春の蕪村 

2011年05月14日(土) 22時36分
春の雨ものがたりゆく簑と笠(みのとかさ)

平和の祈り 

2010年06月22日(火) 17時23分

主よ
私をあなたの平和の道具にしてください
 憎しみのあるところに愛を
 争いあるところに許しを
 疑いあるところに信仰を
 絶望あるところに希望を
 闇あるところに光を
 悲しみあるところに
喜びをもたらしてください

主よ
 私が多くを求めないでいられますように
 慰められるより慰めることを
 理解されるより理解することを
 愛されるより
   愛することを求めますように

与えるからこそ与えられ
 ゆるすからこそゆるされ
 死ぬからこそ
永遠の生命によみがえるのですから
>

ミホ

「歩いて帰ろう」斉藤和義 

2010年06月20日(日) 21時59分

「歩いて帰ろう」


走る街を見下ろして

のんびり雲が泳いでく

誰にも言えないことは

どうすりゃいいの
      教えて


急ぐ人にあやつられ

右も左も同じ顔

寄り道なんかしてたら

おいてかれるよ
     すぐに


うそでごまかして
 過ごしてしまえば

頼みもしないのに
 同じような朝が来る


走る街を見下ろして

のんびり雲が泳いでく

だから歩いて帰ろう

今日は歩いて帰ろう


うそでごまかして
 過ごしてしまえば

頼みもしないのに
 同じような風が吹く


急ぐ人にあやつられ

言いたいことは胸の中

寄り道なんかしてたら

おいてかれるよ
     いつも


走る街を見下ろして

のんびり雲が泳いでく

僕は歩いて帰ろう

今日は歩いて帰ろう


●You Tube「歩いて帰ろう」
http://www.youtube.com/watch?v=Psfh-riBsE0
↓これもすごく良い♪
http://www.youtube.com/watch?v=z_W91cERBCE&feature=related

The First and Last Freedom 

2010年06月14日(月) 15時01分
ああ、がっかり…そういうことか

そりゃそうよね

考えて見れば
当たり前のことなのに

勘違いしちゃってバカみたい

わかってみれば全然なんてことない話

何を恐れていたんだか

ほんと恥ずかしい

この恥の感じはたぶん

自尊心が疵ついたってこと

実は笑われてたのかもって思うとたまらない

(それは、私が相手を笑ってたってことでもある)

いつまでもチヤホヤされたい気持ち

お金と地位があればそれが手に入るわけで、

だからみんなそれにしがみつく

彼も、彼女も、そして私も

彼女が高慢なのと同じくらい、

あるいはもっと、私は傲慢だったかもしれない

もっと自由になりたい

いろんなことから

自分の心から解き放たれたい

自分を縛るものからの、逃走

新月の願い 

2010年06月12日(土) 20時39分
占星術の人によれば
…………………

今 木星と天王星が春分点を通過中。12日にはこれに新月が重なる。
これは 588年 カトリック確立、イスラム胎動の時代以来のことで、今回の新月は非常に強力です。
…………………

それでは行きます…

「願いを叶えて下さい お月さま」



世界が安らかでありますように

家族が安らかでありますように

私が平安でありますように

自然が癒されますように

人々の憎しみが消え、争いが静まりますように

生きるもの全てが幸福に満たされますように

人道を尽くすことが天道となりますように

私の愛が真実のものになりますように

薔薇のプレゼント 

2010年06月10日(木) 17時30分
港の見える丘公園から薔薇を5種お贈りします







海の虹 

2010年04月30日(金) 12時49分
ミホ

虹虹−インドネシアの詩 

2010年04月29日(木) 21時33分
   虹虹

虹虹 とてもきれいね

赤 黄色 緑

だれがかいた 

とてもきれいね

虹 虹 虹 神様です


PELANGI PELANGI

Pelangi Pelangi Alangkah Indahmu

Merah Kuning Hijau dilangit Yang Biru

Pelukismu Agung Siapa Gerangan

Pelangi Pelangi Ciptaan Tuhan..

悲しくてやりきれない(詞/サトウハチロウ、歌/フォーククルセダーズ…だったかな) 

2010年01月10日(日) 16時17分
胸に染みる空の輝き

今日も遠く眺め涙を流す

悲しくて悲しくて

とてもやりきれない

このやるせないモヤモヤを

誰かに告げようか




深い森の緑に抱かれ

今日も風の歌にしみじみ嘆く

悲しくて悲しくて

とてもやりきれない

この燃えたぎる苦しさは

明日も続くのか




白い雲は流れ流れて

今日も夢は破れ

わびしく揺れる

悲しくて悲しくて

とてもやりきれない

この果てしない虚しさに

救いはあるだろうか

正岡子規の短歌三首(友達から贈られた歌+写真です) 

2010年01月09日(土) 22時49分
瓶(かめ)にさす藤の花ぶさみじかければ たたみの上にとどかざりけり



瓶にさす藤の花ぶさ一ふさは かさねし書(ふみ)の上に垂れたり



瓶にさす藤の花ぶさ花垂れて病の床に春暮れんとす




*子規は結核に倒れた歌人
■プロフィール■
■名前:竹田鏡一■
■趣味:旅と修行と料理
■仕事:原稿描き・介護 
■家族:ラベンダーミント&みょうが
■望み:早く真人(本当の人間)になりたい
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像test
» 平和の祈り (2010年07月06日)
アイコン画像kamakura
» 平和の祈り (2010年07月06日)
アイコン画像適当でおkwwwww
» ふらここ(ブランコ)の詩 (2009年11月22日)
アイコン画像あちゃ!おちゃ!うりゃ!
» ふらここ(ブランコ)の詩 (2009年11月17日)
アイコン画像出会い
» 「別れの唄(長いお別れ)」 アロクロール (2008年08月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:13sistermoon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる