2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:160joku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
お題:003 菜の花畑 / 2005年07月03日(日)

ふうわり、色のついた風が吹いた。
ざざん、と波のような音がする。

おかあさん。そう呟くと、
ざざん、と返事が返ってくる。

小さな子供が歌う童謡の、儚い旋律を唇に乗せれば、
ざざん、と一緒に歌ってくれる。

泣いたりなんかしない。
だって、おかあさんはそこにいるもの。
私の手を、足を、そっと撫でてくれるもの。

ふうわり、色のついた風が吹いた。

ざざん。

ざざん。

寄せては返す、懐かしい胎動。
 
   
Posted at 04:59 / お題 / この記事のURL
コメント(1)
お題:002 桜吹雪 / 2005年06月27日(月)

だから、言ったのに。

逃げるなんて卑怯だ。
追うなんて惨めだ。

それなのに、次から、次から、次から。

あたり一面、薄紅にけぶる。

いっそ椿のように、花ごと落ちてしまえたら。

逃げるなんて卑怯だ。
追うなんて惨めだ。

それでも逆らえないこの春を、運命とでも言うの。
 
   
Posted at 03:49 / お題 / この記事のURL
コメント(0)
お題:001 薔薇のように / 2005年06月27日(月)

大通りから北へ向かう。
天神さんの鳥居を左に折れて、細い路地に入る。
むわっとする空気が、体を包み込んだ。
蓋をしてない側溝に、灰碧の藻が水分を失ってへばりついていた。
春も終わりだ。

アスファルトに白い輪がいくつも連なっていた。
子供遊びの後だ。
それを跨ぎ越して、土壁の側を急ぐ。
柳の木の根がアスファルトを持ち上げて、あちこちでこぼこになっているので走りにくい。
路地のそこ此処で人が立ち止まり固まって話しているので、それを縫うように進まなければならなかった。

消防団の詰め所を曲がれば、もう見えてくる。

ヨシばぁの庭だ。

「また来たのか」
呆れたような含み笑いが、ヨシばぁのくしゃくしゃの顔をいっそう皺だらけにした。
甘い香りが、あたりいっぱいに広がっている。
息が切れているせいで、その甘い香りが体中に詰め込まれた。

庭の一角に膝をついて、大きな手袋で花を検分していたヨシばぁは、こちらを向いて手招きをした。
「ごらん。花籠というんだ」
それは赤い花で、幾重にも重なった花弁は厚く、小さな花芯が見え隠れしている。
甘い香りはどうやらこの花から発生しているようだった。
「バラだよ」
慈しむようにヨシばぁはその花弁に触れた。
「あの子はね、この花が大好きだった」
もう涙は枯れて残っていない。あの日からもう7年だ。
それ以来、ヨシばぁは黙々とこの庭を整えてきた。近所ではもう誰も知らぬもののない、ヨシばぁの庭。
誰一人として踏み込んだものはいない。

「さあて、そろそろお昼にするかね」
ヨシばぁは腰をさすりながら立ち上がった。ずいぶんと、小さくなってしまったようだ。
重そうに引きずる草履の音が、母屋へと向かう。
「ああそうだ」
思い出したように振り替えると、意地悪く微笑み、人差し指を立てた。

「あんたの13回忌には、この花籠を供えてやろうかね」

こくりと頷けば、ヨシばぁは嬉しそうに笑って、それから母屋に入るまで、一度も振り返らなかった。
 
   
Posted at 02:53 / お題 / この記事のURL
コメント(0)
最初が肝心。 / 2005年06月27日(月)
初めまして。
初めまして。

管理人の、広瀬です。メスです。

とうとう作ってしまいましたよブログ!

ただもう文章が書ければ、そんでもって誰かが見てくれれば、それだけでいいんです。
そのために作ってみました。

実は。
私はすでにサイトを2つも持ってるんですね。
これ以上増やしてどうすんだっつーご指摘が聞こえそうですが、まあ待って。
私の持ってる二つのサイトが、両方とも局地的な、というかマニアックなサイトなので、こういう、「自分」を書くっていうことが出来なくなってるんですね。
片方は思いっきり顔載ってるしなあ。
そういうわけで、誰にも秘密なブログを作りました。
友達にも、家族にも、教えません。
今までの「私」を知ってる人は誰にも。

私の書く、「詩」なのか「ショートショート」なのか「小学生の作文」なのかいまいちよく分からないものが、少しでも気に入ってくださる皆様に届けばいいなと思ってます。

え?もちろんただの自己顕示欲ですって。
 
   
Posted at 02:43 / 日常の戯言 / この記事のURL
コメント(0)
160センチ上空。 / 2005年06月27日(月)
空って、
空って、
どこからなんだろう。

雲の浮かんでるところ。山の頂。成層圏。
でも、渡り鳥は空を飛ぶ。蝶々も、飛行機も、竹とんぼも。

地面から遠ざかれば、そこはもう空。

私の目線。

160センチ上空。

 
   
Posted at 01:07 / 文字の羅列 / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
アイコン画像出会い
お題:003 菜の花畑 (2008年08月16日)
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.