春。 

2007年04月11日(水) 22時46分
ここでは無く、こちらでお世話になることにしました♪

カプレーティとモンテッキ(2) 

2007年02月20日(火) 21時47分
歌が猛烈に上手くなりたい朋美でございます。

今日は市役所に行ってきた。
今までは収入が足りなくて出来なかった大学・大学院と借りていた
奨学金の返済を、やっと始められるので、その手続きに必要な書類を
もらいに行った。これを奨学金の所に送れば、10月から返済開始!!
なんか、自分の力で生きてる!!って感じで嬉しいな
(今頃遅いよっていうお叱りの声も飛んできそうだが・・。)

カプモンの意味調べをした。
届かない想いに身をやつれさせて、
ジュリエットは本当にかわいそう。
ロメオのいない生活なんて考えられない位、ロメオのことが大好き。
そして、ロメオも同じくらいジュリエットのことが大好き。
なんて素敵なんだ〜〜〜〜


アリアに入ってからのずっと続く、コードの刻みは、
涙を表している、と大学の時に習った。
だから、DonizettiのUna furtiva〜も同じ伴奏形だし、
あの時代のそのような内容のアリアは全部この伴奏形。
伴奏にのせた第1ヴァイオリンのメロディーも、音形も、
休符の入り方も、全部、すすり泣き・嗚咽・失望の涙・堪えきれない涙、
な感じになっていると思った。
無伴奏の部分が多いので、勝手に歌ってしまいがちだけれど、
なんのための休符なのかを考えて休むと、
不思議と素敵にメロディーが運ばれていくようなきがする。
この結論に達するまで、何年かかったことか・・・・・。
去年の今頃は、そんなこと分らずにやみくもに歌っていた。
こんなにのろい進歩で間に合うのだろうか・・・。

とにかく後悔しないように日々を過ごすのみ!!!!!

レッスンは明後日

カプレーティとモンテッキ (1) 

2007年02月17日(土) 20時42分
最近、歌うことが楽しくて嬉しい朋美でございます。
21日はあの、エディット・マティスの公開レッスンを聴講しに行くのが楽しみ〜
そして22日は、レッスン〜
ちょっと忙しいけど、頑張るのだ!!
ビンボー暇ナシ

今日は「I Capuleti ed i Montecchi」
直訳すると「カプレーティ家とモンテッキ家」
広くはキャピュレット家とモンタギュー家、として知られる。
「ロミオとジュリエット」のオペラ版で、作曲はベッリーニ。
私の知ってるロミオとジュリエットは、レオ様の出てた映画しか
知らないので、恥ずかしながらあらすじをちゃんと読んだ。

勉強しているアリアは1幕に歌われる。
ロメオが両家の和平の証しに、ジュリエットとロメオとの結婚を
提案しに行くけど、当然断られる。
ジュリエットにはすでに他に知らない婚約者がいる。
本当はロミオと一緒になりたいのに、
結婚の準備が、勝手にどんどん進められていく。
衣裳部屋で花嫁衣装を勝手に着せられて、ジュリエットは、
なす術もなくされるがままになって、運命を悲しんでいる。
そこでアリアの前奏。

時と場所は13世紀のヴェローナ。
私はものすごいお城の一室で、窓からは草原が見えて、
騎士みたいな格好の兵隊が甲冑を着て馬を馳せ、
石でできた城壁が見えて、石畳の道を、
甲冑の騎士がカツカツ歩いていて・・・
みたいなのを想像したのだけど、
観光スポットのHPを見てみると、石造りのこじんまりした、
庭っぽい感じのバルコニーで、、私が思っていたのとは違う感じ・・。


年齢は爽やか爆発のティーン
オエオエした感じで歌うのはやめよう。
初恋なのかなぁ。
なんか私の入りこめない悲しい領域・・・。

暗くなったところで今日はもうやめとこう・・。
明日は意味調べと分析。


もう、嫌になる〜〜〜。 

2007年02月06日(火) 19時41分
一次はめでたく合格したのに、二次試験は不合格。
自分のアホ加減にほんとに落ち込む・・。

真剣さが足りないのか、もう才能がないのか、
ぎゃーっ!!!!!!!!!!!!!!
悔しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

人生と生き様について考えさせられる今日この頃。



↓ こちらの写真は、以前このブログに書いた鎌倉のコンサートの
当日リハでの一コマ。




一次試験。 

2007年02月01日(木) 21時11分
今日は、朝からトラブルで始まった。
乗ろうと思った電車が、人身事故で運休。
次の電車まで45分も時間が空くよ〜〜〜〜っ!!!
と死にそうになってアワアワしていたら、
臨時列車を運行してくれることになり、
混み混み電車に乗って、やっとこさ初台へ。

新国立劇場の楽屋口で受付を済ませ、
バックステージパスをもらって中劇場の楽屋へ。
思った通り控え室は混んでいて、暑かった。
とりあえず着替えていたら、伴奏者も到着!

5人一組で行動するようになっているみたいで、
発声のための部屋に行くにも5人一緒。
試験会場の舞台袖に行くにも5人一緒だった。

発声の部屋は、1人1人が個室の楽屋を割り当てられた。
ベットのないシングルのホテルの1室って感じで、
やけに響く部屋だった。
20分間発声時間を与えられ、
一旦控え室の大部屋へ。

大きな鏡があるので、全身を映して、
おじぎの練習や、歩く練習をして、
心を落ち着かせた。

舞台袖に5人で行く前に、大部屋の前で係りの人が
点呼をするので、早めに部屋を出て、
点呼を待っていた。
もし、この点呼のときにいなかったら、容赦なく失格に
なります、と、受付で言われてたので、
他の受験生も早めに集まった。

ちなみに5人の内訳は、
テノール1人、バリトン2人、ソプラノ2人だった。

舞台袖に到着して、また、段取りの説明を受け、
順番が回ってくるのを待った。

普通は舞台の様子は、モニターで随時チェックできるのだけど、
なんとモニターは消えていて、完全にシャットアウトで、
舞台の様子を伺うことは出来なかった。

私の順番が来て、
舞台上に出たら、
審査の先生方は遥か遠くにいらして、
レアーレ先生のおかっぱ赤毛はすぐにわかったけど、
他の先生方は、男なのか女なのか、
日本人なのか、外人なのか全然わからなった。
電気スタンドつきの譜面台に書類を乗っけて審査しているのは
電気の感じでわかった。

歌は、かなり集中できて、緊張の中で冷静にいられて、
今まで歌った中ではかなり力を出しきれたと思う。
伴奏者のエネルギーも感じれて、頑張れた。

で〜も〜、結果はほんとにわからない・・。
二次も歌えたら幸せだけど・・・。

受験者は100人きっかりなので、
やっぱりちゃんと書類審査してるんだ・・と思った。
2次に進めるのは相当少ないと聞いた。
神様〜〜〜〜!!!!!!
二次で歌わせて下さい〜〜〜〜〜!!!!!

現世利益を求めるのは最悪です。
とスピリチュアルの江原氏がテレビで言ってたなぁ・・


とりあえず。 

2007年01月22日(月) 23時49分
書類審査は合格。

二年前のギスギスな全身写真だったのに・・。

次は1次試験。

オージオグラム。 

2007年01月09日(火) 23時34分
今日は仕事の後、耳鼻咽喉科に行って、提出書類の中の一つ、
オージオグラムを受けてきた。
歌い手を養成する機関だけに、やっぱり聴力検査の結果は大切みたいで、
ちゃんとした機械を使って、結果がグラフになった診断書を
提出しなきゃならないらしい・・。

ヘッドフォンをつけて色んな高さと大きさの周波の音を聞く検査と、
骨伝導による聴覚検査の2種類をした。

今回受験する研修所は、まず書類審査があるので、
こういう検査結果も審査の対象になるのかも。

先生は全く異常なしっておっしゃっていたけど、
異常なしの数値の中でも審査にひっかかる数値があったりするのかなぁ・・。

全身写真(しかも2Lサイズ!)も提出するから、ルックスで落とされる、
なんてこともあるのかなぁ;;

書類審査で落ちたらサムイ・・・。

明日は仕事の前に内科の診断書をもらいに行かなきゃ。

海。 

2007年01月03日(水) 12時21分
海に歩きに行ってきた!
残念ながら曇空で、富士山は見えず。



今年こそ
体型維持を
実行だ!


しょうもない句を詠んでみる。

チャリティコンサート@鎌倉。 

2006年12月17日(日) 21時22分
もう1回合わせましょう・・なんて言いながら、
結局合わせず、本番の日になってしまいました・・・。

とにかく持ってる力は全部出して頑張らなくちゃ〜!
と気合満点で本番に臨む。
途中、歌詞が宇宙語になったけれど、練習より上手くいった!
私は2部に出演したのだけど、
1部に出演されていたピアノの名手の先生が、
「素晴らしかった!」と褒めてくださったのが嬉しかった

「パ、パ、パ、」に出てきたチルドレンは、本番になったら、
恐ろしいほどにハイテンションで、事前に決めた振りは見事にとんでいたけど、
出てきただけで聴衆は沸いていた。

終演後はロビーでお見送りをするのだけど、
全く知らないおじさまから、素敵でした、と言われた。
なんか、気持ち悪いけど、歌が認められたみたいで嬉しかった。

このコンサートは、企画・演出されている方の家族を中心に、
皆で助け合って運営していて、セッティングも何もかも全部
知り合いでまかなっている。
つまり、コンサート作りのプロの手は一切借りていないので、
コンサートを成功に導くのは本当に大変なことだと思う。
そして見にきてくれる方は本当に温かくて、
信頼できるお客様だた思う。

鎌倉市が後援についてくれているコンサートなので、
これからもどんどん発展して欲しいな〜と思う。

合わせ(2)。 

2006年12月05日(火) 21時01分
鎌倉のコンサートの2回目の合わせ。
今日は衣装合わせと、「パ、パ、パ」で出演してくれる子供達との合わせ。

衣装は前回、演出してくださる方の構想を聞いてゲンナリしたのだけど、
実際の衣装を見ても、さらにゲンナリ・・・。
緑のタイツを買ってきてねって言われたけど、
絶対買わない!!黒いタイツで出るもん!!!と聞き流した
子供達とお揃いの緑色のフワフワのボレロがあって、
ガチャピンの緑色みたいなので、とっても泣けるアイテムなのだけど、
「主人と二人でアウトレットに行って買ってきました!」
と言われ、とっても家族思いの素敵なご主人を思い出し、
これは着なくちゃ・・と観念。

一緒に歌うパパゲーノも凄まじい衣装に身を包み、
その場に居合わせた、子供達の保護者の方々も呆気にとられる中、
練習開始!

子供達はとっても可愛くって、出てきただけで愛されるキャラなので、
あえてかっちりと振り付けはせず、本番当日に固めることにして、
すんなりと終了。

他の二重唱も1回さらりと合わせて、
ソロの曲もちょっと合わせて、
他のピアノの演奏者や、レオポルド役の方も合流して、
頭から通し稽古。

レオポルド役の方は、変なお面をつけてて、
そのお面が、演技してるとずれてきて、
絶対に目が見えないと思った。
学芸会みたいな平和なノリだった。

本番は大丈夫だろうか・・?
歌だけはやっとこう!と思った。
広告
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朋美
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月15日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
今度、京都に行くのがとっても楽しみ♪
今年の目標は、最後まで残れる女になること!!
プロフィールの写真は、彼から初めて贈られた花束です!!!!
最新コメント一覧
アイコン画像たかひろ
» 「エロディアード」のサロメについて(最終回) (2006年07月19日)
アイコン画像tomomi
» 「カルメン」のミカエラについて(4) (2006年05月28日)
アイコン画像たかひろ
» 「カルメン」のミカエラについて(4) (2006年05月25日)
アイコン画像tomomi
» 三十路。 (2006年05月21日)
アイコン画像たかひろ
» 三十路。 (2006年05月18日)
Yapme!一覧
読者になる