカラクリを知っていると、金利予測にも役立ちますよ。「国債?金融債?もう、わからない!」と、あきらめないで、もう少し頑張ってみましょう。

金利の動きは市場で決まる!

「財投金利」は「長期国債の流通利回り」、「長プラ」は「利付き金融債の流通利回り」、短プラは「公定歩合・短期金融市場の取引」の影響を受けます。