大切な親友 ―最終回― 

2005年12月14日(水) 18時57分
時間を過ぎ―――


そして数年後…

私は1人暮らし始めた。
亜矢の分も生きようと思う。

私の隣は誰にも居ないけど、
目を閉じると隣に亜矢が居るような気がする。
笑顔な亜矢が隣にいる、



だから私は泣かない。逃げやしはしない


強く生きる…亜矢の分も生きてやるんだから。





―――――ありがとう ずっとずっと一緒だよ…―――――

大切な親友 ―C― 

2005年12月14日(水) 18時56分
亜矢が死んでから1ヶ月後―――

亜矢からの手紙が届いた

内容は

献花ちゃんへ
 お元気にしていますか?そのごろはもう死んじゃっていると思うけど実は私ね、自殺したいと思ったの。
 だからあの時は自殺の計画です。献花ちゃん。ごめんね。
 私たちずっと一緒って言ったのにね…ごめんなさい。
 

   

  あのね、お願いがあるの


    


        ――――私の分も生きてください――――
   』


と綺麗な字で書かれていた。
私は目から涙をこぼし、ただ泣くしかなかった。

ありがとう…あなたの分も生きます。
だから見守って下さい

大切な親友 ―B― 

2005年12月14日(水) 18時56分
1週間後

亜矢の葬式をした
昨日は目を覚ましたのに…1時間後になったら死んでしまった。


私は亜矢の顔を見ると優しそうな顔に眠っていた。
嘘だったら起きて…ねぇ?
言ってもなかなか起きなかった。
私は目から涙を出た…
私のせいで亜矢は死んだ。
「ごめん…ごめんなさい」と何回も繰り返した

大切な親友 ―A― 

2005年12月14日(水) 18時51分
私と亜矢は学校帰りの時、学校から出て、信号道へ渡る時

信号が青から 赤なり、その2人は気がつき走ろうと思ったら

その時 車が来た。

私は無事に逃げれたが亜矢は1歩遅く、ぶかってしまった。


「おい!大丈夫か!」
「大変だ!誰が救急車を呼べ!」


私はただ見るしかなかった。動けなかった。


なんで、早く助けなかったんだろう…私…

大切な親友 

2005年12月14日(水) 18時41分
この少女は三神 献花(ミカミ ケンカ) 隣は山本 亜矢(ヤマモト アヤ)
この2人は1度も喧嘩なくとても仲が良い親友です。

亜矢は「ずっとこのままにいれたらいいね!」と

でも、長くにはいれなかった。


ある日、最悪な日が舞い降りてきた―――
最新コメント
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:15604890jp
読者になる
Yapme!一覧
読者になる