出産内祝いの常識

November 18 [Fri], 2011, 13:24
内祝いは、結婚や出産などお祝いの席では欠かせないお祝い返しのことです。幸せなことがあったら、それをお祝いしてくれた方々にも訪れるようにギフトを贈っていたのが始まりですが、今ではお祝いのお返し行事として内祝いが使われています。結婚式の場合は引出物がその内祝いになるのですが、出産祝いのお返しの場合はきちんと内祝いのギフトを用意してお返ししなければいけません。

出産内祝いは、もっとも多い内祝いではないでしょうか?子供が生まれることはお目出度いことですので、その分内祝いも用意しなければいけません。ただ、内祝いの金額はお祝い金の3分の1が一般的ですので、洗剤やバスタオルなど誰もが使うような日用雑貨でも構いません。ちょっとギフトとして物足りないと考えている方はカタログギフトといった方法もあります。

出産内祝いはいつまでに贈ればいいでしょうか?通常、出産内祝いはお宮参り後とされていて1ヶ月以内が一般的です。出産後ですので体調が優れないこともあります。そのため、出産前に内祝いのギフトを購入するご家庭もあるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダルだおっ
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像株式会社NEXER
» 出産内祝いの常識 (2012年07月19日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/147zaq258/index1_0.rdf