超音波計測機

March 10 [Sun], 2013, 0:49
lgAが沈着するのかは解明されていませんが、慢性扁桃炎などの上気道感染との関係が疑われています。扁桃を摘出するとタンパク尿が消失する例があるからです。ステロイド投与などの治療で改善することも 持続的な顕微鏡的血尿と、タンパク尿、肉眼的血尿発作などの症状や血清lgAが315昭/・以上の存在は、lgA腎症を強く疑う根拠になりますが、確定診断は腎生検(56ぺ・‐‐ジ参照)によってなされます。治療は、抗血小板薬の投与、副腎皮質ステロイド薬の投与、扁桃摘出術十副腎皮質ステロイド薬の投与、高血圧を伴う例にはACE阻害薬やARBの投与などです。
進行が速いので年期の発見と治療が重要1目にlg以上の尿タンバウが出ている場合、腎機能低下や収縮期高血圧が認められる場合には、腎機能障害が進むスピードが速いと考えられています。したがって、このような例では、早期に積極的な治療を開始し、注意深く経過を見守ることがたいせつです。治療により腎機能障害の進行を抑制できることもあります。

こちらに、超音波計測機に関するせつめいがあるので、参考にしてほしい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももちゃん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/122momo/index1_0.rdf