一生少女宣言っ!卒業宣言。
2015.10.31 [Sat] 22:56


ちょうど2年前の今日でした
わたしが日本に帰って来たのは.

…と思っていたのですが
昔のブログで確認したら
帰国日は2013年10月30日の深夜だったみたいです
それ昨日じゃんねー!
すっかり忘れてるし笑

帰国して深夜に実家に着いて
布団の中で声を殺して大泣きしたのを今でもよく覚えています
そしてそれを思い出す度に今でもちょっとうるうるしてしまいます

それから2年後の昨日の晩は
Bくんといつものように週末婚ごっこ(笑)で
いつものように二人でなかよくごはん作って食べてご就寝
平和過ぎる程に平和

ほんとにあれから2年も経ったのですね
なんか不思議です


さて、
ちょっと前から決めていたことなのですが
帰国2年を節目にこのブログは終了にしたいと思います
(ちょうどGMOのプロバイダ契約を解約しようと思っているので
継続したくてもできないという理由もあり)

わたしが今心身ともに健康でいられるのは読者の皆様のおかげです
ここで書いたり描いたりすることがどれだけわたしの支えになったか
さもなければ今だ帰国後鬱を継続していたかもしれません..

5年近くもわたしの拙い文章を読んで下さった方、
いつも温かいコメントくださる方、
感謝してもしきれません
どこの誰かもわからない未熟な中年女に優しくしてくださって
皆様本当にありがとうございました


できればhappyな話題(結婚とかベイビーとか!)を
最後の記事にしたいなと薄い希望を持っていましたが
ご存知の通りそのような事が発生する可能性は
今現在うっすらどころか微塵もないという笑

わたしとBくんが今後どうなっていくのか全く謎ですが
2年前にオージーの彼と別れたときに感じたような
(詳しくはこちらをどうぞ!)
やっぱりこの人は違うな的な
そういうのはBくんに対しては不思議と思わず

ちょっと前までは同棲や結婚ていう形に一人でやたらこだわっていましたが
(今後再びこだわり始める可能性は大いに有りです笑)
彼がいつも元気でlove youって言ってくれるならそれでいいじゃないか的な
ある意味とってもリア充な感じで

ケンカしてほんとに嫌になったりもしたけど
結局は今だに I'm in love with himで
He still loves me なんだって
誰がなんと言おうと今ははっきり言えます


そうそう、
2年前の自分に教えてあげたいです
帰国も失恋も辛かったけれど
それでよかった
わたしはそれで多くを学んだし
結局はthings happened for a reason で
everything was going to be alright だったし(so far..)
これからも誰がなんと言おうと自分の信じた道を行けば良いし
わたしの魅力がわからない人は相手にしなければいいのです


Bくんにわたしとの初対面の印象を聞いたことがあって
"You were nice and sexy."って言ってました
セクシーはよくわかんないけど(趣味は人それぞれ笑)
でもこの一言はとてもよく的を得ているとも思えて
他の人がわたしのことをどう言おうと
彼は一瞬にしてわたしの魅力を感じ取ったということで
もとい、わたしは彼の目には魅力的に写ったということで
少なくともわたしたちは"なんか合うし出会う運命だった"
と言っても過言ではないと思うのです

その運命をたぐり寄せた自分にも自信を持ちたいし
こんなわたしを愛してくれる彼への感謝の気持ちを
今は大事にしたいと思っています



なんか長いだけで文章が全然まとまっていませんが
(2年前の方が上手くまとめられてた笑)

いつかまたどこかでの気持ちを込めて
many many thanks and love xxx







過去を受け入れるのに必要な時間
2015.10.27 [Tue] 22:10


今月末で帰国してちょうど2年経ちます
もう2年かー早いなーなんて感覚もありますが
わたしにはそれなりに長く辛い時間でもありました

Bくんとの出会いとか
再びのヨガとか
昼休みにラッパ吹くとか(笑)
再びの東京ライフで新しい喜びもたくさん見つけられたけれど

それでもやっぱり志半ばでPerthを離れてしまった後悔というか
諦めてしまったもしくは捨ててきた想いというのはなかなかやっかいで
この2年常に胸中にくすぶっていて
ことあるごとにその顔をのぞかせてはわたしを悲しくさせてきました

この中途半端な英語力にも泣けてきますが
やっぱり何を隠そうわたしを一番泣かせてきたのはオージーの元彼

もう2年も連絡とってないし、彼を想って泣いたりなんて今はもうありませんが
(できることならやり直したいなんてことも全くもって思ってないです)
それでも削除しそびれた昔の写真や動画を不覚にも発見したりすると
息が止まるくらいびっくりしてました
少し前までは.

「"love"の反対は"hate"じゃない. "apathy(無関心)"だ.」
ってのをどこかのコラムかなんかで見て
あーほんとにそうだなーって思いました

昔の写真見たくらいで動揺しているようではまだまだダメね..なんて思ってましたが
2年の月日を経てようやくapathyの境地まで近づいてきたような気がします
(hopefully..)



以前にもこの話書いたかどうだか忘れちゃったんですが
帰国直前に彼と別れるとき言われた一言↓

"Make your own family.
You will be a beautiful mum."

apathyになってきたなんて言いながら
この一言だけは今だに呪縛のようにわたしの胸の奥底に居座っている。。
(そして自ら己のプレッシャーとしている気もする…)


帰国直前にこんなことを言われて
その時はただ悲しくて泣き叫ぶことしかできなかったけれど

でもこれは彼の本音なんだなと.
わたしは振られて、独りで帰国するしかないんだなと.
新しい生活を一人でまた一から始めなければいけないんだなと.

そういう諦めと共に
そうだ、いつか誰かと自分の家族を持つんだ
オージーの彼がうらやむような美しいお母さんになるんだ
と拳を上に突き上げたというか
そういう決心をさせられた言葉でもありました


あれから2年

オージーの彼にはもう奥さんと子どもがいるのかもしれないけど
わたしは相変わらずのんき(でもないのだが?!笑)にbacheloretteしていて
なんかどうにもやるせなくなるときもあるけれど
それでもわたしはわたしの人生を諦めることはできないし
そもそも人生諦めるほどの理由なんて結局どこを探してもあるわけもなく
今現在辛いなと思っていることだって
2年やそこらもしてみれば
あーそういうこともあったよね的に
心穏やかに思い出せるものだと思うのです


今から2年後のわたしが更に心穏やかに生活できるように
今現在のわたしはひたすら精進するしかないのだよね

帰国三年目を迎えたいと思います









元気な中年少女
2015.10.26 [Mon] 20:51


ごきげんなときはところ構わずチアリーダーのポーズをするわたし
(グリコのポーズとも言えますが気持ちはあくまでチアリーダー)


先週末、厚揚げがいつもより上手く煮えてうれしかったので
ガス台の前で(危ない -_-;)このYes!! をやりまくっていたら







なんかちょっと恥ずかしくなっちゃったよね 笑








再びのblue bottle coffee
2015.10.25 [Sun] 11:29


3月以来の再びの訪問
blue bottle coffee @ 清澄白河



3〜4時間待ちの行列だったオ−プン直後ですが
半年経った今はそこまでの混雑はないものの
それでも土曜の朝9時に席は9割埋まっていました

わたしたちも一分も待たずに入店&注文できて
窓際のいい席も確保できBくんも超ごきげん



喰い散らかした画でごめんなさい。。汚 -_-;
(ふたりして席に着く前にできたてワッフルをかじらずにはいられず笑)

彼はエスプレッソ(奥の白カップ)をさっさと飲み干して
わたしと同じシングルオリジン(手前のガラス容器)をお替わりしてました
(ぼくの少ないな〜とか言ってたけどエスプレッソはそういうもんだろ -_-;)

そうそ、注文時に初めて彼の名前を言ってみました
(今まではどこ行ってもこういうときはいつもわたしの名字)

このとき店内には欧米系のお客さんはBくんだけだったので
お店の方もわたしたちの注文だって認識しやすくてよいな、と
(だから何だってはなしですが笑)


great coffeeのおかげですっかりhappy boyになったBくんと
さんさんと秋の朝日がふりそそぐ店内で過ごす時間は
とてもpleasantでした

わたしたちも二人で小さいコーヒースタンドやったりしたら面白いかもね
こんな静かな場所で古いガレージ借りたらいいんじゃない?
とか夢物語をしたりして

そしたらBくん



あくまで現実的 笑

少しくらい夢見させてくれよ、ハニー -_-;


whatever,
夢見る中年少女と髪の薄い現実的なアメリカン
またしても素敵コーヒーで元気満タンになりました(^ー^)♪
(どういうオチなの笑)








久しぶりにイケてるコーヒーを堪能@Fuglen Tokyo
2015.10.19 [Mon] 21:26


代々木公園隣のイケてるカフェ、Fuglen Tokyoに行ってみました



載せない方がいいんじゃないかというくらいの
ヘポい写真でスミマセン…
店内が常に激混みで(土曜夕方)
人が少なくなった瞬間を狙ったものの
カメラスキルのなさを露呈するはめになった一枚↑

そしてまんまとお店の外観(素敵なんだこれが!)
を撮影し忘れるという..


場所柄と知名度でかお客さんはとっても多国籍で
日本人以外のお客にはお店の方は英語で対応されてました
(これできるお店意外と少ないです!今までわたしの目の前で
Bくんに英語で接客したのは椿山荘のラウンジだけです)

日本語ペラペラのBくんにも英語で話して下さって
そういうときは彼も躊躇なく英語を使う.. ←いいんですけどね
でも日本語使ってあげればいいのに〜、とか思ってしまう
(あ!ガイジンのふりしてる!とか思ってしまう笑)


そして肝心のコーヒーのお味
わたしが頂いたToday's Coffeeは酸味強め系でした
おいしかった!(写真はなし orz)
BくんのAeropress Coffeeはとってもフルーティーで
これまたとってもおいしかった!

またしても写真がないのですがペイストリーもほんとに美味しいです
どこかのパン屋さん(?)から仕入れているのだと思いますが
最初に頂いたなんとかベリーのパイがあまりにも美味しかったので
Bくんは2個目のパイを求め再びレジに並びに行きました
(わたしはもういらないと言っておきながらちゃっかり半分食べました笑)

ヨガに行く前だったのであんまり食べない方がいいのわかってるんだけど
美味しいものは拒めませんねー
と言いながら食いしん坊が止まらないわたしたち..
(ケーキは別腹♥免罪符みたいなのがここでも笑)

豆も買って帰ろうか〜ってなったんですが
想像以上にいいお値段だったので今回は見送りました^^;
(種類にも寄りますが一袋(200g?)二千円前後)
たしかにこれだけお店が流行るのだからそれなりの豆を使っていますよね

それに、同じ豆買えばお店の味まんまが家でも再現できるわけではありませんし
このおしゃれ空間とおいしいパイと
わざわざ電車に乗ってコーヒーを飲みに行くっていうのが
これまたいいのですよね


そうそう、お客さんもおしゃれな人が多くて
雑誌から飛び出してきたかのような
イマドキの20後半〜30前半のおしゃれ女子系ファッション(勝手に命名)の
イマドキ女子二人がわたしたちの目の前にいて

あの子達かわいい恰好してるねって言うわたしに
I like your style. とさりげなくフォロー(?)する彼
(そのときわたしヨガ行く恰好;Tシャツ、短パン&レギンス、スニーカーw)
うちのアメリカ人もたまには気の利いたことを言います笑
これも素敵コーヒーの力でしょうか?
コーヒールンバの唄のようだ笑






先輩にイラつく
2015.10.12 [Mon] 00:15


先日登場した会社の先輩Sさんとは長いお付き合いです
わたしが入社してからだから、かれこれ9年?
(内3年は退社してましたが)

年の功と言うのか否か
プライベートについても何かといろいろ言われる


こんな質問↑なんて答えればいいのか全くわからない…
ほんとは今すぐ会社辞めてシアトルに留学したいですッ!
とか言えば気が済むのでしょうか?(この状況で言えねーだろ -_-;)

仕事ではいつもお世話になっていて感謝の気持ちはありますが
この手の私生活に関する数々の質問には
それさえも吹き飛ぶようなイラつくことも多々あります

一年くらい前に
偶然街中でBくんと歩いているところを目撃されてしまってから
Bくんに関してもいろいろ聞かれて
いつ結婚するんだとか
結婚式には会社のみんなで南京玉すだれをやってあげるとか
(仮に式挙げるとしてもこれはまじでやめてほしい T_T)

いちいちイラつくのでわたしから彼の話は絶対しないのですが
先日久しぶりに二人で外出する機会があって
道中の話題は自然にBくんとわたしの話に

他にもいろいろイラついたのですが
この日の The biggest イライラ発言はこちら


ご本人はなんてことなくサラリと言ったのでしょうが..
未婚で結婚の予定もない妙齢女子にこれ言うか〜? -_-;

怒りを通り越して悟りを開きたくなりつつ

はは、そうですね^^;なんて軽く笑ってみるわたし
(組織の中で働くって辛い T_T 笑)

いい歳して独身で子どもも産めないみたいに思われてるのかな..
なんて妙に自己否定的になりつつ
というかご本人も未婚で出産経験もなしなんですけどね -_-


結婚すれば自動的に幸せな人生が待っているとは全く思いませんが
独身の中年女子でいるっていうこともそれなりに大変だなぁなんて

今日はなんか愚痴っぽくなっちゃってスミマセン









英語で上手いこと言えた時の彼の反応
2015.10.11 [Sun] 00:57





こっちのセリフだよ 笑







先輩に学ぶ
2015.10.08 [Thu] 20:09


会社の先輩 Sさん(50)




7年ほど前に10年お付き合いした方とお別れになり
(彼が他の人に一目惚れしてその人と出会って三日目にプロポーズしちゃって
一方的に別れさせられたという伝説を持つ…)

現在未婚、自ら仕事が趣味と言い放つ頼れるお姉様


せんぱい、勉強になります…。。

なんかほんとに他人事とは思えない
明日は我が身.. (;_;)





彼が言うとなぜかウケる日本語
2015.10.06 [Tue] 20:50


なぜかBye Bye Birdie(1963年アメリカ映画)について
会話をしていたときのこと


わたし:BirdieってBird?鳥?日本語だとどんな感じ?





とりさん…



なぜだかわからぬが超ワロタ 笑





いまだに英語は苦手です..
2015.10.05 [Mon] 14:39


フィリピン留学時代から My English hasn't got improved at all なのでは?
と思わせる出来事がつい最近

*わたしの英語がどれだけヘンだったかはこちら



ヨガの話をしていたときのこと
Peacockのポーズ↓を説明したかったんだけど彼がなかなかピンとこず



ほら、あれだよ、○○先生がよくやってるやつだよ!
とかヒントを出しまくっても
彼の頭上には「??」が浮かびまくっているように見え
ちょっとググってみて、と文明の利器に頼ろうとも
何故か上手く行かず…

google先生が知らないわけないと思うんだけど?
と覗き込んだパソコンのディスプレイに写る彼の打ち込んだ文字がこちら





pickle..

pickle..?!


pickle↓






pickleのポーズ..
何気にそう見えなくもないが..

pickleのわけないじゃん!と彼を責めてみたら
ぼくだってwhat the hell..?って思ったよ!と
わたしのpeacockの発音がおかしかったせいだと反撃をくらい
不覚にもしばしpeacockの発音練習大会に..


However,
pineappleがFantastic fourに聞こえていた4年前と
peacockがpickleに聞こえた今を比べると
若干ながら今の方がましかなと思います
(ピとクはあってるし笑)


それにしてもくじける..

でも負けない(´;ω;`)








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のん
  • アイコン画像 誕生日:1981年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
2015年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村