ちいさなことば集 

2004年10月23日(土) 0時06分
りとろぐ(旧ゴザンス)にブログサイトを変更します。
りとろぐは、物書きさんのブログサイト、とても楽しいですよ
プロジェクト名は、子供雑学、その中の読み物
ちいさなことば集2004
で、こどもも大人もたのしめる詩を書いていきます。

これからも、よろしくお願いします。

しあわせさん 

2004年09月13日(月) 10時19分


玄関を開けると
しあわせさんが 立っていた

どうぞ どうぞ 上がってください
なにもありませんけど

しあわせさんは はじめまして と言って
くつを脱ぐ

ここいらは しずかですね
しあわせさんは お茶をのみながら
そんなこと つぶやく

それから だまってすわっている
もう空気のようになって
しあわせさんが いることなんて
忘れてしまうくらい 長い長い時間

もう帰りますよ
しあわせさんは 言って立ち上がる

なんのおかまいも しませんで

いえいえ しずかが 一番ですよ

しあわせさんは 消えるような声で
しずかに しずかに戸を閉めた




おばけのおくさんのホットケーキ 

2004年08月18日(水) 16時15分


おばけのおくさん パンケーキ作りの名人
その パンケーキは ふわふわに やわらかくて
宙にうくくらいおいしくて ほんとうに宙に ういている

おばけのおくさんは 人間にもパンケーキを
食べてもらおうと パンケーキ屋さんを始めた

だけど そのパンケーキ<は おばけと同じ透明で
誰にも見えない さわれない
せっかくみんなにおいしいパンケーキを
食べてもらおうと思ったのに

そこで おばけのおくさんは 考えた
夏祭りの夜店にお店を出して売ることにしよう
夜の色はおばけの国の色と同じ色
パンケーキも見える

おばけのおくさんは 夜店のテントづくり
おばけ看板たてて 宙に浮くパンケーキは ひもでくくって

パンケーキは とてもおいしくて
食べた人は みんな宙にういてしまった

パンケーキ屋さんは 大にぎわい
だけど ひとつの問題が
それは 次の朝になると パンケーキが
見えなくなってしまうこと

今日もどこかの夏祭り
おばけのおくさんの売る声が
「*−△◆*」って聞こえるはず

決めたんだ! 

2004年08月12日(木) 13時52分
こ 後悔しそうなこと
こ こんなにあるけど
か 考えても
ら 楽にはならないよ
ふ ふっきれるかなぁ
り 理解してくれるかなぁ
だ だけど思ったんだ
し したいことしたらいい
に 二度とできないこと
も もう決めたんだ
ど どうにか頑張る
れ 連絡するよきっと!なんだ!できたって!

ばったのかくれんぼ 

2004年08月11日(水) 17時06分
ばったさん
はらっぱで かくれんぼ
はっぱと おなじ ふくをきて
みつからない つかまらない

もういいかい
もういいよ 
かくれじょうずだ ばったさん

みつかったと てをのばし
そろりそろりと てをのばす

とんがりあたまの ばったさん
ぴょーんと どこかへ とんでった

もう みえない くさのなか
みどりみどりの くさのなか
もういいよ のこえが する

小さな詩について 

2004年08月01日(日) 2時38分
みなさん、こどものための詩って知っていますか。

桜元来は無名ですが、こどものための詩を
書いているんですよ。
いつか本にしたいと思っています。

ゆめと言えば、こども達がわくわくしたり
ふーんと思ったり、くすっと笑ったりするような
詩を書いていきたいです。

では、今日の詩です。

「ゆめ」

両手を上げた まねき猫
机に ちょこんと 座ってる
わたしの お願い きいてよね

ゆめ ゆめ ゆめのかけらでも
みつけてください まねき猫

いちたすいちの 答えのなかに
かくしたおまじない みつかるか





雲の行進 

2004年07月22日(木) 17時17分
暑い 暑い空
緑色の阿蘇の山に
野原の牛に
大きな杉の木に
雲のかげ ゆっくり 動く
ちび雲ちゃんの行進だ

おばあちゃんが言う
「雲の赤ちゃんは 風に押されて
行進しているんだよ。
でも、空の上の方にいる 
雲のお父さん、お母さんは 動かないで
たくさんの ちび雲ちゃんのことを
じっと 見ているんだよ。

「そうか」と ぼくは 高い空を 見上げる
雲のお父さん、お母さんが 高い高い空に見える

「見えたよ おばあちゃん」
そう言って おばあちゃんを 見ると
いつのまにか おばあちゃんは 眠っていて
おばあちゃんの寝息までも 風が どこかへ
連れて行った

ぼくの髪も洋服も おばあちゃんの髪も洋服も
風に押されて どこかへ 連れて行かれそうだ

いつか ぼくも夢のなかにいる
風に押されて くるくる動く
影絵の中で ちび雲ちゃんと一緒に 
どこへ 行くのだろう
お父さん、お母さんは 遠くで
見ていてくれるだろうか 


************************
ゴザンスライターページです↓
こちらのタイトルは、「いちにさんぽ」
不定期更新してます。
読書登録したらメールにて
小さな詩があなたのもとに届きます。

こどもな心を大切に思っている人に
小さな詩がとどきますように、、
桜元、応援してください(ぺこっ)

読書登録はこちらから
http://writer.gozans.com/writer/2163/

ことばあそび(これだけはやめられない) 

2004年07月10日(土) 12時38分
こ・・こどもが10人 
れ・・列 つくり
だ・・だれがだれだか ひとまとめ
け・・けっきょく どこに 行くのやら
は・・はなから 行先わからない
や・・やがて 着いたは ジャングルで
め・・めらめら 燃える 太陽と
ら・・ライオンどもの いるところ
れ・・列は みだれて ちりぢりに
な・・何十もの夜が過ぎ、何十もの朝も過ぎ
い・・岩かげ、木かげ、草のかげ 1から10のこどもたち

ことばあそび(うみびらきをまちかねて) 

2004年07月09日(金) 14時01分
う........うんと 遠くへ いきたいな
み......みんなの知らない 外国がいい
び......びーる 一缶と
ら......らむね 一本 持ってね
き......きっと あるはずの その場所
を......を 探して
ま.....まーかーを 用意
ち.....地図を 広げて
か.....かつてないほどの 行動力
ね.....ねっ、みつかった みつからない
て.....天国のような その場所が

みつごのあかちゃん 

2004年07月08日(木) 14時31分
みっつのたまご みちばたに
ひとつめ われて でてきた あかちゃん
ふたつめ われて でてきて あかちゃん
みっつめ われて でてきて あかちゃん
われて でてきた みつごの あかちゃん

みつごの あかちゃん てくてく あるく
ほどうも しゃどうも おかまいなしに

みつごの あかちゃん おおごえで なく
だれが とめようが おかまいなしに

みつごの あかちゃん うた うたう
それは きれいな うたごえで
みちゆく ひとびと ふりかえる

みつごの あかちゃん すやすや ねむる
あさひが のぼろうと おかまいなしに

みつごの あかちゃん なまえは ない
だれかに よばれることも ない
だけど みんな しっている
なまえの ないこと おかまいなしに
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像キョウコ
» 小さな詩 こころのいろ (2004年07月07日)
MyblogList
MyClip
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:123po
読者になる
Yapme!一覧
読者になる