ペニスの大きさへの自信

September 07 [Sat], 2013, 10:04
男性と女性にはそれぞれを象徴するシンボルがあります。女性は胸、男性はそれがペニスなんだそうです。これらのシンボルはそれぞれの性別の価値を濃縮したものだそうで、男性が大きく、強く、たくましくなどを望むと自然とペニスも強く、大きく、たくましくを望むもの、ということらしいです。

人間として強く生きたいと思うのは当たり前のことです。肉体的、ケンカに負けるよりも勝つことを望みます。経済的にも他人より高い収入を望み、人より高い1時間あたりの給料を望みます。その感情がペニスを大きくしたいと言う欲求に深層心理で切り替わっているわけです。しかし、これは学者先生がこのむ建前です。それ以上にペニス増大によって得られるものは大きくそして具体的です。わたしがペニス増大で得たもの、それは絶対的な自信です。セックスに関する絶対的な自信です。

、もしセックスをしたならほとんどの女性を満足させれる自信を持っています。その女性に与えることのできる満足度は地元の仲間内くらいじゃ負ける気がしません。それは単純にペニスが大きいだけではなく、それ以外の点においてもそれなりの修学と実践を繰り返したからですが。とにかく、その自信に大きな割合でペニスの大きさへの自信が入っている事はたしかです。

またそのペニスのサイズによる効果も確実なものです。セックスの前に驚かれることはもちろん、肝心なセックスの後にスゴイかっただの、いつもより感じただの、初めてイッたなどといわれることはよくあります。セックスの際、これ以上にない強い味方になるのが大きなペニスなのです。これは絶対に間違いありません。