ひっさびさに読書記録

July 15 [Sat], 2006, 21:13
銀座の神々―都市に溶け込む宗教 / 石井研士
タイトルに惹かれて借りてきたらけっこう興味深かった。
近代都市の中にちゃっかり(?)居座り続けちゃってるカミサマたちに乾杯。
土地の関係でやっぱり田舎のように普通の社殿は持てなくて、ビル化する神社とか。
なんでも、銀座の松屋の1階天井には四天王(持国・増長・広目・毘沙門)の梵字があるとか。ぜひ現物を見に行きたいな。
(参考→ttp://www.tokyochuo.net/issue/city/0304_ginza/ver1.html)
こうやって見ると、トウキョウって元から渾沌じゃん、なんて思える一冊。

しゃばけ / 畠中恵
日参サイトさんのいくつかで話題に上がっていたので気になって借りてみた。
病弱な若だんなが妖たちと事件を解決、な話。って書くとなんか身も蓋も無いな。
まあ詳しくはこのへんでも見てもらうとして。→ttp://book.shinchosha.co.jp/shabake/

この設定で私が萌えないとでもお思いか!萌えすぎて死ぬわ!!
ああもう借りて良かったよ推理モノだからって敬遠はもうしないよ!
(つって、しゃばけは実際のところそこまでミステリーじゃないけれど。漫画の『伏線』ぐらいの謎というか。それぐらいなら大丈夫なんだよな。こういう人間もいるから下手に「推理モノ」をうたわないほうがいいんじゃないかと思わないでもないけど。まあこれは少数派の意見だわな。)

DOPING PANDA TOUR06 [DANDYISM] 〜ALL-ONE-MAN-SHOW!!〜

July 09 [Sun], 2006, 22:04

二度目の参戦DOPING PANDA。
Tシャツとタオル購入。
5月中旬にバクホン行って以来、久々のライブだったので物凄く興奮。
独りで行ったけどもう周り皆が音楽好きってのが伝わってきてたまらんね。
チケットソールドアウトだって。おおやったね!確かに前回から動員増えてるような。今回チケット相当のんびり取ったから限りなく500に近い番号だったんだけど、もうちょっと遅かったら取れなかったのか。次は早めに取ろう。
今回は、曲も殆ど聞いたし格好も身軽で万全だぜ!って気分だったけど体力足りず…。1曲目から既に横っ腹痛いってどういうこと。踊れないじゃん!でも頑張って踊った!次の日体だるかった!

以下ネタバレ気味。

スピッツ・リサイクルについて

January 10 [Tue], 2006, 0:43
Yahooのニューストピックスで見て衝撃。詳しくはコチラを

ファン内では有名なリサイクル騒動。やっと封印できるんだね…!わーうわー、凄い良かったなあ!とマサムネの肩を叩きたい。

たしかにリサイクル、人に勧めるときには便利だけどやっぱり、バンド本人達が認めてないものをファンとして大手を振って勧めるのはなんだか嫌だった。リサイクル頃が一番脂の乗ってる時期だとは思う。最近の曲は昔ほどの限りない聴いたときの幸福感が減っているように思える(それがこちらの慣れなのかどうかは分からないけど)。でもリサイクル前もリサイクル後も全部スピッツなんだ!

いやさ、ホント有名になる前の曲も出すってのはいいね。最近、メジャーなりたて、ぐらいのバンドを聴く事が多くてファーストアルバム主義的流れに自分の中でなってたのでその分嬉しい。

あ、これで音楽雑誌出るのかな…?おっとチェックしなくちゃ!

久々にDVD借りたわー

December 16 [Fri], 2005, 23:12
バクホンのライブじゃないけど、ツ●ヤの100円レンタルもテスト期間と被るんだよな…。たまにはずれてくれないものか。

↓以下ネタバレ込み。
----------
love actually :: http://www.uipjapan.com/loveactually/
これは面白かった。クリスマスの話だからこれから見るのにいいかも。クリスマスも近いイギリスでの様々な恋の話。
こういう話の組み立て方かなり好きだったりする。ブギーポップ的というか(語彙が貧相…)オムニバスっぽく見えてその実ちょっとずつ話がリンクしてる感じの。最後に登場人物皆が小学校に集まってくるとこなんかいいよねー。(でも日本人には欧米人の顔の見分けつけ難いから最初はけっこう「今のはさっきの人と同一人物?」って混乱した)
コリンがアメリカに行って成功しちゃったのがちょっと意外だったなあ。笑。ああいうキャラもたまにはいい目をみるのね。
ヒュー・グラントが大好き…!『アバウト・ア・ボーイ』でキュンとしたけどやっぱいい男だわー。目が綺麗だと思う。ヘタレヘタレ。大好物。

着信アリ 1,2 :: http://www.chakuari.jp/web/
思わず着メロをゲットしてしまった。
1はけっこう怖かった。でも病院出しちゃ怖いに決まってるよ。ヒキョーだ。登場人物が皆して幸薄そうなのがなんとも言えないね。
なんつーか、ギャグマンガ日和スキー的にはあのドアメコー!ってなるシーンがどうにもこうにもアマンダさんにしか見えなくて、話の腰がバキっと折れてしまった。「なんて強靭な魂だ…」
2は…正直つまらん…。台湾に行く意味が分からん。原作で行ってるの?ファイナルに続くにしたって、2は2自体で話が面白くなきゃダメでしょう。

今月の新刊とか

December 12 [Mon], 2005, 21:17
Dr.コトー診療所(18) / 山田貴敏
エバトさんがいいキャラになっていくなあ…。ああいう系統のキャラは好きだ。ブラックジャックによろしくも連れから借りて読んでるけど、私はこれぐらいファンタジーなほどの奇跡があるほうが救いがあって読む分には楽だと思う。

銀魂(10) / 空知英秋
二桁乗ったね。カブトの回でふと気づいたけど総悟は神楽を「あのガキ」じゃなくて「あの女」って呼ぶんだね。いやだからどうしたって話なんだけど。

DEATH NOTE(9) / 大場つぐみ・小畑健
そろそろHow to useのネタに詰まってきてんじゃないのか。あとメロはどんどんガクソにいてもおかしくない雰囲気になってる気がする。なんとなく。
本誌の最近の展開は動きがあるけど、この辺なんかダレ気味だよなー。皆言うけどやっぱLいないとつまらんよ。キーパーソンを殺しちゃったのはその場は「おーすげー」と思ったけどやっぱりLの存在はでかかったんだよな…。

ピューと吹く!ジャガー(10) / うすた京介
初二桁かうすた。マサルさんが7巻までだもんね。あーうすたの画集出ないかなー。正直誰のモノより欲しいかもしれん。
この巻はゲームの回とハマージャケットの回が好き。ゲームの回はホントやべえよ。ダメなのねジャガーさん…!よくやるんですけど…!(むしろオタクという人種はけっこうそうじゃないかと思わんでもない。一人遊び+一人遊び=二人で遊ぶみたいな。)

太臓もて王サーガ(1) / 大亜門
幕張持ってるぐらいな私なのでこういう他人イジリネタは大好きですよと。頑張れ大亜門。

ジャンプばっかー。このへんはやっぱり自分がジャンプっこだと感じるところ。

----------

ついでに最近借りた小説も。

THE BACK HORN 冬の東名阪ツアー 〜ディストーション注意報〜

December 04 [Sun], 2005, 18:00
6月のツアーファイナル以来・バックホーン!冬のライブは温度差がちょっと怖い!
どうでもいいけど(でもちょっとよくない)前回も今回もテスト直前の週末なんだよな…。偶然って分かってるけど、そして結局行くからいいんだけどちょっと焦るから次こそはずらしてほしいもんだ。

今回の物販ゲット物;

お歳暮タオルセット。冗談のような本気のネーミング。東名阪だからかシャチホコ(名)カニ(阪)とあと何これ?(東?)な絵柄。これで¥1500。連れに「全部持ってるのもアレだし、一枚500円で売ろうか?」なんて提案してみたけど案の定「じゃあシャチホコくれ」と言われてでも当然私だってシャチホコが何より欲しい(地元!)んだから結局二人して買った。因みに『ナントカ酒店』と書かれていてもおかしくないアノ薄さ。「フツーに家族に使われそうだよねー」と冗談交じりで話していたら後日連れはトイレのタオル掛けで衝撃の再会を果たしたそうな。

因みにこんな↑箱に入ってた。そして箱にはノシ。隅っこにご丁寧に新譜のCM入ってた。


それからTシャツ。今回のは一番右端。他は以前の。後ろの大きめタオルは初めて行ったときの。もうかれこれ4・5回は行ってるのかバクホン。けっこうTシャツ買ってるよ(ライブTコレクター)。

ライブ終了後に会場近くのスタバで一服してたら、隣の席のおねーさん達がミクシがどうのって話してた。こうしてブログに書いてる私と同類だね!と生暖かく見守っていたら「でも最初栄純がボーカルだと思ってたー!」とかなんとか…ええー。やだなそんなバックホーン。

↓では以下ライブ内容に触れますよ、と。

歌バカ

December 02 [Fri], 2005, 18:54
歌バカ / 平井堅 / 2005.11.23

買っちゃった。プロモが見たかった。
平井堅はもうデビュー10周年だったんだ…。『楽園』が1stの順風満帆なイメージを勝手に持ってたからなんか意外。
平井堅をちゃんと聴くのはこれが初めてだ。ラジオで流れてるだけで覚えちゃうから普段はそれだけだし。
バカ売れしてるみたいだけど納得できるなあ。そりゃ売れるよ。私みたいなヤツが買うんだよきっと。

POP STARのプロモが凄い好き。あれは覚えたいね☆

最近のご本

November 26 [Sat], 2005, 17:25
最近買った漫画。全然最近じゃないのも確実に混じっている。

黒鷺死体宅配便(5)/ 大塚英志・山崎峰水
私は手に汗をかきやすくてすぐ紙をペニョペニョにするタイプなので、この漫画のカバーは外して読んでいる。そういうカバーの漫画。
色々な特殊能力を持つ若者達が死体を見っけては事件を解決する話。って書くと身も蓋もないな。割に生々しい描写が多いから苦手なヒトはやめといたほうがいいかも。5巻は泣き女の話が好き。

ドロヘドロ(7)/ 林田球
ジョンソンがオビに隠れてるのは意図的なんだろうか…。
新キャラの十字目の皆さんがなんか好きだなあと思ったら、彼ら黒髪率が高いからだ(黒髪スキー)。ビジュアル的には鉄条さんが好き…です…。
しかし博士表紙は伊達じゃないぜ。博士かっこいいよ博士。

新暗行御史(12)/ 尹仁完・梁慶一
どこのクランプですか、な表紙だ…。過去編いってからどんどん絵柄がサッパリしていく。9巻あたりの絵柄が一番好きだ。
ていうか元述が、元述が…!だれかアイツを幸せにしてやってくれよ…!!!「お待ちしてます」の顔がいい。私服の鎖骨がいい。将軍のバカ…!お前を慕っている人間がボロボロんなってんじゃねーか!!

鋼の錬金術師(12)/ 荒川弘
どこのクランプですか再び(※クランプクランプ言ってるけど勝手なイメージですのであしからず)。ていうか買おうかどうかけっこう迷った。だって1巻から10巻まで持ってたのに売っちゃったんだもん…。なんで「もういいか」って思って売った後またハマるのさ自分。
話はだんだん核心へ向かってるのか。なにやら今の本誌の展開あたりが折り返しらしいけど。久々に単行本買ったら思っていたのよりずっと大佐がかっこわるくてちょっと嬉しかったのは秘密。ニヤニヤ。

もやしもん(1)(2)/ 石川雅之
菌が見える主人公が醸されたりいろいろする話。菌が可愛いんだ…!オリゼーかわいい。こういう薀蓄系は地味にスキだなあ。

CDいっぱい借りた

November 25 [Fri], 2005, 18:36
12枚一気に借りるのはちょっと調子に乗りすぎた感がある。何があれって聴ききれないんだよな。

ACIDMAN;
季節の灯 / 2005.10.19 / Single

アルバムの前哨戦・静のシングル。
バラード好き的には動の方よりこっちの方が好きだな。『水写』の規模が街中になったらこんなんかなーと思った。珍しく?暖かい温度を感じる曲。
あとカップリングのバージョン違い『space out』が好きだ。動の方のカップリングの『turn around』もいいなあ。newバージョンのが好きかもしれん。

最近のCD購入履歴

November 18 [Fri], 2005, 17:24
最近といいつつ、1ヶ月前ぐらいのもあるよなー。こまめに書きたいと思ってはいるものの…。

the band apart;
FOOL PROOF / 2001.10.03 / 1st Single
quake and brook / 2005.05.11 / 2nd Album

最初にお試しがてらFOOL PROOFを買ってばっちり気に入り、その後しばらくしてquake and brookを購入。
ボサノバ×ロックとでも言うのかな。独特の爽やかさというか切なさがあっていいね。昔ACIDMAN主催のcinemaというイベントで一度聞いたときは、英詩だしなんかかなり激しいパンクに聞こえてちょっと敬遠してしまったんだけど。やっぱライブだと激しく聞こえるんだなー。あーあそのときはまっとけば…!
バンアパは、英詩だけどどうにも滲み出る『日本人作』なオーラが好き。音楽性に日本人であることが出るっていうのはなんかいいな。
(どうでもいいけどそのcinemaの出演バンドはあとバクホンにアシだったのでかなり自分好みだった…キュン)

公式→http://www.asiangothic.org/index.shtml
試聴→http://www.indiesnavi.com/artist/one.html?id=20