食餌療法でのダイエット 

June 08 [Sat], 2013, 17:37
食餌療法による痩身の基本的な考え方は、「基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による使用カロリー」を変えない場合、「食餌による摂取カロリー」を少なくすることで痩身を期待するというものです。

基礎代謝というのは、何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために生体で生理的に行われている活動です。
相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1200、男性で約1500キロカロリー(kcal,cal)とされています。


痩身目的での食餌療法の際に注目すべき栄養素は「脂肪」「炭水化物(糖分)」「タンパク質」であり、1gあたり脂肪は9キロカロリー、炭水化物は4キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリーの熱量を持ちます。

ゆで卵ダイエット、りんごダイエット、豆腐ダイエットなどと呼ばれている、単一食品やほとんど単一の栄養素によるものを食べ続ける食餌制限法や、米(炭水化物)のみを全く摂取しないなど、特定の栄養素を欠く形の食餌制限も見られるが、これらのような栄養素の極端な偏りは、一時的な痩身、体重の減少につながる場合があるが、生命に関わるほど健康や美容を損ねることもあります。
同時に、一時的に減量できたとしても、元の食生活に戻した時点でリバウンド(後述)することが予測されます。
これに関連して、TVやインターネットで紹介された偏食ダイエット法が、まったく根拠のないものであったり、実験データが捏造、もしくは不十分であったりして、後に健康被害が発生した例が実際に報告されています。

サプリメントを服用することにより、結果として食事の内容や量、バランスを変化させたのと同様の効果を期待するものもあります。
その類のサプリメントには大きく分けて「通常の食事の代わりに服用して満腹中枢を刺激する(結果として摂食量の減少が期待できる)」とされるもの、「食事中に含まれる、熱量となる栄養素の一部吸収を阻害する」とされるもの(例:カテキン、キトサン)があります。

普段の習慣に潜むゆがみ癖

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:1818metabolic
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる