外科 

February 26 [Mon], 2007, 18:03
外科系の試験中でした。
次は小児外科だよ〜


「肛門」といえば「性交」を連想するのはヒトとして間違ってますが
外科の勉強してて、
『直腸脱』
の写真を見たんです。

直腸脱てのは、排便のときに、腸が粘膜下筋層ごと
びろーんって翻転して出てきちゃう状態なんですが。

その写真ではアニャルから10cmぐらい直腸が出てて、
ここに至るまでにこのヒトに一体何が!?
といろんな妄想をしてしまいました。
我に返ったときに、自分は肛門科にはいかないほうが無難だろうなと思いました。。。
患者さんごめんなさいね。


ま、でも、写真の説明に
「習慣的に異物挿入を続け〜」
みたいなこと書いてあったからあたらずも遠からずだったみたいなんだけどね☆


直腸脱で萌えるBLは書けないかな〜
・・・うん、大半の人は気持ち悪いかなυ

研修医と大学病院 

December 10 [Sun], 2006, 19:13
あいかわらずテスト中ですが息抜きに。
研修医と大学病院について。

『大学病院=エリート』
『大学病院=病気が治る』


っていう世間の誤解について。
「誤解?!」と驚いたあなた、そう、上の括弧は真実の真逆なんです。


『大学病院=エリート』の誤解
研修医で大学病院を選択する人は不出来な学生というのは前にも書いたとおりですが。
たまに将来の入局を見据えてあえて大学病院で研修する人もいます。でもそれはあえてです。
大多数は成績不良で外病院への就職が全滅した人かロンダ(三流大学出身者がその出身大学を隠すために有名大学の大学院に進学すること)です。
特に不出来なのは研修2年目も大学、そういうのを「門外不出の医者」と言い、大学の伝統。
大学病院はこういう若先生たちと『有名』医師でなりたっています。
外来はポスト持ちの大先生方なので素晴らしいですが、入院となると地雷を踏む可能性があります。


『大学病院=病気が治る』という誤解
よくちょっとしたことで「何かあっても安心だから」という理由で大学病院を受診されるかたがいますが
それは愚行です
近医の紹介状も持たずに難病でもなんでもなく大学病院に来て「待ち時間が長いヽ(`Д´)ノ」
と怒っているのは
DQNです
スタッフ間ではそういう患者を「民度が低い」と呼び、「あの病院は地域の民度が低いからイヤだ」というように使われます。
なぜそこまで言われるのかというと、
「大学病院は治らない病気を見ることが役目」
なのです。もう治療法が確立した病気は一般家庭医に見てもらい、
一般家庭医がお手上げになった症例は紹介状を出して、お手上げ度や立地から総合病院や大学病院なりで診察。
っていうのが正しい患者の流れなんです。
途中をすっとばして風邪で大学病院にいったりしたら、ものすごく白い目で見られる上に対応もひどいと思いますよ。
まぁつまり、「原因不明・治らない病気」を治療することを使命とする大学病院では、
やはり「患者は治らないことが多い」です。
しかしそういう稀なケースを集中的に見る医師がいることで、治療法を考え付き、
多くの人の役に立つんですね。


内科の試験 

November 30 [Thu], 2006, 23:32
じつは、内科の試験まであと一週間なんです。
テスト前になると、学生やめたくなります(ワラ

さすがに内科は量が膨大なので、
ここ一ヶ月勉強しても勉強しても勉強しても終わりません。
頭よくなりたい。



今日もあいかわらず息抜きに趣味のBLサイト様めぐりをしていました。
今日は「医学生・医者」をテーマにめぐっていたのですが、
何度か『『違うよーっ』』て叫びたくなりました。

×医学部は4年制 → ○ 6年制です
×教養教育が終わったら内科志望、外科志望などによって授業を選択する
           → ○ 志望に関係なく全ての科の授業が必須です。
              学年100人いたら、100人とも朝から晩まで一緒。
              小学校の授業のようなものです。
×学生のうちに内科、外科などの科選択をする
           → ○ 研修医として実際に働き出して、2年以内決定します。
              学校に内科コース、外科コースなどはありません。
×内科医になる人は、内科の医師国家試験を受けるだけでよい
           → ○ 外科眼科精神科etcetc、全12科目が必須です。 
×学生でも診察や治療をする
           → ○ 医師国家資格を持っていないので診察は医師法違反です。
              せいぜい健康診断の手伝いバイトや、
              実習で指導教官について練習させていただくぐらいです。
×研修で大学病院に残った学生はエリート
           → ○ 外病院に就職できなかった
              オチこぼれ学生を、大学がやむなく受け入れてるのが実情です。
              外聞が悪いので研修先に大学病院を希望する学生は少なく、
              いつも定員われをしています。 
              研修後大学で研究しに帰ってきた先生ならエリートだと思います。



別に間違ってるサイトさんがいられても、BL自体そもそも空想なんで訂正する気なんてまったくありませんが。
いかにリアルか、現実的に正しいかということよりも、読んでどれだけおもしろいかとか感動するかってことのほうが大事ですしね。





ちなみに、上の医学部の教育課程からわかることは、

●極端な話、大学病院でずっと精神科として20年働いていた医者が、
 家業を継いだり開業するときに、突然外科をはじめても問題ない。

●あなたの近所の内科の若い先生は、脳外科・泌尿器科・耳鼻科などすべての科の知識をもっているし、過去には研修過程で精神病院にいたこともあれば、外科で簡単な手術の手伝いをしたこともある。

イラスト 

November 25 [Sat], 2006, 22:43
今日も、尊敬サイト様方をめぐり、
なんでみなさんこんなに絵がうまいんやろー
と画面見ながらため息。

サイトはもう一度やり直そうときめたものの、
絵で食べていく夢をあきらめてから八つ当たりのように描くのをやめたブランクもあり、もともとの才能の程度もあり、
自分の絵のヒドさに眩暈がします。
そのくせ、自分よりもちょっとうまいぐらい(←実際は雲泥の差)のサイト様の絵を見て
「これぐらいなら私もがんばったら描けそう(←もちろん実際は到底かけない)」
なんていい気になってるんだから自分に嫌気がさします。


作りこんだ絵よりも、ささっと描いたように見えるセンスのいい絵をめざして、
精進あるのみ・・・

逆光 

November 25 [Sat], 2006, 4:47
サイトをもう一度やらせていただくことになりました。
ほかに仕事も抱えている状態での、趣味の更新なので
自分でもどれぐらいできるのかわかりませんが、
楽しくやっていきたいと思ってます。


漫画とか描いてみたいなぁ。
あとはイラストをぽつぽつと。



オタクな友達が一人もいない上にオリジナルでの出発ということで、
どうにもこうにも孤独なんですが、
よかったら優しくしてください。
お絵かき友達募集中です笑





半年前にキャバ嬢もやめて、学生の本分に励む日々を送っていたのですが、
飽きたので再び趣味に走ってみました。
今度はあせらずのんびり楽しみたいです

復活2 

June 27 [Mon], 2005, 1:42
ひろあきです。
更新滞ってて申し訳ないです。
私自身もずっと気になってるんですが。。。

現在テスト中で、余裕がないのでテスト後、7月後半にはエロ絵を何点かUPします★
下書きだけは溜まっていくんです…(−−;)


さいきん、何かのネタにしようとキャバ嬢の面接を受けてみました。
キャバ嬢って言うのは、バーとかでおじさんと一緒にお酒を飲むキレイなお姉さんのことです。
(決してエロい仕事ではないです、念のため)
面白半分で受けたんですが何だか受かってしまいました。
時給4500円、自由出勤制です。
暇なときに勝手にお店に行っちゃえばOKなのね。

働く気はあんまなかったんですが(あくまで小説とかのネタ作りのためだった)
自給いいしお店の雰囲気がとても良かったので一度ぐらいバイトしに行ってみようかなって思ってます。
もし行ったらどんなとこだったかまた書きますね

いい加減こういう体当たり人生やってていいような年じゃないですよね…(多少反省)

標本作成 

March 08 [Tue], 2005, 23:58
今日は小さなボランティアをしてきました。
標本作成ボランティア。
ホルマリン標本は、置いておくと標本が傷んで脱色されてしまうので、うちの大学では何年かに一度作り直すらしいです。
それで今年は結構な数の標本を作り直すとかで、学生ボランティアを募集していたんです。
解剖のテストも無事に終わり暇をもてあましていた私は、友達と参加することにして、久しぶりに解剖学実習室に入室しました。
実習室特有のアブない匂いも今となっては懐かしいです。
「先生お久しぶりです〜」
「おぉーみんな試験はどうだった?」

そんなやりとりを経た後、ボランティアの私には首が二つ与えられました。
今日の私のお仕事はノコギリとノミと木槌をつかって首二つから脳を取り出して、一つは脳刀で矢状面で切って、もう一つはメスで削って脳幹部だけを残すというものでした。
いや、覚悟はしていたんですが、やっぱり久しぶりの解剖はいろいろと辛かったです。とくに、いきなり首渡されるとは思ってなかったですよ…できるだけ顔見ないようにして作業するんですが、ノコギリを使ってると首がころころ動くんで、一緒に参加した友達と交代で頭部を手でがっちりと固定しました。両手で頭部を押さえると、人体の構造上ご遺体のご尊顔と間近で見つめあうことになるわけで、髪の毛が絡んだ手と合わせて二人でグロッキーです。
今日もたくさんの勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。
ごめんなさい…(気分的に)

テスト終了!医学頁復活させます! 

March 03 [Thu], 2005, 20:30
やっと!テストが終わりました。  
ということで、リクエストも受けたので医学頁やっぱり復活しま〜す。
反響くださったかたがた、ありがとうございました。


頭おかしいぐらいのテスト範囲だったのですが何とか消化し合格しました。
右のとんでもない写真を見てください…。これが全部テスト範囲なんですよ。
左の本の山は教科書、右は授業プリント。
これ全部です。頁の指定なんてありません。丸ごと全部です。
ほんと死ぬかと思いました。
テストは第一解剖学と第二解剖学の二回に分けて受けましたが、同級生がちゃくちゃくと不合格になり、「追試が終わるまで勉強したいだなんて、みんなお勉強好きね〜〜」とちょっぴり思いました。
ちなみに左の教科書はみだりに開くと、解剖されてる人体とか無脳児とか一つ目の赤ちゃんとか胞状奇胎とかとか、危険な写真がいっぱいでてきます。

実はもうすぐサイト一周年。何しようかな〜

医学頁復活? 

February 22 [Tue], 2005, 16:18

ところで、一度は趣味が悪いからやめた医学の部屋を、復活させようかな?と思案中です。
今度は、人権とか著作権とか怖いし絵の練習がてらに骨格とか筋とかを医学用人体図説を参考にし、アーティスティックに(嘘)展示していく、みんなのWEB筋標本みたいなものをつくろうかなって。画策してみたのです。
で、多分こんなかんじっていう見本を作ってみたら予想外に興が乗ったのでついでにサイトのTOP絵にしてしまいました。

やっぱ、WEBで「あきらかにそれ違うやろ」っていう人体に出会うことってあるし、それって見てるほうも微妙だし、描かれてる方も「資料さえあれば…!!」ていうのがあると思うんですよ。いや、思わない方は別に見なければいい話なのでさくっと無視して。
で、実際問題、そんなのあったら見てぇって言う人、存在アピールしてください。
もしいたら作りマス。
メールなりWEB拍手なり、この日記へのレスなり、適当に。
よろしくおねがいしまつ。


ところで現在解剖試験中です。はい。
いま頭の中は、脳神経やら内分泌やらでいっぱいです。デスメ膜。
解剖の勉強していて悲しくなるのは、
せっそうのない人名の多さ。
いやね、昔の偉い解剖学者が一人でたくさんのものを見つけたのは分かるよ。
でもね、さすがに、プルキンエ細胞は小脳にあって、プルキンエ線維は心臓にあって、ボウマン嚢は腎臓にあって、ボウマン膜は角膜にあって、ボウマン腺は鼻にあるんじゃぁ、
あんたいったい、だれなんだ(素)
とつっこみたくなります。

来週から冬休みなのです 

December 17 [Fri], 2004, 5:38
本日は体幹と頭部との離断を行いました。ありていにいえば、首を切りました。
なんとなく、首をごりごりノコギリか何かで切るんだと思い込んでいたのですが後頭骨と環椎(首の骨)との間の靭帯や気管や、神経やその他いろいろを丁寧に探って切断し、頭部に喉の諸構造がついた状態で離断しました。
実習後には解剖台周りの大掃除をして、床に落ちてるご遺体を拾い集めてアイデンティティを守ろうとしてみたのですが、ふと戸惑いました。以前に不器用な班員が床にぶちまけたご遺体のウ○チは、一体どうしたら?
ご遺体入れのポリバケツには、そのご遺体以外のものを混入してはいけないのです。たとえば、使用後のゴム手袋やメスの刃、別のご遺体を入れてはいけない。
ちょっと迷ったので先生に聞いてみた。
私:「先生、ウ○チはどうしたらいいですか?」
先生:「流しで洗いなさい」

ご遺体のウ○チは排水溝へと流れていきました。
ところでご遺体のアイデンティティの話ですが、ある班が間違って別の班のバケツに脚を一本入れてしまったことがあり、どの脚が誰のものなのか、混じらせたのは脚だけなのか、バケツ全部ひっくり返しての大騒ぎになりました。献体した挙句、誰か知らない他人と一緒に埋葬されたんじゃ、浮かばれませんよね〜〜(−−:)

今日の帰りは早くて、夜8時には繁華街に出ることができ、そのままロフトに寄りました。で、来年の手帳を買いました。
そして帰りの電車で一息ついていると、なんだか周囲が生臭い。
そうです、私の解剖袋(解剖で着ていた白衣とかジャージが入っている)がものすごく臭っているんです!そりゃあいつだって臭かったけど、今日はいつもの比ではありません! というのも、今日から気圧配置が西高東低の冬型になり、ぐっと冷え込んだため、車内の暖房が強くなったのですね。そして私の解剖袋はもろに足元のヒーターの前に置いてあったのですね。
くっ、臭い!生臭い!
とりあえず車両を変えて、紙袋をヒーターに当たらないように置きました。
臭い車両に乗り合わせてしまった方々、ごめんなさいでした。
P R
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる