✿いきなりBL書きまする(`・ω・´)✿

August 05 [Thu], 2010, 20:30
はろぉ〜( ´艸`) 李那といいます(●・ω・●) BL等々書きます!
苦手な方ゎUターンにてお家へ帰ろうね♪
(BLといってもボカロしか書きません☆)


さぁ!みたい方は↓↓へスクロール!!


✿BL☆レン×カイト✿

✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ

レン「ん....」

何か生温かいものが動いた。レンは目を覚ましたようだ。

カイト「あれ?レン起きたの?」

レン「うわぁあぁぁああぁぁあぁあぁあぁあぁぁあぁあぁ!!‼」

レンは思わず叫んだ。そして、カイトから逃げるように離れた。

カイト「....」

レン「っあ...ごめん...」

レンは少しずつカイトに近づいた。

カイト「....ハァ、昨日のこと....やっぱり覚えてないんだね」

レン「...?」

レンは不思議そうにカイトを見つめた。

カイト「....自分の体、見てみなよ」

レン「え......?」

カイトにそう言われ、レンは自分の体を見た。

レン「....っ、なんじゃこりゃ!!」

カイト「...なんじゃこりゃ!!って、昨日レンからしたいって言ってきたんじゃん....」

レン「んなっ!?////んなこと言ってねぇ...よ!?」

カイトはレンの耳朶に唇を押しつけた。そして、少しずつ舐め始めた。

レン「ふぁっ...やめぇっ...俺んっ....そこ弱いって...あんっ...知ってんだろ...っ////////」

カイト「...んなこととっくに知ってる....」

カイトは耳朶を甘噛みしてから、首筋へと移った。

レン「あっ....やめろぉ../////」

✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿




はい、ここまでです。自主規制しなくちゃいけないところがたくさんありましたね...

ま、それは気にすんな♪((ぇ

ということです、でゎ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:李那
読者になる
こちらのブログはBL・百合等をあつかっています。
苦手な方はUターンして、お家へ帰りましょう( ´艸`)
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/1222-rinann/index1_0.rdf